フランス語で求人情報をネットで探す!日本に居ながら応募する方法

フランスで仕事探しをするには、まずは人材派遣会社のサイトで履歴書の登録をしたいものです。

フランスに行くことになったという場合はあります。

結婚をすることになった、また留学をすることになった、ワーホリでフランスへ行くなど、理由は様々です。

そんな場合は、日本にいながら、フランスへ行く前に就職先を探しておくのがいいです。

特にワーホリの場合は、1年間の労働有効期間をフルに使えます。

履歴書は送ったけれど、返事がこないときもありますし、応募の仕方がよくなかったのかもチェックしたいところです。

改善点があれば次回に応用したいものです。

求人サイトでどのように仕事先をみつけるのか、どのように履歴書と志望動機書を送っていけば良いのかを、みていきましょう。

スポンサーリンク

日本人担当者の人材派遣会社

別記事で書きしましたが、日本企業だけを対象にすると、就活はとても困難です。

フランスで発行されている日本人向けの無料の日本語新聞(OVNI)があります。

この新聞にも求人欄がありますが、紙面で月に1回の発行(ネットでは随時)です。

ですので希望職種は年に一回くらいの割合でしが、求人がないのが実情です。

問題は、フランスに拠点を置く日本企業は少ないのです。

ですので、この無料新聞の求人欄で広告を探そうと、日本企業を顧客にしている派遣会社(ありますが)経由で探そうも、もともと数が少ないという事実は変わりません。

であれば、フランスの企業で働けば、チャンスも広がるというものです。

現地のフランスの人材派遣会社

フランスの求人情報の具体的なサイトとしては、INDEEDがお薦めします。

理由は、フランスの一般企業も、その他に人材派遣会社の求人広告は毎日更新されています。

ですので、各人材派遣会社サイトで個別に探すより効率が良いです。

そして、ここにはフランスの職安であるポールアンプロワの広告も掲載されています。

具体的には、

IndeedとGoogleで検索し、上記のIndeedの画面で、

希望職種を検索していきます。

職種によっては10ページ以上にも渡って、求人広告がでてきます。

また、左側に、年収のランクがあるので、探している枠でさらに絞ることもできます。

そうすると、検索結果ができますので、

実際に、一つクリックしてみると、

求人広告を出している会社か、人材派遣会社を通しての場合だと人材派遣会社の名前で求人広告がでてきます。探している人材の職務内容が書いてあります。

希望条件に合う内容の広告を探していきます。

英語が話せる(anglais)というのも、求人の条件でありますので、フランス語だけで探すよりは日本人には有利になりますね。

このサイトの使い方は、「Connexion」からアドレスメールを書き込んでいくか、

Facebookでも登録ができます。

サイト上では、履歴書を作成し登録もできます。

履歴書は、毎回応募の度に送るのですが、履歴書を登録しておけば、人材派遣会社から、連絡がくる場合も増えます。

登録には、取得した学位や、英語のレベル、その他職歴などを書き込みます。

フランスの習慣で、志望動機書(lettre de motivation)を添付する例が多々ありますので、このIndeedから履歴書を送る場合は、志望動機書も用意しておくと良いですよ(^^♪

Indeed のサイトでは、日本からでもCVは送ることができます。

履歴書の書き方は重要です。狙った求人へ向けて、CVを作成して応募することをお薦めします。

就職の準備を進め何度か求人に応募をしたが、まだ採用に至っていないという場合もあるかと思います。 理由としては、求人の応...

今日の単語

le bilan de compétences     ( 技能総括)

la lettre de motivation        ( 志望動機書)

un entretien                 ( 面接 )

des formations                   ( 講習)

面接を受けて、フランス人の会社で働いてみる。給与交渉をしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする