パリのオペラ周辺のイタリアンのレストラン5選!イタ飯は別腹で美味

わざわざパリでイタリアン?とも思いますが、美味しいイタリアンのレストランはパリに多いです。

オペラ座界隈は、日本人街だからイタリアンが多いというわけでもないですが、イタリアンが多いです。

パリのイタリアンはフランス人よりもイタリア人が多いです。そして日本人もいます。

この記事でご紹介するのは、オペラ座の周辺にあるツーリストも多く、それだけに激戦区で顧客を獲得しているレストランですので、味やレストランの雰囲気がいいです。

おしゃれ空間で、また家庭的な空間もありで、納得してお店を出るのは事実です。

そんなレストランご紹介します(^^♪

スポンサーリンク

オペラ座周辺のイタリアン・レストラン5店

イタリアンは、パスタももちろん本場で美味しいですが、オリーブオイルとパンからでてきます(^^♪

モリ・ヴニース

パリ証券取引所隣にある、老舗のイタリアンレストランです。

名前も「もり」さんで、まるで日本人のようですが、れっきとしたイタリア人オーナーです。

老舗というだけあり、店内はシックでおしゃれです。

店内は広く奥行きがあります。装飾品がところどころに置かれていて、イタリアンタッチを感じます。注文をすると、オリーブオイルとパンが運ばれてきます。

オリーブオイルが運ばれてくると、流石、地中海文化って思いますね。

この日は、イタリアの生ハムを前菜に頼みました。こんなお人形のハム飾りとは、流石、粋ですね!

【パルムの生ハム】

このハムは、マスタードの効いた果物のコンフィと食べます。うーん、これはフレンチにはないぞと、感心した管理人でした。

ワインはイタリアンにして、しばし、生ハムを堪能しました。

それから、メインに海鮮のスパゲッティです。

【魚介類のスパゲッティ】

また、イタリアの黒トリュフもあるということで、その場で黒トリュフを削ってくれました。

【スパゲッティのトリュフ添え】

この黒トリュフは、白トリュフが有名なアルバ産でした。美味しく香りが豊かです(^^♪

そして、デザートは、こちらミルフィーユです。

【ミルフィーユ】

生クリームが上質だとここまで美味しくできるのと思ってしまうほど、ミルフィーユは、クリームだけでも完成するものだと感心しました。

繊細なイタリアンです(^^♪

レストラン

●名前 : Mori Venice Bar
住所 :27 Rue Vivienne 75002 Paris France
電話 : 01 85 15 21 38


メニューがなくアラカルトで、前菜が28から、メインが36から、デザートが16ユーロから。

一人ワインを入れて70ユーロくらい。味は極めて繊細です。

地下鉄最寄り駅 : Bourse (3番線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時30分、夜19時~23時 定休日は日曜日と土曜日の昼。

サイト: モリ・ヴニース

イル・フィコ

オペラ座から歩いて10分のところにあるルーブル美術館とアカデミーフランセーズ隣にある、イタリア料理のイル・フィコです。

シェフはイタリアン人シェフで、ニコル・ピズさん。コルシカ島の南にあるサルデーニャの料理をメインに出しています。

店内は2階に分かれてあり、平日は近所に勤めている人から、観光客まで幅広い層が国籍を問わずおとずれています。

立地がよく、通りの奥まった場所にありますので、しっている人のみぞ知るレストランです。

入店すると、「ボンジョルノ」と、親切なサービスをしてもらって食べられます。

フランスパンはグルメのイタリア人やスペイン人からも美味しいと絶賛されますが、イタリアンのレストランでは、イタリアンにあったパンが出されます。

なんということもないのですが、パンを食べるとトマトが中に入れて焼いてあったり、やはり素材がイタリアンに合っています。

この日は、イタリアンのミネストローネにしました。冬の素材で、豆や緑黄色野菜などをトマト味で煮込んだものです。

【ミネストローネ】

前菜のもう一品は、アンチョビのブラタ添えです。

【アンチョビのブラタ添え】

なんとも、アンチョビがブラタに合うものとは予想もしませんが、完璧なマッチングです。

メインには、イカ墨のリゾットと、トマト風味マカロニの牛乳のリコタ添えにしました。

【イカすみのリゾット】

イカ墨の料理はフレンチではありえません。地中海のイタリアンかスペイン料理でのみ、食べられます。

日本でならイカ墨はありですが、こちらのピズさんの味付けはダシが良いです。

マカロニは、トマト風味で素朴なところに、リコタチーズをさりげなく添えています。

サルデーニャ島のイタリアンです。食材の味が豊かで、フレンチの飾り付けとは違い、一品は素朴に見えますが、納得の品です(^^♪

レストラン

●名前 : Il Fico
住所 :31, rue Coquillere 75001 Paris France
電話 : 01 44 82 55 23


メニューがなくアラカルトで、前菜が11から、メインが21から、デザートが9ユーロから。

一人ワインを入れて50ユーロくらい。味は本場のイタリアン。

地下鉄最寄り駅 : Pyramides  (14 番線)とPalais Royal-Musée du Louvre (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時30分、夜19時~23時 定休日は日曜日と月曜日の夜。

サイト: http://ilficoparis.com/

スポンサーリンク

ルル

ルーブル美術館の庭にある、レストラン「ルル」です。

広大なルーブル美術館を背景にテラスでも食事ができるようにしています。特に夏は観光客はテラスで食べます。

料理長はBenoît Dargère(ブノワ・ダルゲールさん)で、イタリア料理が前菜からゆっくりと楽しめるように、工夫をしています。

イタリアンの前菜といえば、オベルジン(ナス)ですが、トマトソースとパルメザンチーズをベースの上にナスを添えています。

【ナスのトマトソースのソテーのパルメザンチーズかげ】

イタリアンといいますと、生ハムが充実していますが、黒トリュフ入りのモルタデッラです。

【黒トリュフのモルタデッラ】

メインには、生のマグロのマリネのタリオリーニを選びました。

【生のマグロのマリネのタリオリーニ】

リコタチーズが中に入ったラヴィオリで、のえんどう豆のピューレを添えています。

【リコタチーズのラヴィオリのえんどう豆のピューレ添え】

デザートにはババ・オ・リュムのシャンティクリーム添えです。

【ババ・オ・リュムのシャンティクリーム添え】

アフォガート・ショコラカフェは、チョコレートとカカオの2重奏のアイスクリームです。

それにさらにチョコレートをかけて食べるデザートです。ナッツも沢山入っていて、アイスクリームに合います。

【アフォガート・ショコラカフェ】

予約は【ラ・フルシェット】のサイトか、直接ルルのサイトからでも予約ができます。

レストラン

●名前 : Loulou
住所 : 107 rue de Rivoli 75001 Paris
電話 : 01 42 60 41 96

最寄り駅 : メトロ : Louvre Rivoli  (1 番線)

定休日と営業時間: お昼12時~16時、夜19時~23時 定休日なしです。
一人ワインを入れて60ユーロくらい。景色は抜群です。
サイト : ルル

カサ・コサ

オペラ座の裏手にある、ギャラリーラファイエットの隣にあるレストランです。

オフィス街にあり、いかにもイタリアンなレストランで、ランチはすごい人気でお昼はあっという間に満席です。

お昼のランチメニューがお得です。

メインのパスタの種類(スパゲッティ、ニョッキなど)で値段が違います。

この日は、ブラタのチーズとトマトのサラダを前菜に選びました。

メインには、ニョッキにしました。

前菜の前に、オリーブオイルとパンが運ばれてきます。ワインを1杯注文しました。

また、スパゲッティをセットにしないで、アラカルトにするとボリューム満点です。1品でお腹一杯です。

レストラン

●名前 : Casa Cosa
住所  30, Rue Mogador, 75009 Paris, France
電話 : 01 45 26 08 23

ランチセットメニュー15.5ユーロ(アラカルトあり)
地下鉄最寄り駅 : Chaussée d’antin (7 番線)

定休日と営業時間: 営業時間 昼11:30~23:30 定休日なしです。

サイト : https://www.casacosa.fr/menus-carte/

ルーメン

イタリアンでは、異色の日本人がシェフのルーメンホテルのレストラン「ルーメン」です。

杉浦シェフはイタリアンに、フレンチを融合させて、和食材を組み合わせています。日本人シェフは、フレンチに中でも、関西系の薄口の感覚ですが、杉浦シェフのイタリアンは、トリュフありで、パスタもコクのある味付けです。

正面玄関ら入店したインテリアです。

ホテルのレストランで、場所が良く、ゆったりとした空間で食事ができます。

アミューズ・オン・ブシュのタラのクレモンティーヌ添えと、ホタテのいくら添えです。

前菜の、フォアグラのミ・キュイのテリーヌと、卵のイベリコ豚の包み揚げ、黒トリュフ添えです。パンは自家製で、あつあつででてきます。

手前が【フォアグラのテリーヌ】と上が【卵のイベリコ豚の包み揚げ、黒トリュフ添え】

黒トリュフは筋が綺麗に見える新鮮なのがわかります。

イセエビのパッケリと、ホロホロ鳥のタリオリーニです。パッケリの固さがバランス良く、イセエビの歯ごたえと上手くあっています。

【イセエビのパッケリ】

【ホロホロ鳥としめじ添えタリオリーニ】

その次に、メインの魚、肉がでてきます。

そして、デザートは、ガトーショコラと、柚子タルトのフレンチメレンゲ添えです。

この辺までくると芸術作品です。オレンジ、白、クリーム色が花びらを重ねたように置かれています。そして美味しいで~す(^^♪

レストラン

●名前 : Lumen
住所 : 15 Rue des Pyramides 75001 Paris
電話 : 01 42 60 71 38

アラカルト、または平日で2品で32ユーロ。夜で65ユーロでコースあります。

週末のお昼の48ユーロメニューはオススメです。

アラカルトは、前菜15ユーロ~ メイン20ユーロ~ デザート12ユーロ~、グラスワインが8ユーロ~。

地下鉄最寄り駅 : Pyramides (14 番線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

Facebook : https://www.facebook.com/Hotel.Lumen.Paris.Louvre/

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パリでならフレンチと思いますが、ボンジョルノなんて入店にいわれて、なんかハピーな気分になるイタリアンレストランです。

オペラ座付近には実際、イタリアン・レストランが多いです。

イタリアンには、郷土色のある食材が使われています。魚とチーズを合わせる、マスタードをコンフィ漬けにいれるなど、フレンチとは違います。

その分、少し高めですが、納得の味です。パリの散策と、オペラ座の見学もあわせてどうぞ。

ご参考になれば幸いです。

ボンナぺティ(^^♪

パリのレストランでエスキック料理を出すレストランが増えています。 いままではフランス料理が主流だったのが、今は世界中の食材がパリで手に...

ヴァンセーヌの森は有名で散歩に来ている人も多く、週末やバカンスの時は家族連れでいつも賑わっています。それに対し、すぐ隣にクレベルトという散策...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする