フランスのレストランで注文の仕方!メニューの流れとタイミング

スポンサーリンク

フランスのレストランで、フレンチを食べに行くとき、メニューの選び方をご紹介します。

メニューは長く、どれをどのように選んでいくのがいいのかわからないという場合、それに、高級なレストランなら、なにかと気を遣うことがあります。

テーブルに通されてから、一通りの順番が頭に入っていると、注文をするにも慌てなくてすみます。

そこでこの記事では、カジュアルなレストランも含め、レストランに入店してから、テーブルに座り、食前酒のタイミングなど、どのように注文をするのがいいのかをご説明します。

カフェと高級なレストランでの品数や、料理のシェアについても合わせてご説明します。

早速アペリティフからデザートまで、気後れしない注文の仕方を見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

レストランでのメニューの注文の仕方

レストランにも高級なレストランだと、テーブルに案内されるまで距離があります。入店してから、テーブルに着席し、それから「まずはビール」とはいがず、食前酒を注文となります。

どんなタイミングで注文するのかを見てみましょう。

食前酒を注文するタイミング

高級レストランなら、テーブルまで案内され、席につくときに、女性なら椅子をひいてくれます。

そして着席して暫くするとメニューの冊子を持ってきて、〚アペリティフ(食前酒)はいかがですか?〛と必ずと言っていいほど聞いてきます。

インターネットで、「その日のコースメニュー」を予約していても、ほとんどメニューをもってきて、アペリティフを飲むがどうかは必ず聞かれます。

アペリティフは、メニューが1万円で全部込でアペリティフが料金の中に入っていれば別ですが、入っていなければ別料金です。

【アペリティフ(食前酒)の選び方】

「今日は予算はばっちり!」という状態であれば、アペリティフを注文して飲みながら、何を注文するかを決めていきます。

アペリティフには、

  • キール      (kir)
  • キールロワイヤル (kir royal)
  • シャンパン    (champagne)
  • ムスー      (mousseux) 
  • ミュスカ     (muscat)
  • ソテルヌ     (sauternes)

などがあります。

キールは、白ワインにカシスをいれてピンクにしたワイン。

キールロワイヤルは、カシスを入れたピンクにしたシャンパン。

白のワインも白のシャンパンにカシスを入れたものが、〚キール〛と〚キールロワイヤル〛です。

シャンパンは、シャンパーニュ地方で作られた発泡酒です。他の地方で作られた発泡酒には〚ムスー〛や〚クレモン〛などがあります。値段はシャンパンがやはりお高めです。

ミュスカは、甘い白ワインの一種で、名前が似ている〚ムスカデ〛というナント地方に辛口のワインがありますが、別物です。

同じ甘口のワインのミュスカは、フルーティーなのに対して、ソテールヌはもっと重厚ですね。

下の写真は、アペリティフは、シャンパンのロゼです。

星付きレストランであれば、アペリティフには必ずと言っていいほど、「ミーズ・オン・ブシュ mise en bouche」と言って、前菜の前に出されるアペタイザーが出されます。

また、アペリティフは注文しなくても問題はありません。そのまま前菜を頼むのもOKです。アペリティフを注文しない場合は、〚アペリティフは飲みません〛といえばOKです。

サービス係の人が、いつメニューの注文を取りにくるかですが、アペリティフが決まって飲んでいる時にという場合もありますし、またアペリティフを注文していなければ、メニューの冊子を置いて、5分くらいしてから〚お決まりですか?〛と聞いてきたりと、その時のレストランの込み具合で違ってきます。

アペリティフが決まったところで、メニューを選んでいきます。星付きレストランのメニューをご紹介します。

スポンサーリンク

メニューの注文の仕方とコースの流れ

フランス料理店のレストランのコースは、

  • 食前酒(アペリティフ)
  • 前菜(アントレ)
  • メインディシュ
  • チーズ
  • デザート
  • コーヒー
  • 食後酒

というような順番になっています。品数はメニューの値段に応じ、値段が高くなると品数が多くなります。

全部で7項目にもなりますので、どのメニューにするかは、お腹の好き具合によります。

星付きレストランでも、お昼のランチメニューであれば、アペタイザーのミーズ・オン・ブシュと、3品という場合もあります。

「その日のメニュー」が決まっており、

  • 前菜(アントレ)
  • メインディシュ
  • デザート

これら3品のそれぞれが1種類だけのメニューにしている場合もあります。

もし「その日のメニュー」の中で食べられないものがあると、アラカルトで注文するかです。アラカルトで注文すると値段は倍位になりますので、メニューをみて慎重に決めましょう(^^♪

サービス係の人が、アペリティフを飲んでいる時に注文を取りにきたら、何にするか注文します。

アラカルトで色々注文したいけど、どういっていいのかわからないなどのときは、その日のメニューを注文すると便利です。

もし二人なら、「今日のメニューを二つにします」と言って注文をしていきます。

また、アラカルトのなかで、内容が不明であれば遠慮しないで聞きましょう。〚ゆっくり説明してください〛といっても失礼ではありません。今は英語ができるサービス係の人が増えました。

レストランではカフェと違い、1品だけ注文することはしません。

2人で、2品だけの注文としても、前菜とメインの2品とか、メインとデザートで2品という風に、同時進行し、お皿をシェアはしません。

その点はカフェなら、シェアはOkです。

ワインと水

ワインはアペリティフに次いで、食事の重要な要素です。

サービス係の人か、レストランによってはソムリエさんが、料理の注文を聞き終わって、〚お飲み物はどうされますか?〛ときいてきます。

ソムリエさんが、その日のメインディッシュに合うワインを薦めてくれます。

ただ飲み物(アペリティフやワイン)は高いです。ソムリエさんが良いワインを選んでくれるのは良いのですが、お値段をみて慎重にきめましょう(^^♪

注文するときに、値段で「○○ユーロ以下で注文したいです」と言えばその範囲で選んでくれますよ(^^♪

また、そんなに飲めないという方は、ワイン1本でなく、グラスで注文できます。

水は、ガス入り(ガズーズ)かガス無し(プラート)の2種類で、瓶で頼みます。カフェやブラッスリーでなら、水道水がはいっているカラフなら無料です。

前菜~、肉や魚の料理の名前や、デザートの名前はこちら↓にまとめています。

https://sakurakodesu.xyz/platsfrancais2/

テーブル・セッティングについて

フォークとナイフも以前なら、このくらいはてなにセッティングされていましたが、今は、1セットつづ運ばれてきます。

ですので、内側からか、外側から選ぶとか考えなくて良いのです。

このマラサンでも、一品づづにフォークとナイフが運ばれてきました。

もう一つの2つ星レストランの、「ル・グラム・ヴェフール」でも、それぞれにタイミングでフォークとナイフが運ばれてきています。

また、テーブルの横、女性がバッグをおけりような台が置いている場合もあります。

同じ星付きレストランでも、テーブルの横に何も置いてないこともあります。

または、小さめなバッグなら椅子と背中の間に置いてもいいです(^^♪

食事中のハプニング

もし、食事中にフォークやナイフを落としてしまえば、高級なレストランなら、すぐに代わりのものを持ってきてくれます。

ですので、自分で床に落ちてしまったものを拾う必要はありません。

また、大衆的なレストランなら、ウエーターさんを呼んでもすぐに持ってきてくれない場合がありますので、落としたのはそのままにして、隣のテーブルのフォークやナイフを取って、そのまま食事を続けるのがいいです(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高級なレストランだと、何気なく注文ができないと感じてしまいます。

レストランでもそれなりに旬を考えた色々な料理を考案しています。ですので、何にするのかは、食べたいものはなんなのかを前もって考えておくと、テーブルについても気後れしなくて済みます。

レストランへ食事に行くときは、ドレスコードも考えて準備して行くと、食事をしていても落ち着きますし、メニュー選びに集中ができて、会話も楽しめます。

レストランのサービスをしている人達も親切な人達が多いですし、わからなければ説明をきいて、どんなものが食べたいのかも伝えると、なるべく食べたいものを提案してくれるはずです。

また、フランスでは、注文をしたとき、料理が運ばれたとき、一々「メルシー ありがとう」と言います。

お店の従業員はサービスをしてくれますが、日本のように「お客様かしこまりました」的な態度はありません。

そこで日本人だから差別されていると思う必要はなく、日本でのサービス基準が世界レベルで違っていると思うのと傷つかないとおもいます(^^♪

パリ旅行の際に、せっかくならミシュランの星付きレストランでゆっくりとワインを傾けて食べてみたいと思うのではないでしょうか。 星付きレス...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする