フランスフリーメーソンとは?目的や入会方法ってどんなの?

スポンサーリンク

フリーメーソンといえば、秘密結社で、内部情報が門外不出みたいで、政府を操っているというようなミステリアスなイメージですが、実際その活動はどのようなもので、門戸は閉ざされているのかを調べてみました。

今回はフリーメーソンのフランスの様子です。

文化遺産の日でも、フリーメーソン博物館で見学と案内説明がありましたので、その内容をお伝えします。

ではそのグランドオリオンの思想とは、どんな団体なのかをみてみましょう。

スポンサーリンク

その思想と、活動内容とは

フリーメーソンのグランドオリオン派は、1773年にグランロ―ジュ派から分離して結成されました。

1877年には「意識の完全な自由」と標語をとりいれ、宗教の自由と、非教理主義となりました。つまり、信仰や宗教からそのメンバーに一切強要しなくなったということです。

こ点は、イギリスのフリーメーソンとは一線を画しています。

1年の活動期間は、10月が年始です。

思想としては、

  • 社会的、
  • 平和、
  • 無宗教、
  • フリーメーソン自体、
  • 海外圏(フランス本土ではない、旧植民地の地域)

の5つのテーマです。

10月に、フランス全体のグループ(ロ―ジュ)で上の5つのテーマの中から二つを選ぶのですが、首都のパリで勝手に選ぶというのではなく、全国レベルで投票で選ばれます

二つのテーマがきまれば、それを1年かけて、議論していきます。

フリーメーソンには入派している会員は、階級があります。

その組織形態は

3段階の階級。

  • 見習い、(Apprenti)
  • コンパニオン(Companion)
  • 師(Maître)

となっていて、それぞれ、約2年の勉強を経て、次の段階へすすめます。

集会は、毎月2回ありますが、見習いの間は、集会の時にまったく議論に参加できません。

ただひたすら、自分を見つめる勉強をするだけです。(2年間、まったく発言できないって辛いですよね)

集会はだいたい、夕方19時から20時くらいから、22時くらいまで、

儀式用の服に着替えて(それぞれの階級の儀式用の衣装で)それから議論となります。

入派は自由で、人による紹介か、インターネットでも

入派するときには、紹介であっても、モチベーションレターを書いて、本部へ送り、

責任者と面談があります。履歴書やモチベーションレターを送って、面接に呼ばれたら、

責任者と約2から3時間、その入派の動機を聞かれます。

特に、グランドオリオンのように、政治家が多い派では、「コネ」を求めて入派したいのではないかとも、問いただされるということです。

実際に社会に貢献したいと、いうことをアピールしないとだめですね。

フリーメーソンは、入会するのが、むずかしく、離脱は大変簡単な組織といわれています。

現在、グランドオリオンで会員数は、全土で、52000人、グループ総数で約1200。

一つのグループ(アトリエ)にはですので、約43人です。

ただ大小があって、人気のあるアトリエには人数が多いということですね。

2011年から、約倍に増え、そのうち現在女性が3000人ということです。

女性の入派が受け入れられたのが、2011年ということです。それから約5年で3000人となったことで、2020年には半数が女性になるのではないかとのコメントでした。

年会費

グランドオリオンのパリ本部では、年間約400ユーロ(約5万5千円)ですが、他府県であれば、もっと安いということでした。パリはやはり、いろいろ経費がかかるということでした。

その他に、集会が終わって夕食を食べに行く場合は、そのあとの食事代も

かかり勿論自己負担です。

政界人の割合

(引用先。http://www.lefigaro.fr/politique/2012/12/0/01002-20121207ARTFIG00503-hollande-un-president-tres-entoure-de-francs-macons.php)

この写真は、2012年のオランド、フランス前大統領のときの政府のメンバーの写真でしたが、約3分の1がグランオリオンのメンバーでした。(フリーメーソンのメンバーは顔がでている閣僚です)。

この手の記事が新聞などに掲載されて、フリーメーソンが政界を牛耳っているというイメージがつきものになるのですね。

しかし、フリーメーソンの集会で、国会に提出する法案を作っているということではなく、

先ほどの触れたように、毎年議論していくテーマから、レポートを作成して、あくまでも、政府や、地方の評議会に、分析という形でレポートが送られるだけです。

それは、あくまでも、

  • 社会的、
  • 平和、
  • 無宗教、
  • フリーメーソン自体、
  • 海外圏(フランス本土ではない、旧植民地の地域)

5つのテーマのみです。どこかの会社の株価が上がるようにとか個人的なことではなく、

社会をよくしていくというレポートです。

最後に、入派申し込み先は

いかがでしたでしょうか。秘密結社的なイメージは消えたでしょうか?

もし、グランドオリオンに興味があり、入派したいという場合で、

知り合いがいない場合は、直接事務局までどうぞ。

http://www.godf.org/index.php/divers/postuler/slug/postuler
履歴書と、入派をしたいという動機書を送れば、返事を送ってくれるということでした。

もっと、よく知りたいという場合は、会合に申し込んでみるのがいいと思います。

住所は以下になります。

Grand Orient de France 

16, rue Cadet 75009

PARIS (FRANCE)

関連記事

フリーメーソンとは何か?会合見学2017年9月30日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする