フランス文化遺産の日2018年9月15日と16日 パリ17区フリーメーソン

スポンサーリンク

ヨーロッパ文化遺産の日は9月15日と16日。普段入館できない建造物もこの週末は入館できます。

パリの17区の入館可能な建造物をご紹介します。

スポンサーリンク

パリ17区の文化遺産記念建造物、ランセルのアトリエ他

ランセルのアトリエですが、今年も去年に引き続き見学ができます。1876年の創設から現在までのコレクションほか、製造工程も見学できます。17区西側はシックな場所ですので、その邸宅としても見学は見ものですね。 

  •  Maison Lancel(メゾン ランセル)

日時 9月15日と16日 : 10時 から 18時

場所    50 rue Ampère, Paris, 75017

見学は約40分、申し込みは4名まで、お名前と住所と人数と希望時間を記して、メールで

Contact :journeesdupatrimoine@lancel.fr

まで、お申し込み下さい。

  • Grande Loge de France (フランスフリーメースン、グランロ―ジュ)

こちら9区のグランオリオンの対抗馬、グランロ―ジュです。グランオリオンと同じくメンバーはフランス政界にも影響を及ぼしているといわれ実際に閣僚のなかにも在籍者がいるほど、その存在は謎めいています。

日時 9月15日 : 10時 から 17時。 16日: 11時 から 17時、

場所    8 rue Puteaux, Paris, 75017

ガイド付き解説がありますが、予約なしでokです。

  • Musée national Jean-Jacques-Henner (ジャンジャックエネー国立美術館)

17区でもとらわけゴージャスなもんそー公園に近い国立美術館です。20世記はじめにフランスで一番重要な一人といわれた画家ジャンジャックエネー(1829-1905)の所持品が展示されています。

日時 9月15日と16日 : 15時 から 16時

場所    43, avenue de Villiers, Paris, 75017

両日英語のガイド付き解説がありますが、予約なしで見学できます。

英語での解説というのもフランスでは珍しいですので、英語の方が得意という方にはうってつけですね(^^♪

また16日には、5歳以上の子供なら参加できる、「マスク」作りのアトリエがあります。


17区のお薦めの建造物は以上です。

ヨーロッパ文化遺産の日は9月15日と16日。普段入館できない建造物もこの週末は入館できます。 パリの6区の入館可能な建造物をご紹介しま...
超名門のアンリ4高校、ポリテクニック行きを確保する高校であまりにも有名です。 日本も同じですが、このアンリ4に入るがために、中学からこの5区に子息を住まわせて アンリ4に通わせる親御さんもいます。成績がよければこの高校には入れません。 こちらの高校は、Abbaye大修道院長が統括する修道院、教会や修道者の居住区域様式となっています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする