フランスの大臣の職業生命期間はどのくらい?!失業したらどうする?

スポンサーリンク

オランド大統領の不人気は別記事で書きましたが、

オランド前大統領の不人気と支持率の低下に関して、別記事でも記載してありますが、 任期中の5年にできた造語で、 マトラシュ...

でも、彼の当選する前の、選挙で約束したことで、やり遂げたことの一つに、

任期の兼務禁止というのがありました。

早い話、議員さんに市長を兼務できなくして、議員職に専心するようになるようにという思いです。国会って期間中も空席が多いですよね。。。

スポンサーリンク

任期の兼務ができない役職、市議会議長や市長。

この国会議員さん達が兼務できなくなるという職は、市長や、市議会の議長等で、いわゆる執行職です。法案につぃては、反対意見もありました。国会議員さん達にしてみれば、兼務できなくなるとそれだけ収入も減りますし、表向きの法案の反対意見は、市議会議長や市長として、その市町村の実態を国会議員として国政に反映させることができるのが、できなくなって国政の損失だということでした。。。

しかし、オランド氏の社会党が国会で多数で、2014人に法案がとおりました。実行は今年2017年からです。

フランスの大統領の任期いまは5年です。そして、国会議員(下院)の任期も5年です。下院議員数は577人で、その三分の一が、これら市長を兼務していたということでしたが、この6月の下院選挙では、兼務していた議員さん達は考えたはずです。そのまま市長で再選されることを祈って、議員にはもう立候補をしないか。。。。

兼務していた議員数は約170人ということですので、その分、新し議員さんが国会に入れてたことになります。ないしは、新しい市長が。失業率を減らすまではいかなくても、健全化されましたね。

国会議員が市長を兼務できないなら、大臣職は???

そうですよね、議員さん達がダブル収入を減らして、議員職に専念するというのであれば、大臣も市長をやめて、大臣職に専念すべきって考えますよね。

でも大臣職の任期期間は案外短くて、汚職とか、いろいろで。。。。平均して14か月くらいということです。なので、市長職を辞めてもし大臣になっても、辞職となったら後がないので、市長職は辞めたくない。。。。ですよね。。。

ただ、今は大臣の任期兼務は法律で禁止となってはいません。しかし、大統領となったマクロン氏は、大臣も兼務は禁止するとの要請をしました。

それで、総理大臣になった、フィリップ総理は、ルアーブルの市長を辞めて、総理となりました。

法務大臣のベロー氏、市長職へ返り咲き、失業免れ。。

このベロー氏は、マクロン氏を当選へと導いた大きな人物でしたが、架空職の公金横領容疑で、特に、法務大臣ということもあり、当選に貢献したにもかかわらず、ひと月で大臣辞任となりました。

でも、彼の場合は、市長をまだ辞めていなかったので、ぎりぎりでしたが、市長職というもとのさやに納まることができた、ラッキーな人物でした。(ラッキーではないですが、、、)。

かくして、いまマクロン政権は、健全化を図っています。

今日の単語

un mandat                                            (任期)

l’interdiction de cumule de mandats         (任期兼任の禁止)

la fin du député-maire                            ( 議員市長の終焉)

une promesse de campagne de François Hollande ( フランソワオランドの選挙公約の一つ)

la loi n’interdit pas à un ministre de conserver son mandat de maire.( 法律では大臣が市長職をキープすることを禁止していない)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする