パリのレストランでの服装は?店の格を考えたドレスコードご紹介

フレンチを食べに行くときに、フランスでしかもパリのレストランで食事となったとき、なにかと緊張したことはなかったでしょうか?

特にパリのレストランは、豪華絢爛な装いをしてるレストランもあります。

レストランの内装、サービス係の態度などに圧倒されそうな雰囲気もあります。

格調のあるレストラン、または庶民的なカフェとでは、お店の雰囲気はもちろん違いますが、客層の雰囲気は随分と違います。

そこでこの記事では、格調のあるレストラン~庶民的なカフェまで、格に応じた服装はどいうものなのかを、パリ在住者の視点からお伝えできればと思います。

また具体的な星付きレストランの様子も、画像を入れてご説明しますので、入店してからのテーブルに着くまでの様子がわかるようにしています。

レストランの種類に応じた、気後れしない服装と振る舞いを見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

レストランの種類に応じた服装

服装はどのレストランに行くかで考えるべきです。

レストランの種類

レストランもカジュアルなカフェやブラッスリーから、高級レストランまであります。

レストランは、

  • グランメゾン:星付きの格式のあるフランス料理店
  • レストラン:やや高級なフランス料理店
  • ビストロ:気楽なフランス料理店
  • カフェ・ブラッスリー:喫茶から軽めの食事までとれるお店

などに分けることができます。

最初のグランメゾンと言われているのは、正確には「グランドメゾン grandes maisons」といって、伝統や格式がある高級レストランのことです。星付きのレストランが代表的です。

それに対して、観光地にあるカフェ、ブラッスリーやビストロであれば、内装もカジュアルで入店しやすい雰囲気があります。

星付きレストランでは従業員の数も多く、サービスの質も違っています。

星付きレストランでの服装とバッグ

ミシュランガイドの3つ星レストランなどには、世界の富豪やハリウッドスターも頻繁に来ているレストランもあります。

洋服もそうですが、バッグや靴にもドレスコードも考えておくべきです。

とはいえ、今から20年前なら男性ならジャケットにネクタイ着用、女性ならドレスやワンピースを着用となっていましたが、いまフランスでは、はっきり決まった服装のコードはありません。

では正装をもうしないのかというと、決まった型がない代わりに、センスがいい恰好で食事に行く人が多くです。

これはレストランを利用する人の年齢が若くなっており、細身でセンスがいい人が行くというようになっているといえます。

パリのレストランで合う服装は、日本の雰囲気と違っています。

日本とフランスでは、可愛いさの表現が違っていて、パリジェンヌはどちらかたというと、働く女性や、キビキビしている服装の人が多いです。

蝶々などの飾りや、裾が広がっているタイプの服装はしていません。

このような、シンプルなワンピースなども良いですし、

このような、シンプルなものも良いです。

日本でなら、どちらかというと体型をかくした、スパッツなどにAラインのダブダブのワンピースドレスみないなのもありですが、パリだと細目のラインが多いです。

また、バッグはこの手の肩掛けタイプは避けるべきです。

【高級なレストランでの服装まとめ】

男性ならネクタイにジャケットでもいいですし、女性ならワンピースでも、スカートとジャケットやワンピースで、運動靴は避け、ヒールが無難です。またバッグは紐タイプのは避けたほうがいいです。

女性でミニスカートの場合もあるかと思いますが、座って膝にナプキンをかけますので、超ミニでもない限り大丈夫です。

大きすぎるバックで入店したら、バックは受付で現金は別にして預け、小さなバッグでテーブル席へ向かうというのもいいです。

洋服のチョイスができ、レストランに行く用意がバッチリとなりました。

では、グランドメゾンの星付きレストランの入店からテーブルまで様子をお伝えします。

星つきレストランの入店から

星付きレストランの星の数もある意味、3つから1つにと、ころころ変わっているのが実情です。

ミシュランガイドの星の基準が変わっても、やはり星付きレストランとなれば、内装が優雅です。

まずは、レストランへ入店してからの様子です。

【ドアを開けてかコートを預けるまで】

1つ星付きレストランでエレーヌ・ダローズさんの、レストラン「Marsan」の受付けの様子からご紹介します。

まず、ドアを開けて中に入るとサービス係の人が迎えに来ます。予約をしてあるかを聞かれて席まで通されます。このサービス係の人はどこのレストランでも男性でも女性でも、長身で綺麗な人が出てきます。

ここで威圧されないように、ぐぐっと気分を引き締めます!

サービス係の人から笑顔で挨拶されるので、「ボンジュール 仏語でこんにちは」、「ハロー 英語でこんにちは」といいましょう。

日本でお客さんの方から、挨拶はしない時もありですが、フランスでは何も言わないと礼儀が悪いと思われて、後でサービスが悪くなるかもしれません(^^♪

冬ならならコートを着ていますので、預かってもらうコートや荷物があれば、預けましょう。

そして、案内に従って、上に行きます。廊下からワインカーヴの様子が見えます。

階段を通り、2階席へ上がります。

こちらのマラサンはこの4月の改装されたばかりで、インテリアがおしゃれです。

では、星付きレストランではないレストランにでの服装について見てみましょう。

スポンサーリンク

星付きでないレストランでの服装

レストランの豪華さは、星の数で決まっていないのが現状で、それはシェフである経営者の営業方針です。

2つ星のレストランが3つ星のレストランより豪華であるというのはありますし、星つきでないビストロが星付きレストランより、おしゃれというのもあります。

星の数は、ミシュランガイドの一つの基準でしかありませんし、現在はそれ以外にもレストランの良しを評価している基準があります。

たとえば、3つ星シェフのピエルール・ガニェールさんの系列で、「ガヤ」は星がないビストロですが、内装やインテリアがおしゃれで、常連客さんもそれなりの人が来ているレストランです。

ピエール・ガニェールのビストロ【ガヤ】

ビストロスタイルでも、多少カジュアルになりますが、星付きレストランへいくのと同じような服装で行くのが無難です。

ブラッスリー【ガロパン】

このような、ブラッスリーやであれば、正装でなくてもいいですが、Tシャツやスニーカーでいくと、気まずい思いをしますので、少しシックにして行くのがいいです。

また、カジュアルなレストランや、カフェやブラッスリーであれば、

【カフェやブラッスリー】

  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • 運動靴
  • ショルダーバッグ

で行ってもいいですし、正装過ぎると、中で浮いてしまいます。

レストラン・マラサン

●名前 : Marsan par Hélène Darroze
住所 : 4, Rue d’Assas, 75006 Paris
電話 : 01 42 22 00 11
最寄り駅 : メトロ : Saint-Sulpice (4番線)
定休日と営業時間: お昼12時30分~14時、夜20時~22時 定休日は土・日曜日です。
お昼のランチ4品。75ユーロ~、プラス飲み物代、お昼も夜もアラカルトあります。

星の数が多くなれば服装は変わる?

前の章でご紹介したレストランは、マラサンという1つ星ですが、とても綺麗なレストランです。

レストランは立地や、内装で違いますので、同じ1つ星でも、手狭なレストランもありますし、マラサンはとても優雅な店内装飾で、2つ星にふさわしいレストランとも言えます。

別記事で、ミシュランの星付きのレストランを5店ご紹介していますが、星の数とレストランの内装レベルが比例しているわけではないのがわかるかと思います。

パリ旅行の際に、せっかくならミシュランの星付きレストランでゆっくりとワインを傾けて食べてみたいと思うのではないでしょうか。 星付きレス...

レストランの目玉はあくまでも食事です。

美味しい食事を提供する基準で、星が付与されていますが、食べに行くときに食事の内容だけでレストランを選ばないのも事実です。

そこは好みになりますし、せっかく行ったときに、食事を楽しめるご参考にして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

服装がその場に合ったものだと、食事をしていても落ち着きますし、メニュー選びに集中ができて、レストランの人とも会話も楽しめます。

一般的に私たち日本人は、レストランでもあまり話をしませんが、フランスではレストランでも沢山話しをして和やかな雰囲気です。

座った席の周りの人が、ずっと話しているのに、自分の席だけ静かだと逆に周りに気を遣ってしまいますので、行く前にいろいろ話題をさがしておくのもお薦めです。

これといってなにか法則があるわけではないですが、その土地の雰囲気というものがありますので、その場に合わせた態度で接するのが、気持ちよく食事をできる鍵と感じます。

ご参考になれば嬉しいです(^^♪

フランスのレストランで、フレンチを食べに行くとき、メニューの選び方をご紹介します。 メニューは長く、どれをどのように選んでいくのがいい...
パリのカフェ・ブラッスリーでシンプルに注文ができるように、メニューをまとめました。 ブラッスリーなら一品だけ、それもアントレだけ注文し...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする