フランスのスーパーのカルフールはもう売れない?買い物の仕方に変化?

フランスのスーパーのカルフールといえば、千葉の幕張に海外進出した巨大スーパーチェーンですが、カルフールの取締役社長が今週の1月23日に今後の人員解雇と店舗の閉鎖計画を発表しました。

アレクサンドル・ボンパール取締役によると2022年までに、フランスの本社で2400人の解雇と、グループの273店舗の閉鎖をするということです。

カルフールは、郊外にある巨大スーパーです。食料品以外にも、洋服や小物や電化製品も買えて、食事もついでにできるという便利な複合ショッピングセンターです。

そうして発展したきたカルフールは、なぜ今事業を縮小しないといけないでしょうか。

カルフールに代表される流通業界は長い間フランスの花形産業でしたが、今後はどのようになっていくのでしょうか?

早速業界をとりまく状況を見ていきましょう。

スポンサーリンク

カルフールの成り立ちは?

カルフールのハイパーマーケット1号店は、1963年にパリの郊外に華麗に登場しました。ハイパーマーケットといって、スーパーマーケットよりもっと大型なんですね。

面積からみると、

  • ハイパーマーケット(2500 平米以上)
  • スーパーマーケット(400 ~ 2499平米)
  • スーペレット   (400平米まで)

の大きさで区別されていますが、カルフールは一番大きな部類のハイパーマーケットとスーパーマーケットです。巨大な敷地に建設された大型スーパーですね。

ハイパーマーケットの1号店は面積が1万6千平米に、2千台の駐車場、400人の従業員がいる大型店でスタートをしました。

日本では、これほど大きなスーパーはお目にかかりません。

ダイエーやイトーヨーカ堂の規模の大型スーパーがあっても、1週間分をまとめ買いをするという事は日本ではしないのですが、このカルフールが建設された当時は、この〚大型店〛がフランスで受け入れられたのですね。(^^♪

この1号店の一階には、

  • 食料品
  • 雑貨
  • 小物

など商品5000点が一杯に店内に陳列されたのです。家族で一緒に行っても、見失うくらいの大きさですよね。

そして、2階には、電化製品、ゲームセンターなどもあり、このカルフールに行けば、必要なもの全てがこのショッピングセンターで手に入るという状態でした。

開店当時、カルフールに行って買い物をする世帯は、〚大所帯〛でした。カルフールにいくことで、〚お出かけ〛をして、そこでなんでも買えてしまうというのが、当時の憧れの生活スタイルだったのです。

また、時代の変遷のなかで、旅行代理店もセンターの中にできて、殆ど必需品が揃うと状態になりました。

買い物客の生活スタイルの変化は?

カルフールのハイパーマーケットは郊外店ですので、行くには車が必要です。一度行くと、1週間分の食料品をまとめ買いをします。

買い物客は1週間分の買い物をするのですから、レジでも1人10分は最低かかります。レジで大体30分位待ちの状態です。

それでも、値段が安い分30分レジで順番を待っても、待つ甲斐があると消費者は思っていたのですが、しかしこの郊外に行って買い物をしていた層の家族構成が変わってきたのですね。

いままで4人家族だったのが、1人になれば、買い物の量もすくなくてすみます。また

  • スーパーまで到着したは良いが、駐車するまでに1時間もかかる
  • スーパーまでの渋滞をくぐり抜けて行くのが苦だ
  • 30分のレジ待ちをしたくない

と感じるようになったのですね。そこで、

  • 家の近所で買いたい
  • インターネットで注文をして家に配達をしてもらいたい
  • 少し値段が高くてもオーガニック品を買いたい

と、消費者の心理が変わったと言う事です。

またカルフールでの買い物は、〚お出かけ〛の意味がありました。

子供は総合ショッピングセンターでゲームもやって楽しんでいたのが、今は、ゲームは自分でアプリをダウンロードして自分で楽しめます。

そのような生活スタイルの変化でカルフールに行く必要はないですし、洋服も、庭植えの材料も専門店に買いに行くという、求めるものがより一般的なものから、より凝った物を専門店で買いたいという様式の変化となったということのようです。

インターネット注文ばかりになるのか?

今は、随分とインターネット注文が増えました。車で郊外まで行くのはいいが、注文はインターネットでしておいて、注文品を受け取りにいく〚ドライブ〛と言う方法や、家に配達してもらうという形態に変わってきています。

しかし、全ての人がインターネットで注文をするということではないようです。

人と人のつながりを大事に考えている人もいますし、ただ、郊外まで時間を掛けて移動するなら、近所のお店で買い物をしたいと考える人が増えているということですね。

事実今は、小規模スーパー(スーぺレット)が増えています。カルフールの小型に〚カルフール・エクスプレス〛があります、また別の小型スーパーの、〚フランプリ〛です。

カルフールは、もっとこのような小型スーパーに力をいれていくと言っていますね。大型店と違って、色も茶色とオレンジの色調で、おしゃれな感覚だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

時代の花形業界のリーダーであった、カルフールの人員解雇と店舗の閉鎖は、時代の流れを色濃く表す事象と感じました。

消費者がインターネットや小型店で買い物をしていく傾向を読み取れるないで、業界1位から引きずり落とされたカルフールは、今後1位へとのし上がった〚ルクレルク Leclerc〛とどのような攻防を繰り広げていくのか、私達消費者にはもっと質の良い物を提供してくれるのか、見守っていきたいですね(^^♪

どのスーパーとの攻防があっても、自然食品は今後消費者の関心が集まるということです。

昨年の10月にバター不足について別記事で触れましたが、今現在2018年の初めはスーパーでバター不足は解消されました。以前の様に陳列棚がバター...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする