求人応募・CV添削

就職の準備を進め何度か求人に応募をしたが、まだ採用に至っていないという場合もあるかと思います。

理由としては、求人の応募内容が自分の職歴にマッチしていないか、CVが上手く書けていない場合が多いです。

別記事でも記しましたが、日本人がフランスで仕事を見つけるのは難しいです。

実際のところフランスで、日本人が日本語をメインに使って働ける会社はほとんどなく、フランス語のレベルが上がるまでは、フランスの会社に勤務するのが難しいです。

その他に、日本人がフランスで就職するには、労働許可証が必要です。

労働許可証がある場合は、まずは言語の制約が少ない日本企業の求人にも応募ができます。

日本の企業は、人材派遣会社か、無料新聞(フリーペーパー)のOVNIで求人募集を行っています。

パリに住んでいれば、このOVNI新聞はオペラ座周辺のサンタン通りにあるレストランで目にすることも多いかと思います。

しかし、日系企業の母数が少ないため、求人数は少なく、そこに応募しても競争率は高いです。

ですので応募は、数の少ない日本の企業の他にも、フランスの企業を狙っていくことで、就職の可能性を高くできます。

現地化されている日本企業に応募する場合は、日本人の駐在員がCV選考をしているとも限りません。

フランス人が人事担当者であれば、応募者のフランス語のレベルもチェックしますので、CVはフランス語で適格な表現でする必要があります。

とはいえ、繰り返しますが、日本の企業数は圧倒的に少ないですので、仕事を探していくには、フランスの企業の求人に応募することになります。

であれば、フランスの大手の求人サイトへフランス語のCVをセッティングして、応募することになります。

いくつかのサイトにCVを登録していくことで、面接にこぎつけるチャンスを増やしていくと、地道な努力が必要です。

CV審査が通った暁には、面接が待っています。

フランス語で面接に望むとなれば、コンパクトに、自己アピールができるように準備をするのがいいでしょう。母国語でない外国語で上手く言えるように、準備は周到にしておかねば、せっかくのチャンスを逃すことになります。

求人に応募していくには、適切な求人内容、説得力のあるCVと志望動機書を用意して、チャンスを逃さないことです。

ですので、何度か応募しても面接まで至らなかった場合は、最初にも触れましたが、CVの書き方が適切でなかったも言えましょう。

求人サイトでもCV登録にも、コツがあります。就職の業界用語を適切に職務経歴に記載することで、企業でおこなっている検索結果に送ったCVがひっかるというものです。

以下に、求人サイトの求人の検索の仕方と、応募の仕方のコンテンツをご購入いただけます。

①【求人広告の検索方法とCVの登録方法の解説コンテンツ】

CVと志望動機書はすでに手元にあり、求人募集の広告を検索したいという方向けのコンテンツです

【内容】 ネット上にある膨大なフランス語で書かれた求人情報の中、どのように自分に適した情報を検索し、CVを送っていくかを解説しています...

②【CV(履歴書)と志望動機書の添削コンテンツ】

求人広告はすでに見つけてあり、CV(履歴書)と志望動機書をみてもらいたいという方向けのコンテンツです。

応募をしてみたい広告を見つけても、履歴書で職務経歴が上手く表現されていないと、面接までに至りません。

いままで、購入した本に書いている内容をコピー&ペーストをしているという場合は要注意です。CVに書き込む表現は適切に、ピッタリの業界用語で書き込む必要があります。

キーワードがずれていると、マッチングしないので、そのまま連絡をもらうことができません。

応募するには、広告で企業側が求めているものを正確に理解して、それに適したCVを作成することが大事です。

フランスで日本人が求職するには、労働許可証があることが必須です。その点ワーホリがあれば、最長12か月まで勤務が可能ですので、求人応募は日本からでもできます。

【内容】 みつけた求人情報に対して、どんなCVを構築していくかを解説していきます。 履歴書に職務経歴が上手く表現されていないと、...

③【面接でのスピーチのまとめ添削コンテンツ

CV選考もクリアし面接にこぎつけた方、おめでとうございます!

でも、ここで気を抜かないで下さい。

面接でフランス語で自己アピールをするのは、いままでの経験を論理的に組み立て、コンパクトに勤務経験と職務内容を伝え、功績を伝えることで、どのように求人先にメリットをもたらせるかをアピールすることが大事です。

このコンテンツでは、アピール文と一緒に、デジタルでアピール文を録音したコンテンツをお渡しします。

【内容】 面接の自己紹介スピーチのまとめ方の解説です。 短く職歴をコンパクトに、論理的に凝縮した内容にまとめるのがカギです。 ...

まとめ

管理人も解雇に遭い、それから求人に応募していたのですが、返信がなかった期間が約6か月ありました。

その後、講習に参加してCV添削やスピーチ添削を受けてから、面接へと進むことができました。そのくらいCV表現は大事です。

いくら職歴が立派でも、日本語で立派に書けてもフランス語でかけないと幼稚な表現になり、求人サイトで、CVがひっかかりません。

求人を行っている会社も、ソフトを使いCV選考をしていますので、適切な表現を使ったCVを作成して初めて土俵に立てることになります。

また、フランス人の友達にみてもらうことも一つの手ですが、ただ母国語がフランス語だから、CV添削がでいるかというと必ずしもそうではありません。

実際のところ、求人サイトでは、CVの講習について何ページも使いアドバイスを書いていますし、有料でコンサルがついてCVと志望動機書の添削を行っています。

言語の問題もクリアして、適切な文言を使うのがカギです。

一度作成すすることで、将来への投資と考える方は、購入に進んでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする