フランス革命記念日の観光おすすめコースはこれ!見所を徹底ご紹介!

スポンサーリンク

7月14日の革命記念日をパリ祭とも言っていますが、フランス語では〚キャトーズ・ジュイエ〛と言われる祝日です。

この日はパリのシャンゼリゼ通りで朝から式典とともに、パレードが繰り広げるられ、夜にはエッフェル塔の下でクラシックコンサートと花火の打ち上げがあります。

パレードは朝に始まりますが、一部地下鉄の駅は封鎖れていますので、閉鎖の時間帯や駅について記載していますので、行く前にチェックしてからお出かけ下さい。

それでは当日のパレードの見どころや、高い建物で航空ショーが見える場所、また交通機関の状況や美術館、また花火の見れる場所などをご紹介します。

スポンサーリンク

陸軍パレードと空軍空中飛行

このパレードには毎年テーマがあり、またどの国が来賓として参加するか、行進する兵の人数もちがっています。

陸空のパレードの参加戦闘機数や人数は

参加人数と機数 2017年

戦闘機63機、うちアメリカ軍機が8機

歩兵数が3760人

ヘリコプターが29機

戦闘車とオートバイで合計、211車

馬が241頭

でした。

特に、昨年はアメリカ大統領夫妻が式典に招待されました。

アメリカ軍の第一次世界大戦の100年の祝賀ということもあり、仏軍陸軍と空軍と一緒にパレードに参加となったのです。

参加した機数も例年より多かったのです。

通常は10時45分に始まる、空軍飛行の順序は

①9機のアルファジェット(フランスの3色旗の煙の披露)

②6機のF16サンダーバード戦闘機(アメリカ軍)

③2機のF22(アメリカ軍)

③1機のCiI35、一機のラファル、1機のミラージュ

④4機のアルファジェット

⑤3機のラファルと1機のハウエイ

⑥1機のアトランティックと1機のファルコン

⑦3機のラファルCと1機のラファルB

⑧4機のミラージュ

⑨4機のミラージュ2000RDIと2機のアルファジェット

中省略。。。最後に3機のXinguとなっています。

これだけの戦闘機が空を舞うので、一瞬のこととはいえ、見事ととしか言いようがないですね。

陸軍のパレードは、午前中かけてコンコルド広場までの行進ですが、空軍に興味があれば、空を見あげていてください。大体10時45分からです。

イラク派兵のシャマルオペレーション

2014年の末にイラクにフランスへの要請があり、

『Opération Chammal』シャマルオペレーションといって、フランス軍1200兵がイラクに派遣され現地の治安のために配備されました。

そして、フランス国内で、2015年の1月にシャーリーエブドと、11月にバタクランのイスラム原理主義のテロで多大な犠牲者をだしました。

今年2017年のパレードでは、このイラクで行われてシャマルオペレーションに敬意を払っての行進となりました。

エリート校のポリテクニック生も行進

ポリテクニックという学校は国防省所属で、フランスのエリート校です。

ですので、入学と同時に公務員とみなされ、給料が微々たるものであっても給料が支給されます。

ほとんどの大学生が、マクドナルドでアルバイトをして生活費と稼ぐことを考えると、各段の差ですね。

陸軍のパレードの先頭をこのポリテクニック生が行進を始めます。

閉鎖される地下鉄駅

➡地下鉄1号線のコンコルド駅からシャルル・ドゥ・ゴール駅まで 朝の7時からお昼過ぎ位まで閉鎖されています。

地下鉄駅は1号線以外の駅は開いています。一駅歩けば、シャンゼリゼ通りまでたどりつけます。

空軍の戦闘機が見れる屋上のオススメ場所

デパートのギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette Haussmann)7階の屋上

革命記念日のパレード費用

関連記事➡ フランス革命記念日祭典の費用は誰が決める?大統領と軍司令官との確執?

 
スポンサーリンク

開いているデパート

革命記念日は祝日ですが、営業している一部のデパートをご紹介します。

営業しているデパート

●べーアシュベー   (BHV Maris) 11時~19時 : 52, rue de Rivoli 75004 Paris
最寄り駅 : 地下鉄1号線のオテル・ドゥ・ヴィル(Hôtel de Ville)

●ル・ボン・マルシェ (Le Bon Marché ) 10時~20時 :   24, Rue de Sèvres 75007 Paris
最寄り駅 :  地下鉄12号線のセーブル・バビロン(Sèvre Babylone)

●ギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette Haussmann) 10時30分~20時30分:40, boulevard Hausseman 75009 Paris
最寄り駅 : 地下鉄7号線のショセ・ダンタン(chaussé d’Antin La Fayette)

●プランタン(Printemps )10時30分~ 19時30分 : 64, Boulevard Haussmann 75009,Paris                                                                                                        最寄り駅  : 地下鉄9号線のアーブル・コマルタン(Havre Caumartin)

●ベルシーヴィラージュ(Bercy Village ) : 11時~ 20時 Cour DAint Emillion 75012 Paris
最寄り駅  : 地下鉄14号線のクール・サンテ・ミリオン(Cour Saint Emillion)

となっています。

開いている美術館

祭日ですが、国立の美術館がいくつか開いています。

美術館

●ピカソ美術館 (Musée Picasso)9時30分~18時 (最終入館は17時15)
住所 : rue de Thorigny – 75003 Paris
最寄り駅 :  地下鉄1号線のサンポール(Saint Paul)

●ロダン美術館(Musée Rodin)10時~17時45 (最終入館は17時15)
住所 : 77, rue de Varenne – 75007 Paris
最寄り駅 :  地下鉄13号線のヴァレーヌ(Varenne)

●マルモッタン美術館(Musée Marmottan Monet)10時~18時 (最終入館は記載ていませんが1時間まえが無難でしょう)
住所 : 2, rue Louis-Boilly – 75016 Paris
最寄り駅 :  地下鉄9号線のラ・ミュエット(La Muette)

●オルセー美術館(Musée d’Orsay) 9時30~ 18時 (最終入館は17時15)
住所 :1, rue de la Légion d’Honneur – 75007 Paris
最寄り駅 :  地下鉄12号線のソルフェリノ(Solférino)

●ジャックマール・アンドレ美術館(Musée Jacquemart-André)10時~ 18時 (最終入館は17時30)
住所:158, boulevard Haussmann – 75008 Paris
最寄り駅 :  地下鉄9号線のサン・トギュスタン か ミロメニル(Saint AugustinかMiromesnil )

●ブランリィー美術館 (Musée du quai Branly)11時~21時 (最終入館は20時)
住所 :37, quai Branly – 75007 Paris
最寄り駅 :  地下鉄6号線のビル・アッケム(Bir Hakeim )

となっています。

消防署主催のダンスパーティ

消防署が主催するダンスパーティがあります。地元の市民が参加できるダンスパーティです。

会場は各消防署であり、パーティは夜20時位から始まります。入場料がある署もあれば、募金形式で支払うという風にもなっています。もし献金をしたければ、できますよ。

パーティの収益は消防署や消防士の皆さんの労働条件の改善に使われるということです(^^♪

消防署主催のダンスパーティ会場住所一覧

➡ パリ祭7月13日と14日の消防署のダンスパーティ

シャン・ドゥ・マルスのクラシックコンサート

花火の前にクラシックコンサートが21時からシャン・ドゥ・マルス(Champ de Mars)広場であります。

シャン・ドゥ・マルス(le Champ-de-Mars)はオープンな公園で、エッフェル塔をバックに楽団が演奏をするので、音響は今一ですが、臨場感が最高ですね。

エッフェル塔を背にして、オーケストラが入ります。

ここにいればそのまま花火の打ち上げが見れます。花火は遠くまでいくと音が聞こえませんが、ここならよく聞こえます。

ただ、無料のコンサートですので、17時位から行って席をとっておかないと、席がなく座る場所はなくなります。

夜のメインイベントの花火

トロカデロ駅のプラットフォーム

花火は23時からトロカデロのエスプラナードの池がある公園と、エッフェル塔からの打ち上げがあります。

シャン・ドゥ・マルスの公園か、シャイオー宮(le Palit de Chaillot)の高台がお薦めです。

地下鉄の6号線のトロカデロで降りて、人類博物館として建築遺産博物館の間にあります。

人類博物館(右)と建築遺産博物館(左)

二つの建物を進むとエッフェル塔が見てて来ます。

トロカデロ駅を出たロータリーにカフェが4件あります。

どのカフェも賑わっています。トイレタイムにも使えますね。コーヒーの値段は大体3ユーロです。

閉鎖される駅

●19時から閉鎖される駅

– シャン・ドゥ・マルス(Champ de Mars)RERのC線
– アルマ橋( Pont de l’Alma)RERのC線
– ドゥプレックス(Dupleix)とパッシー(Passy)地下鉄6号線
– トロカデロ(Trocadéro)地下鉄6号線は一部の出口 : シャイオー宮出口1(Palais de Chaillot ) と ポール・ドゥメール出口6(Paul Doumer)が17時から閉鎖されます。

●23時から閉鎖される駅

– イエナ( Iéna)地下鉄9号線
– ラ・モット・ピケ( La Motte Picquet-Grenelle)地下鉄6号線

カフェの飲み物と注文の仕方

un café s’il vous plaît アン・カフェ・シルヴプレ     ( コーヒーを一杯ください )

un panaché  s’il vous plaît アン・カフェ・シルヴプレ ( パナシェを一杯ください)

左がビールで右がパナシェです。パナシェはリモナードをビールで割った飲み物

les toilettes s’il vous plaît レ・トワット・ シルヴプレ  ( トイレはどこですか?)

l’addition s’il vous plaît   ラディション・ シルヴプレ( お勘定お願いします)

まとめ

いかがでしょうか。

フランス革命記念日のコースについてご紹介しました。

シャンゼリゼ通りでは、朝から式典が始まり、パレードを見に来る観光客や市民が見物にやってきて、パリ市内がなにか緊張した、お祭り気分に包まれています。

午前中の式典には大統領、空軍戦闘機の空のパレード、シャンゼリゼ通りの戦車や、歩兵の行進があります。

午前中はずっと、パレードを見るために、解放されてシャンゼリゼ通りで、記念撮影をしている人も多いです。

また、夕方からは、コンサートもありますし、メインの花火の打ち上げは臨場感がり、革命記念日を祝う気持ちがわいてくるものです。

どうぞ、楽しんで下さいね。

パリに来たら、一度は体験したいと思うセーヌ川クルーズです。パリ観光のハイライトとも言えます。 セーヌ川から見る景色は魅力がいっぱいです...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする