パリのパレ・ロワイヤル周辺のお薦めレストラン!満足感がある食事

スポンサーリンク

満足感がある食事ってなんなのかと考えると、いろんな要素があるかと思います。

ご紹介するのは、パレロワイヤルの周辺のレストランで、パレ・ロワイヤルは庭園で、静かな空間です。

庭園は回廊形式になっていますので、そこにブティックがいくつも入っています。

資生堂のセルジュルタンスの香水店もあるなど、歴史を感じる空間です。

前置きが長くなりましたが、ご紹介するレストランは、「ア・カズルナ」といって、フランス南部のコルシカ島の食材を使ったレストランです。

食材が豊かという意味では、太陽をふんだんにあびた野菜はやはり美味しいです。

演出はもちろん大事ですが、食材がいいことで満足感があるのは事実です。

そんなレストランご紹介します(^^♪

スポンサーリンク

パリのパレ・ロワイヤル付近のレストラン4選

パレ・ロワイヤルにコルシカ島の食材を使ったレストランとは、イメージし難いのですが、あるのです(^^♪

ア・カズルナ(パレ・ロワイヤル隣)

パレ・ロワイヤルの中庭のすぐ隣にある、コルシカ島の料理を出すシックなレストランです。

もともと、立地がよいのもありますが、奥まった場所にありますので、静かな環境で品のある食事ができるレストランです。

店内の装飾も落ち着いて、親切なサービスをしてもらって食べられます。

フランスのレストランはやはりお肉料理が多いのですが、こちらの魚も新鮮でおいしいです。

そこは、コルシカから直接素材を仕入れているのが、こちらのレストランの有利さです。

まずは、シャンパンで乾杯しました。

ニンジンのミーズ・ア・ブシュです。ニンニクが少し効いて、シャンパンにともて良くあいます。

前菜にサーディンを注文しました。バジルの土台にフレッシュなサーディンを乗せています。

臭みがなくうまく調理しています(^^♪

【フレッシュ・サーディンのアカピーマンのコンフィ添え】

もう一つの前菜が、スピオンのなすびのサラダです。

こちらのレストランの盛り付けはとにかく綺麗です。

【バジル風味スピオンのナスのサラダ】

そして、メインにラムステーキにしました。

ラムステーキの下には、丸いオニオンが敷いてあり、トマトのコンフィ(オレンジ色)との相性が抜群です。これもコルシカ島から取り寄せています。

トマトコンフィは、コルシカ島産というだけあり、味が芳醇です。

【トマトコンフィとオニオン添えラムステーキ】

デザートには、栗のババロアを選びました。生クリームに栗のペーストを混ぜて、ババロアに仕上ています。

食後酒に、ミールの「オー・ドゥ・ヴィ」をサービスしてくれました。

予約は【ラ・フルシェット】のサイトで予約で40%引きです。この日は割引適用で一人グラスワインと、シャンパンとコーヒーを入れて一人60ユーロくらいです。

コルシカ島の食材をふんだんに使った、ア・カズルナのシェフのメニューは、とにかく食材の味が豊かです。太陽をふんだんに浴びた料理と盛り付けを堪能してください(^^♪

レストラン

●名前 : A Casaluna
住所 :6, rue de Beaujolais 75001 Paris France
電話 :01 42 60 05 11


アラカルトで、前菜が15から、メインが22から、デザートが15ユーロから。

フルシェットで予約をすると、飲み物以外が4割引きになります。4割は大きいです。

シャンパンを注文すると、ちょっと高くなります。。。

最寄り駅 : メトロ : Palais Royal-Musée du Louvre 駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

サイト: http://acasaluna.com/

カイテン(パレ・ロワイヤル隣)

上でご紹介したレストランとは雰囲気も違う、カジュアルなレストランです。

値段も2割くらも違いますし、若者が多いですし、日曜日はブランチと言って、卵焼きやオレンジジュースやハム、デザートが食べ放題です。日曜日のブランチは盛況です(^^♪

この日は、友人と夕方待ち合わせて、ディナーでした。

魚とフライドポテト、野菜の盛り合わせです。

一皿でお腹いいっぱいになりました。

デザートは、パン・ぺルドゥにしました。

アイスクリームとパンがよくマッチしています(^^♪

グラスワインあります。

レストラン

●名前 : kaitleen
住所 : 7 rue des Petits Champs, 75001 Paris France

電話 :01 42 60 06 45

値段 は、メインがデザートで20ユーロくらいです。

最寄り駅 : メトロ : Palais Royal-Musée du Louvre駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: 9時~23時30分、 定休日なしです。

土・日にブランチがあります。(11<時~16時)

朝からカフェとして朝食(3ユーロ)もあります。

サイト : http://www.kaitleen.com/

ルイーズ・カフェ

ルイーズ・カフェはルーブル美術館とパレ・ロワイヤルの間にある、レストラン・カフェです。

オーナーが年配の女性で、家族経営で家庭的な雰囲気を漂わせているお店です。

メニューもコッコヴァンなど、フランスの伝統的な料理も出している、ツーリストで賑わうなか、独特なもてなしをしています。

この日は前菜なしで、メインを注文しました。

ジャガイモのピューレと鴨肉を合わせてオーブンで焼いたアシ・パルモンチエールです。

それから、メインのもう一品はコッコ・ヴァンです。鳥肉にはたっぷり脂身があり、ワインとじっくり煮込んであります。

そして、デザートは、こちらプロフィトールです。二人で食べれるようにスプーンを二つつけてくれました。

観光客が沢山くるレストランですが、内装が茶色で統一されていて、とても落ち着く空間です。(^^♪

レストラン

●名前 :Louise – Palais Royal
住所 :8, rue Croix des Petits Champs 75001 Paris France
電話 :01 42 60 22 44


お昼メニューがなくアラカルトで、前菜が11から、メインが15から、デザートが8ユーロから。

地下鉄最寄り駅 : Palais Royal-Musée du Louvre (1 番線)

定休日と営業時間: 9時30分~22時 定休日は日曜日。

サイト: ルイーズ・カフェ

またルイーズカフェのとなりに、カフェが並んでいます。

「Cafe Blancカフェ・ブラン」

値段設定はルイーズ・カフェと同じくらいです。

ルイーズカフェもラフルシェットで予約をしても、値段の割合はありませんので、立ち寄って、好きなほうに入ってもいいと思えるほど、どちらも感じがいいです(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

パレロワイヤル付近のレストランとカフェをご紹介しました。

パレロワイヤルや回廊になっており、回廊の中には庭もあり、ゆっくりと散歩ができます。

お天気がいい日は、音楽がミュージシャンが楽器を弾いていることもあります。

オペラ座にも近く、フランス銀行も近くです。食事の後も散歩を楽しんで下さい。

地中海料理というと、スペイン料理やイタリア料理をイメージしますが、ギリシャ料理もなかなかおすすめです。 トルコとギリシャ料理はお隣どう...
フランスへ旅行に行くのなら、美味しい料理を堪能してみたい、そして一度はミシュランの星付きレストランでゆっくりとワインを傾けて食べてみたいと思...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする