ポンピドゥーセンターへの行き方・入場料~レストランまで詳しく解説

スポンサーリンク

パリのマレ地区にあるポンピドゥーセンターは、ヨーロッパ最大の近現代美術館です。

現代アートの愛好家であったジョルジュ・ポンピドゥー前大統領の発案で建設が進みました。

アートな文化が交差するマレ地区にあることもあり、チューブで覆われたエスカレーターや、配管が丸見えの外装で、いくつものカルチャーを感じる現代美術館です。

建設前から、パリには不似合いだという意見もありました。

ルーブル美術館の前のピラミッドも同じく、賛否両論がありましたが、今ではパリの人気のスポットのひとつです。

ポンピドゥー・センターは、図書館、映画館、近現代の多様なアートな作家の作品のある美術館からなっています。

プラスチックアートもあり、特に、4階と5階には、ピカソ、シャガールやウォーホールなど、アートの巨匠作品があり、見ごたえのある美術館です。

ポンピドゥー・センターはもちろん美術館として有名ですが、建物自体が風変わりで一見の価値があること、また景色を見るだけも楽しめる場所です。

またレストランやお茶への行き方と、見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

ポンピドゥーセンターの見どころと行き方

ポンピドゥーセンターで目を引くのは、やはりその外観です。

建物と眺望

マレ地区にあるポンピドゥーセンターは、パリの中でも風変わりな存在です。

近くまでいくと、パイプで囲まれた建物が見えてきますので、迷うことはありません。

呼び方は、ソントルポンピドゥー(Centre Pompidou) ボブール(Beaubourg)とも言います。

正面の入り口から見ると、チューブのエスカレーターが見えます。

中に入ると、ジョルジュ・ポンピドゥー前大統領の顔の絵がぶら下がって見えています。

奥でチケット売り場があります。対面の売り場の隣にはチケットの自販機もありますので、そこでも買えます。

チケットをゲットしたら、エスカレーターでそのまま上まで行きましょう。エスカレーターはチューブになっています。

上がっている間にどんどん眺望が良くなってきます。レストランがある最上階から、パリが一望できます。

美術館は、4階と5階で、そのまま通りすぎて上までいけます。

そのままレストランで食事だけというのもOKです。

美術館のアーティストの作品

所蔵作品10万点以上といわれていて、通常、常設展は4階と5階ですが、変更される場合があります。

著名なアーティストの作品が多々あります。

  • アンリ・ミショー
  • サルバドール・ダリ
  • ピエール・ボナール
  • ワシリー・カンディンスキー
  • マルク・シャガール
  • アンディ・ウォーホル
  • アンリ・マティス

などの作品があります。

最上階にレストランがあります。

レストラン・ジョルジュへの行き方

レストランの名前は「ジョルジュ」です。ポンピドゥー前大統領の名前です。

レストランへは、チューブのエスカレーターで上がっていくか、外から直接エレベータでも行けます。

エレベーターは正面の左にあります。早く上がれますので便利です。

レストランへ行くまでに廊下を通る間に景色がみれます。眺望抜群です。

テーブルに座ってからも、外の景色が綺麗に見えます。

料理は美味しいです。ハンバーガーとサラダを注文しましたが、おしゃれです。

食事はテラスでなくても、中でもできます。中のレストランも現代美術館みたいです。

中のレストランからもパリが一望できます。

ランチもディナーの値段も同じ設定で、アラカルトでメインが16ユーロ~25ユーロくらいです。

飲み物は10ユーロくらいです。高いですが、場所代というところでしょうか。

スポンサーリンク

チケット値段と営業時間

ポンピドゥーセンター

美術館営業時間 11時〜22時(特別展は21時まで、 木曜日は23時まで)
定休日 毎週火曜日と5/1
電話 01-4478-1233
サイト https://www.centrepompidou.fr/en
住所 Place Georges-Pompidou 75004 Paris
最寄地下鉄駅 Rambuteau (11号線), Hôtel de Ville ( 1と11号線), Châtelet ( 1, 4, 7, 11 と 14号線)
チケット値段 14ユーロ

まとめ

いかがでしょうか。

ポンピドゥーセンターについてまとめました。

建物が7階建て、最上階まで行くと見晴らしが良いです。最上階は有料ですが、レストランまでの階までは無料で行けます。

レストランは眺めが良く、テラスも中も景色が良いこともあり、お茶だけに来ているひとも多いです。

特に夏の間は、テラスでゆっくりする人も多いです。美術館は現代アートの作品がみれますが、美術館へ立ち寄らずとも、ゆっくりできる空間でオススメです。
https://francedayori.com/tourisme/2563/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする