文化遺産の日2019年9月21日と22日 パリ3区と4区

ヨーロッパ文化遺産の日は9月21日と22日。

普段入館できない建造物もこの週末は入館できます。

パリの3区と4区の2019年に入館可能な建造物をご紹介します。

スポンサーリンク

パリ3区の文化遺産記念建造物

パリの3区はいかにもパリらしい区です。アーティストが来たくなるような雰囲気があります。

これもこの「欧州の文化遺産の日」を始めた当時のジャック・ラング文化大臣が、このマレ地区を刷新したのが始まりです。それまでは汚かったそうです。

ジャック・ラングさんは社会党所属ですので、当時はミッテラン大統領の文化大臣として、予算もたっぷり使って、この文化遺産の日を欧州レベルまでもっていきました。

今でも人気のある旧大臣です。

マレ地区は、ゲイも沢山くるという『粋』な地区です。このカルナヴァレ美術館の散策は、もし言葉がわからなくても、マレ地区を散策できるいい機会ではないでしょうか。

   ● Musée Carnavalet(カルナヴァレ美術館)

日時 9月21日、22日 : 10時~  12時30

場所   23 rue de Sévigné 75003 Paris

カルナヴァレ美術館が行うガイド付きパリの散策です。

セヴィニエ侯爵夫人の足跡をマレ地区で探る他です。

メールで申し込んでください。

carnavalet.actionculturelle@paris.fr

  • ホテル・マルル、スエーデン館(Hôtel de Marle – Institut suédois )

住所 : 11 rue Payenne 75003 Paris

日時 : 9月21日と22日両日

スエーデン独特の建築物の特徴をこのホテル・マルルを通じて見学できます。

ピカソ美術館にも近いです。

パブロ・ピカソの膨大な作品が展示されている、ピカソ美術館があるのはパリのマレ地区です。 ピカソ美術館の近所にはポンピドゥーセンターやカ...

パリ4区の文化遺産記念建造物、ヴィクトルユーゴの館

ラミゼラブルの著者のヴィクトル・ユーゴの館はヴォ―ジュ広場の中にあります。

  • Maison de Victor Hugo (ヴィクトルユーゴの館)

2019年 改装工事の為閉鎖されています。

場所    6 place des Vosges, Paris, 75004

  • Brasserie Bofinger (ボファンジェーレストラン)

リオン駅のトランブルーと同じくレトロなボファンジェーのレストランです。

お昼と夜の営業時間の合間に見学できます。

日時 9月21日 と22日: 9時 から 11時と 16時 から 18時、

場所    5-7, rue de la Bastille 4ème, Paris, 75004

  • Mémorial de la Shoah (ユダヤ人虐殺記念館)

マレ地区にあるこのユダヤ人記念館です。

日時 9月21日と22日 : 10時~ 18時

場所    17 rue Geoffroy-l’Asnier, Paris, 75004

  • Palais du tribunal de commerce de Paris (パリ商業裁判所)

法務省管轄下の商業裁判所で、企業の登記から決算書の届け出、商業裁判まで管轄。

日時 9月15日と16日 : 10時から 17時30まで。

場所    1, quai de Corse 4ème, Paris, 75004

予約は不要となっています。

  • Garde républicaine (ガルド・レピュブリケンヌ)

革命記念日パレードでおなじみの大統領護衛隊の馬舎が見学できます。中は広い敷地で、馬の様子が見れます。

年に何度が町中を行進しています。

日時 9月21日と22日 : 10時から 18時

場所   18 boulevard Henri-IV 75004 Paris


3区と4区のお薦め建造物は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする