パリから近場の2泊旅行先!サンマロにタラソテラピーに行ってみる

スポンサーリンク

サンマロにあるタラソテラピーの豪華ホテルをご紹介します。

パリもエステサロンがあります。ただ、タラソテラピーとなると海岸線にあるホテルになります。

海岸線にあるホテルで何泊かして、ゆっくり自分へご褒美をという場合にはうってつけです。

場所は、サンマロです。パリのサン・ラザール駅から、電車で2時間で行けてしまいます。

タラソテラピーは、海水をホテル内に引いていますので、海水でジャグジーや、海水マッサージ、プールでの体操などを行います。

一番短い滞在で、1泊2日がありますが、あとは4泊5日など、宿泊数は増やせます。

私は一度行ってきたのですが、優雅な1週間をすごしてきました。

あとは、お財布と相談です。

普段働いていれば、自分へのご褒美はしてあげたいですね(^^♪

ではご紹介します。

スポンサーリンク

サンマロのタラソテラピーグランドホテル

タラソテラピーってどんなものかについてです。一度は行ってみたいですね(^^♪

そもそもタラソテラピーってどんなもの?

タラソテラピーとは、海水を使っての治療のことを言います。

治療とは言ってもどちらかというと、イメージがリゾート地での「リラックス」をも含めたものです。

海水を施設のホテルまで引いて、ホテル中のプールの水は海水です。

もともとは、フランスの博士が命名したものです。コトバンクでは次のように説明しています。

海水や海産物,海辺の環境など,海のあらゆる特性を生かして,心身をいやしたり治療したりする方法。19世紀末,フランスのド・ラ・ボナディエール博士によって命名された。ヨーロッパ諸国では古くから研究がなされ,黒海,北海,地中海沿岸などには,医療施設としてタラソテラピー・センターが設けられている。

引用先 コトバンク タラソテラピー

治療の面では、日本の温泉と似ていますが、温泉はひなびたイメージを売り物にもできますが、フランスのタラソテラピーはどちらかというと、夫婦で出かけてガウンを着て、海岸のホテルで朝食を食べる、というようなかなりリッチなイメージで宣伝されています。

実際施設のホテルが高級で、リラックでき、心も体も治療ができるのは確かですね。

ご紹介するのは、パリから電車で約2時間で行ける、サンマロにあるグラン・テルムという五つ星のホテルです。

グラン・テルムの場所とタラソテラピーの内容

サンマロの海岸に面している豪華ホテル、「グラン・テルム」で、パリから電車で約2時間で行けます。

サンマロにはボルディエバターの本店もありますが、このホテルから歩いても行けます。

【グラン・オテル・デ・テルムのホテルの場所】

サンマロの海岸線には、このホテルの他に、5軒くらいタラソテラピーのホテルがありますが、格やスタンディングで比べると、このグラン・テルムがおすすめです。

せっかくサンマロまで行くのなら、優雅に時間を過ごして、タラソテラピーを楽しみましょう。

ホテルのロビーは大理石で、入館したとたんにリッチな感じを味わえます。リラックできる雰囲気で~す。

ホテルの宿泊客は大体1週間ほど滞在して、タラソテラピーのマッサージを受けて帰ります。タラソテラピーのメニューがいろいろです。

タラソテラピーのメニュー

●宿泊1泊~(ホテル内の海水を引いたプールを利用可、夜と朝食付き)

1泊で、ドゥミパンション(宿泊と2食)と言って、レストランのディナーと、眺望のいいレストランで海岸線を見ながら朝食ができます。このホテルの食事で、朝食とランチ専用のレストランの眺望が抜群です。

●宿泊1泊~マッサージ付き(プールの他に、ジャグジーや海藻のマッサージ付き)

上記のドゥミパンションの他に、マッサージのセットをプラスするプランです。

どうせゆっくりするならと、1週間でも宿泊は可能です。私はちょっと豪華に5泊で行ってきました。

施術の内容は、プール内での体操、海藻パック、背中のオイルマッサージ、海水を入れた浴槽でジャグジーなど、メニューが豊富です。

スポンサーリンク

予約の仕方

グラン・テルムのホテルのサイトで直接ネット予約ができます。

サイトはこちらです。↓

https://www.le-grand-hotel-des-thermes.fr/

予約の仕方は、ホームページで、【WEEK END】のボタンをクリックします。

ページの一番右の、【Reserver】を押すと、カレンダーがでてきますので、希望の日をクリックして予約へ進みます。

左にカレンダーがあり、右にある茶色で「Reserver maintenant」のボタンをクリックします。

そうすると、このページに行きますので、で、希望の日付、人数をいれていきます。宿泊数も指定できます。

入力の仕方は、

①【Date d’arrivée】に到着日を【date de départ】に出発日

①【Adult】に大人の人数を

次に「Véfifier les disponibilité」のボタンをクリックをすると、空いている部屋のタイプが表示されます。

中から、予算に合うタイプをクリックして選択します。

素泊まりプランなら、【ETAP SUIVANTE】をクリックして、名前や住所を入力して予約をします。

次のチョイスとして、

  • 朝食は食べるパターン(Petit déjeuner)、
  • 朝食と、夕食を食べるパターン(Forfait 1/2 pension Verriere)

をセットで申し込みできます。

食事を申し込んだ方がゆっくりできるのは確実で、タラソテラピーに行っている人は、大体朝夕の食事つきで1週間ほど滞在を楽しんでいます。

食事付きにする場合は、

  • (Petit déjeuner)、
  • (Forfait 1/2 pension Verriere)

の下にある【Reserver】をクリックして、【ETAP SUIVANTE】をクリックして、次のページに変わりますので、名前や住所を入力して予約をします。

予約をする前に、宿泊中に、プール、サウナやジャグジーが利用できるものであれば、

Accès libre Piscine d’eau de mer chauffée, Sauna & Hammam.

と書いています。

別な予約の仕方も紹介します。先ほどのページでWeekendをクリックして、Reserverの予約をクリックすると、このページにきます。

先ほどは、「Reserver maintenant」のボタンをクリックしましたが、今度は、下の「Voir les offres」をクリックします。

このページになりますので、同じ要領で、宿泊数、人数、部屋数を入力して、カレンダーから、希望の日にちをクリックします。

カレンダーを見ての通り、日によって、値段が違います。

次のページで、宿泊する部屋が選択できますが、海岸が見えるお部屋の方が値段が高いです。

朝食と、夜の食事とプールへ行けるセットになっている場合は、通常こちらの下の「Voir les offres」から進むと、セット価格で、単品でお部屋に食事を付けるより得です。

予約の仕方をひとおとりご説明しましたが、どのページから進んでも、最終的には同じ予約結果になりますが、ただ値段が違ってきます。

予約ページで、いろいろ組み合わせて、値段をチェックするのが良いです。

また、
ソワン

ソワンといって、マッサージがセットになっているものもあります。

もちろん、ソワン付きが高いですが、せっかくサンマロまでいくのであれば、5泊6日など宿泊できれば、心も体もリフレッシュできます。

ホテル情報

●ホテル名 Grand Hôtel des Thermes

住所 100, Boulevard Hébert, 35400 Saint-Malo(★5つ)

電話 02 99 40 75 00

最寄り駅 : Saint Malo

素泊まり予約して、電話でソワン(マッサージのエステ)を申し込むのもありです。

またボルディエバターの本店をご紹介します。

ボルディエバターの本店

ボルディエバターの本店はこのホテルから徒歩で、20分くらいで行けます。

朝夕の宿泊タイプにすれば、お昼に行ってランチをしてくるのも良いと思います。

海岸線をずっと歩いていくと、要塞が見えてきます。

本店はの様子です。こちらで食事ができます。

食事はパリと比べるとずいぶん安く、メニューで20ユーロくらいからあります。

ボルディエバター本店がある場所は、いろいろなお店がありますので、海岸線の要塞のあたりも一緒に観光できて、お薦めです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

サンマロのル・グラン・オテル・デ・テルムのホテル予約についてまとめました。

このホテルの近所にも他のホテルは何件かありますが、このル・グランがおすすめです。

家族ずれサンマロへ行き、ランクを下げて、近くのホテルに泊まって、プールやソワンだけをこのル・グラン・デ・テルムまで行くという人もいますが、せっかくですので、このル・グランでゆっくりとくつろいでみるのをオススメします。

午前中にソワンを行い、午後はサンマロの海岸線を散歩したり、市内の街を散策するのも良いです。

ボルディエバターの本店へも行けますので、充実した滞在ができますように。

パリで、エステサロンへ行くという場合は、こちらのサロンがおすすめです。↓

折角パリまで来たら「エステは絶対に試したい」と考えている方も少なくないと思います。でもどこのエステサロンへ行けば良いのか分からないってあると...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする