フランスで求人ってあるの?日本人が応募しやすい人材派遣会社選び

スポンサーリンク

フランスでの仕事探しは大変ですが、日本人にも仕事がないわけではありません。

実際、いくら実力があっても就職まで至っていない場合は、面接にこぎつけるまでにリサーチと応募の仕方を身につけて、就活をしていくことが重要かと思います。

フランスではIndeedとMonsterは、企業も、人材派遣会社もが求人広告をのせているサイトです。

就職にこぎつけた人と、していない人では、求人サイトで仕事の探し方がポイントになってくるかと思います。

やってみれば簡単ですので、探し方をご紹介します。

日本人がフランスで仕事を見つけていくには、フランス人ができない職務をしていくことです。

母国語であるフランス語ではどうしてもハンディがあります。しかし、日本の本社とのコミュニケーションはあなたの方ができるはずです。

仕事探しで、サイトがフランス語で書かれているために、そこがネックになって、めげたと言う方はご参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

どの人材派遣会社に登録する?

実際、いくら優秀でも、日本人がフランス語の土俵で競うのにはハンディがあるのと、はっきりいって、フランス人経営者が外国人を雇うにはそれなりのメリットがないと、採用までとはならない場合が多いです。

実際フランス人の失業率が多いのに、外国人を雇うことにはならないですので。

そうすると、どういう場合にわざわざ外国人(日本人)を雇いたいかとなると、

①日本に取引店があるフランスの会社

②日本に本社があるフランス支店や子会社

③日本や他アジアに販売を拡大していく構想があるフランス人経営者

④日本人顧客をターゲットにしている販売店

大きく分けてこれら企業が日本人を雇いたいと思うケースです。

Indeedでの求人の検索の仕方

フランスでの求人サイトにはIndeedやMonsterがあります。

これらにサイトに、就職人材派遣会社が求人広告をだしています。大手の人材派遣会社も多いです。

具体的には、

  • Michael Page
  • Robert Half
  • Groupe William Sinclair
  • Fed Finance
  • Hays
  • Manpower

などがありますが、他にも小規模な人材派遣会社がありますが、大手の会社には外国人が勤務している点で、小規模な会社よりも日本人のメンタリティーを理解してくれる可能性が多いです。

具体的は検索の方法は、

①IndeedとGoogleで検索し、上記のIndeedの画面で、

②職種を『quoi』へ、場所を『où』へ打ち込んでEnter。

そうすると職種によっては10ページ以上にも渡って、求人広告がでてきます。

また、左側に、年収のランクがあるので、探している枠でさらに絞ることもできます。

③検索結果から求人広告を選択して、職務内容をチェックする。

広告の職務内容のチェック

自分にあったと思われる職務内容をチェックします。

もしあなたが、貿易業務(ADV)で、自分の履歴書の内容と比較して、書かれているその職務内容が自分の職務内容とどのくらい一致しているのかを調べます。

フランスで日本人の職務は、先程の章で挙げました、日本との関係がある会社になります。ですので、本社と子会社との取引きや、物流や、日本人向けのサービスが主になります。

大体の職務内容として、15項目位があるはずなので、上から順番に自分ができる職務内容と照らし合わせて、合致しているかをみてみましょう。

実際、15項目全て自分の技能が当てはまる場合は少ないので、10あればOKと考えます。

全て一致しているというのは、ほとんどないと思いますので、あなたがCVに書き込んでいなくて、しかし遂行できるスキル内容があれば、それを追加し、関係のないスキルは削除をして、会社側が何を求めているのかに近い形で、履歴書を作成しなおしましょう。

余り長いCVは好感度が低くなります。

履歴書は、常にフランス語と英語は用意しておいて、応募できるようにしてみましょう。

フランスの習慣で、志望動機書(lettre de motivation)を添付する例が多々ありますので、このIndeedから履歴書を送る場合は、志望動機書も用意しておくと良いですよ(^^♪

たまに、志望動機書なしで、そのまま履歴書だけという会社もあります。どちらにしても両方用意しておくと即送れますので、準備は万全にしておきたいですね。

履歴書を送って、職歴が合致していれば、翌日には電話なり、メールで連絡があり、面接日のアポへと話が進みます。

ただ、面接でスピーチができる状態でないと、つまり実際に行ったはいいが、しどろもどろで面接で返答となると心象を悪くし、今日はこのくらいでと、後日連絡しますとは言われても、連絡はこないのが現実です。

ですので、履歴書の再構成と一緒に、職歴スピーチを2-3分でフランス語にまとめて、スラスラと言える状態でのぞみましょう。

面接の際には、会社側が何をもとめているのかを敏感に聞き取り、自分の技術的なPRをするのではなく、「日本との取引でなら、私ならこんなことができるのではないか」と会社側に現在ないことができると補足ができるとPRなら好感が持たれるでしょう。

とはいえ、技術的にそつがなくともコミュニケーションは大事です。

上手くなくとも、相手がイライラすることがないフランス語を話すや書くは大事な点です。

CVの書き方はとても大事ですので、慣れていない場合は、講習を受けて再構築できるチャンスがあればそれにこしたことはありません。

フランス語がペラペラになるまでには時間がかかります。 広告で、「3か月でペラペラに」というようなキャッチコピーも目にしますが、3か月で...

今日の単語

le centre des intérêts        ( 趣味)

le CV                   ( 履歴書 )

フランス語の勉強、なかなか大変ですね。 今日勉強を初めて、今日からペラペラとはならないにしても、1年後にはしっかりしたものを手に入れた...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする