パリのキャビア・レストランのおすすめはギャラリー・ラファイエット!

スポンサーリンク

せっかくならパリで食事をするなら、ちょっと贅沢をしてキャビアと考え、ではどこにしようと思えば、おすすめはやはり専門店です。

専門店なら、キャビアの種類も量も様々でお財布を気にしても選べてしまいます。

もちろん、ドーンと贅沢をしなくても、せっかくですのでシャンパンも一緒に飲むと、優雅なひと時を過ごせのるは間違いなしです。

キャビアは、チョウザメの卵の塩漬けで、独特な味わいがあります。

日本でなら、イクラや筋子、どびっこもありますが、どういう訳かキャビアは世界3大珍味で、イクラはそうではありません。

イクラが格が低いとかそんな意味ではなく、キャビアはやはり生産量が少ないので、珍味ということなのでしょう。

前置きはさておき、早速キャビアが美味しいパリの専門店をご紹介します。

スポンサーリンク

パリのキャビア専門店のキャビア・カスピア

キャビアの専門店のキャビア・カスピアをご紹介します。本店がマドレーヌに、そして、ギャラリー・ラファイエットのオスマン店にもあります。

食事もでき、お土産も買えます(^^♪

キャビア・カスピアのレストラン

キャビア・カスピアは、レストランができてから100年近くもあるキャビア専門店です。

創設者は、ロシア人移民のアルカディ・フィクソンさんで、食文化をパリに広めたいという思いでオープンしたということです。

キャビアといえばロシアです。食文化の発達しているパリであるれば、需要があります。

レストラン本店は、マドレーヌ広場にあり、1階にブティック(キャビアなどの販売店舗)、2階にレストランがあります。

そしてギャラリー・ラファイエットの1階に、キャビア・カスピアの専門バーがあります。

【キャビア・カスピアのバー】
 

ギャラリー・ラファイエット、オスマン店のモード館本店の1階にあります。

ギャラリー・ラファイエットですので、バーと言っても高級感があります。

照明も明るく、店内が綺麗です。

テーブル席と、カウンター席があり、席は自由に選べます。

キャビアは3種あり、

  • キャビア・オシェトラ・リザーブ
  • キャビア・ロイヤルベルーガ
  • キャビア・バエリ

があります。

お薦めは、キャビア・バエリ(CAVIAR BAERI)です。

〈キャビア・バエリ〉
ロシアのチョウザメをフランス、イタリア、ブルガリアで養殖しています。かなり暗い色で、味は繊細でコクがありマイルド。ヘーゼルナッツのような風味があります。

このバリエのキャビアはシャンパンとセットになっています。

キャビアは10グラムで、ビニと生クリーム(下の段)がついてきます。

レモンもプレスができるように、ビニに生クリームとキャビアを乗せ、レモンもふりかけると、「美味しい~」です。

ビニは5つのみで、10グラムですので、お腹が一杯になるというものでないです。

シャンパンも一緒にのむと、とても贅沢な一瞬です。

キャビア以外では、海産物のサラダや、卵料理もあります。

サラダには、ブリオッシュがついてきます。

その他には、デザートが充実していて、ショーケースを見にいって、そこで選べます。

このバーの食材は新鮮で、素材が良いので、デザートも美味しいです。

レストラン

●キャビア・カスピアのバー、ギャラリー・ラファイエット本館1階

キャビアは10グラムから、シャンパンとセットで39ユーロ。
サラダ、デザートセットは20ユーロくらい。

住所:40, Boulevard Haussmann, 75009 Paris
●キャビアカスピアの本店
住所:17, Place De La Madeleine, 75008 Paris

ホームページサイト https://www.caviarkaspia.com/

ペトロシアンのレストラン

もう一つのキャビア専門店のペトロシアンです。
こちらの、ペトロシアンはアルメニア人の兄弟が1920年にパリ7区にオープンした名店です。

先ほどのキャビア・カスピアはキャビアをメインしていますが、こちらのペトロシアンの、メインは魚です。

シャケのマリネなどを幅広く扱っています。

現在は、すでにパリ市内に5カ所があります。その一つがギャラリー・ラファイエットのグルメ館にあります。

【ペトロシアン】

ペトロシアンはギャラリー・ラファイエットのグルメ館に入り、すぐ右手にあります。

テーブル席とカウンター席があります。

こちらのカウンター席の反対にはテーブルがあり、一人でも座ってもOKです。

キャビアの料理は品数が少なく、クロックムッシューのみです。

クロックムッシューは、通常はカフェなら12ユーロくらいですが、こちらのは、39ユーロです。(^^♪

高いな~と思いましたが、食べてみました。

高いのは高かったのですが、キャビアがペーストになっていて、パンの固さも良く、ふわっとした食感でした。

ちょっと高かったので、シャンパンはよして、白ワインにしました。

レストラン

●名前 : Petrossian(ペトロシアン)

Galerie Lafayette – Groumet
35 boulevard Haussmann
75009 Paris

スモークサーモン入りタルタルソースを塗ったペトロシアン風ミニパンケーキ、
イクラをのせたペトロシアン風ミニパンケーキ
ピロシキなどあります。

サイト : ギャラリーラファイエット グルメ館レストラン

最寄り駅 : メトロ : Chaussée d’Antin 駅 (7号線)

定休日と営業時間: 毎日11時半から19時半まで。

スポンサーリンク

まとめ

パリでキャビアが美味しいレストランをまとめました。

キャビアは世界3大珍味の中でも、一番割高ですが、その分美味しいです。

美味しく感じるのは、その場の雰囲気もあります。

本店でももちろん食事はできますが、ギャラリー・ラファイエットなら、バー形式で一人でも行けて楽しめます。

お昼に一人で来ている人も見かけますし、ゆっくりと自分だけの時間を持つといういみでは、シャンパンも飲んで、優雅なひと時が過ごせるのではないでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

パリ旅行の際に、せっかくならミシュランの星付きレストランでゆっくりとワインを傾けて食べてみたいと思うのではないでしょうか。 星付きレス...
パリ12区にあるベルシーヴィラージュは、倉庫跡を改築して作られたショッピングモールです。 近くにはベルシーの名前で知られる財務省やコン...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする