ヴォージュ広場とシュリー館の歴史!周辺のカフェもまとめてご紹介

ヴォージュ広場は、パリの3区と4区をまたがるマレ地区にある歴史的建造物の広場です。

マレ地区は現在アーティティックな場所としてパリの観光名所になっていますが、作家のアンドレ・マルローが文化相として地区整理をするまでは、今のようなおしゃれば場所ではなかったのです。

そこのジャック・ラング文化相が更にマレ地区の改築にのりだし、現在は、とても文化的な地区になりました。

実際にボージュ広場には、著名人も住んでおり、ヴィクトル・ユーゴの館もあります。

文化的な要素が強い場所だからか、3つ星のレストランもあります。

また、ヴォージュ広場からすぐ隣には、スリー館も隣接しています。

この記事では、そんな広場のご紹介と、その周辺の建物やカフェをご紹介します。

スポンサーリンク

ボージュ広場の歴史

1800年まで王宮広場であったところ、ルイ・メテゾー(Louis Métezeau)により設計され、公共の広場となった、パリで一番古い広場です。その次に古い広場として1区に、ドフィン広場がります。

ヴォージュ広場は、元々17世紀に、宮廷が広場の建物の高さを統一をし、中の王と王妃の建物は少し高めに設計されたのですが、その建設は1605年に始まり、1612年に完成となりました。

ルイ8世とアンヌ・ドトリッシュの婚約のおりに、初めてお披露目となり、今に至りますが、1954年から歴史建造物に指定されました。

広場は正方形で、縦横がそれぞれ140メートルで、 赤と白のレンガでできた2階建ての建物で囲まれています。歴史建造物であると当時に、著名人の住居となっています。

1960年以来、建物は保存地区に入っており、国の許可がない限り改築はできません。

広場の中には、4つの噴水があり、ル・スクエア・ルイ8世(Le square Louis-XIII)があり、その広さは、約 12000平米です。四方には木があり、角にはそれぞれカナルサンマルタン運河を通る、ウルク運河から引いて、4か所の噴水の水を供給しています。

赤と白のレンガでできている建物に下(1階)は、回廊になっており、カフェやアートな空間になっています。

1辺はゆっくり歩いても、3分くらいの距離です、3辺の回廊にはカフェがあります。

カフェをいくつかご紹介します。

ヴォージュ広場のカフェ

ヴォジュ広場にある、フラン・ブルジョワ通り(la rue des Francs-Bourgeois)と交わる回廊にある、マ・ブルゴーニュというカフェ・レストランをご紹介します。

料理は、フランスの伝統料理を多く出しています。

メニューも古めかしく作ってある感じがします。

感動するのは、ウエーターさんがプロと感じて、手際よく運んでくれました。

前菜は、ニシンのマリネ。

メインに、リオンのソーセージを注文しました。

こちらのレストランは観光客も多いのですが、地元のお客さんも多い感じで、隣に座っていた夫妻は、頻繁に来ている雰囲気で、今はやりではない、伝統的なものが食べたいという方にはオススメのカフェです。

最後にコーヒーを注文しました。

マ・ブルゴーニュ

レストラン名 Ma Bourgogne
住所 19, PL des Vosges, 75004 Paris ·
電話 01 42 78 44 64
営業時間08:00 – 01:00

このマ・ブルゴーニュの他にも、回廊を歩いていると、沢山カフェが見えてきます。

このカフェ・ユーゴだけは、回廊の外にあります。

カフェをドレにしようかと回廊を回っていると、アートな空間のブティックも見えてきます。

あた、ヴィクトル・ユーゴ館も回廊に中に入っている美術館です。

ヴィクトル・ユーゴの館

「レ・ミゼラブル」の著者として知られる、ヴィクトル・ユーゴーは、フランス・ロマン主義の詩人で、小説家です。

名前は正式に、ヴィクトル・マリー・ユーゴー( Victor-Marie Hugo)で、このヴォージュ広場に、1832年~1848年までの16年間住んでいました。

今は美術館として一般公開されています、この館は、ヴォージュ広場の角にあり、スリー館がすぐ横です。

ユーゴー館の面積は280 m2で、無料で入場できます。

館内には、ヴィクトル・ユーゴーの父、母、妻、また愛人、4人の子供の肖像画がかかっています。

居間が中国美術ですが、入り口すぐに階段があり、ユゴーが住んでいた二階が展示室になっています。

エントランスとして使われていたサロンがあり、展示室は合計6室あります。

展示物には、ユゴー自作の家具や彼の描いたデッサン、ファルギエール作のユゴーの彫像、ドラクロワが描いたユゴーの肖像画などが展示されています。

ヴィクトル・ユーゴーの父、母、妻、また愛人、4人の子供の肖像画がかかっています。

特に愛人だったジュリエット・ドゥルーエの為に用意した中国風のサロンがあります。

こちらの美術館は入場無料ですが、オーディオガイドのレンタルは5€かかります。

日本語のガイドもあります。

Maison de Victor Hugo
6 place des Vosges
75004 Paris
Tél. : 01 42 72 10 16

ただ、現在はこちらの美術館は2020年の3月まで、改装工事の為、閉鎖されています。

スリー館(ホテルすSully)

スリー館(L’hôtel de Sully)はホテル・パルティクリエといって、パリ市内にある小さめのお城の一つです。

マレ地区にはこの手のホテル・パルティクリエが多いですが、ピカソ美術館もホテル・パルティクリエです。

スリー館は、大体1610年~1661年までのルイ8世の様式を踏襲した館で、現在はフランスの歴史建造物の総合センターになっています。

郊外では「城」と言われているのが、パリ市内にある城は小さめでホテル・パルティクリエと言われています。

17世紀の建てられた約半分のホテル・パルティクリエはマレ地区に集中しています。

このスリー館は、税収官のために1624年~1630年に建設され、ジャン・アンドレ・セルソーという建築家のものとなりました。

その後マレ地区は、貴族の建物が建つようになったのです。

1634年にスリー館は、アンリ4世の助言係をしていた、マキシマム・デゥ・ベテトゥヌという公爵が買い取りました。

この公爵は、このスリー館に頻繁に住んでいた訳ではないのですが、スリーという名が残ったのです。

その後、フランス政府が1944年に美術館とするために買い取り、1994年からは、文科省所属の写真家の為の展示会を行っています。

ルーブル美術館のオランジュリー美術館のとなりにあるジュ・ドゥ・ポムと連携して写真の展示を行っています。

スリー館へは、ヴォージュ広場からも行けるのですが、サン・アントワーヌ通りの正面から入ると特に綺麗です。

中庭になっています。

ライオンが2匹、狛犬のように向かいあっています。

中に入り廊下を抜けると、大きな中庭が広がっています。

この中庭から、ヴォージュ広場へ抜けるられます。

ヴォージュ広場へは、オレンジ色のドアから入って行けます(^^♪

ホテル・ドゥ・スリー

HÔTEL DE SULLY
62 rue Saint-Antoine
75186 Cedex 04 Paris
Tél. : 33 / (0)1 44 61 20 00
 

その他に、マレ地区にあるレストランをご紹介します。

マレ周辺のおすすめレストラン

徒歩でヴォージュ広場まで10分のところにある、昔ながらのカフェ・レストランです。

料理はクラシックなものを出しています。

逆に今は、定番料理を食べられるレストランが貴重ですので、おすすめ度が高いです。

この日は、ブフ・ブルギニョンを注文しました。

ウエーターさんも感じがいいですし、料理も

  • スリー・ダニョー
  • リオンのソーセージ

など、定番料理をやっています。

落ち着いた雰囲気です。

ラ・タルティヌ

名前 : La Tartine
住所 : 24 Rue de Rivoli 75004 Paris France

営業時間 : 8時〜0時 (日曜日 10時〜23時)
電話番号 : 01 42 72 76 85
最寄地下鉄駅 :  1号線 Saint-Paul

値段、メイン料理が15ユーロ~、グラスワイン5ユーロ~。

サイト   : https://latartineparis.fr/fr

スポンサーリンク

まとめ

いかかでしょうか。

マレの中心のヴォージュ広場とスリー館についてまとめました。

どちらも、歴史建造物にしていされている、パリを代表する建物です。

当時の貴族の住まいであっただけあり、住居として使われていた、小さなお城です。

このタイプの建物は、このマレ地区に集中して残っています。

作家マルローが着手するまで、ネズミが走っているような、貧困も目立つ場所であったとはいまでは信じれません。

ピカソ美術館も遠くない場所にありますし、マレ地区一帯をゆっくりと散策するパリ見物の一つになれば幸いです。

パブロ・ピカソの膨大な作品が展示されている、ピカソ美術館があるのはパリのマレ地区です。 ピカソ美術館の近所にはポンピドゥーセンターやカ...