文化遺産の日2018年9月15日16日 パリ10区と11区 Fサガンメディアライブラリー他

スポンサーリンク

ヨーロッパ文化遺産の日は9月15日と16日。普段入館できない建造物もこの週末は入館できます。

パリの10区と11区の入館可能な建造物をご紹介します。

スポンサーリンク

パリ10区の歴史建造物

    •Médiathèque Françoise-Sagan (フランソワーズサガンのメディアライブラリー)

フランソワーズサガンといえば日本でも一世を風靡した女性作家ですが、サガン氏のメディアライブラリーで、ガイド付き見学が行われます。

ガイド付き案内と講演がありますが、ネット予約ではなく、電話での申し込みとなります。

日時 9月15日 : 14時 から 15時。

場所    8, rue Léon-Schwartzenberg 10ème, Paris, 75010

連絡はお電話で  : 01 53 24 69 70

  •Bourse du Travail(勤労取引所 )

労働組合の歴史が資料として保存されています。建物の大広間が荘厳なようです。

日時 9月15日 と16日: 時から 16時30分 まで

場所    3 rue du Château-d’Eau, Paris, 75010


  

• Atelier Hylé – Conservation-restauration des biens culturels(文化遺産の修復のアトリエ )

日時 9月14日 と15日: 11時、14時、16時から(1時間半)

場所   33 rue du Faubourg-du-Temple 75010 Paris

申込の連絡先 :

電話(01 71 20 64 21)

メール[contact@atelier-hyle.com](http://mailto:contact@atelier-hyle.com)

パリ11区の歴史建造物

    •Grande Loge Féminine de France (フランスフリーメーソングランロ―ジュ女性部)

フリーメーソンは、

9区のグランドオリオン、

17区のグランロ―ジュ、

13区の男女ミックスのフリーメーソンと、

11区の女性のみのフリーメーソン グランロ―ジュとなっています。

こちらのフリーメーソンは、シャローンに広がる修道院形式の建物で、起源が1646年となっています。働く現代女性がどのように、フリーメーソンと関わりをもっているのかをしるのに、質問をするいい機会なのではないでしょうか。

日時 16日 : 時半から 17時半 となっています。

場所    4 Cité du Couvent, Paris, 75011

10区と11区のお薦めの建造物です。

CNAM(クナム)Conservatoire national des arts et métiersは再就職のためにも専門職をいかした学位を取得できる国立の大学です。講義はお昼にもありますが、働きながら学位を取り直すために、夜も講義を開いています。勿論、外国人でも最初の書類審査にとおればいけますし、なにより、低額の予算で、一流の講師が講義をしているのが、いかにもフランスですね。
ヨーロッパ文化遺産の日は9月15日と16日。普段入館できない建造物もこの週末は入館できます。 パリの1区の入館可能な記念物をご紹介しま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする