フランス観光文化遺産の日2019年9月21日と22日 パリ12区と13区

ヨーロッパ文化遺産の日は9月21日と22日。普段入館できない建造物もこの週末は入館できます。

12区には東端にヴァンセーヌ森や動物園、ベルシー公園、財務省、

また13区にはチャイナタウンがあります。

パリの12区と13区の入館可能な建造物をご紹介します。

スポンサーリンク

パリ12区の文化遺産記念建造物、経済財務省

こちらの財務省ははベルシーという名でおなじみですが、この分化遺産の日でも長打の列に並ばなくても、ほぼ待ち時間なしで入館できる可能性が高いです。

   ●Bercy – Ministères économiques et financiers(ベルシー、経済 財務省)

建物の入り口には、ロボットが受付になっているということ、今年は財務省設立30周年記念としての展示物があるということです。

日時 9月21日: 14時から18時まで と22日まで : 10時 から 18時

場所    139, rue de Bercy 12ème, Paris, 75012


   

 •Pavillons de Bercy – Musée des Arts Forains; (ベルシーヴィラージュ)

ベルシーヴィラージュにあるサーカスにまつわる美術館です。
この2日は入場は無料。無料で乗れるのりものもあるということです。

日時 9月21日と22日 : 10時 ~18時

場所    53 avenue des Terroirs-de-France 75012 Paris

ホームページ http://arts-forains.com/visite-grand-public

シネマテークについてはこちらの記事をどうぞ↓

パリ12区にあるベルシーヴィラージュは、倉庫跡を改築して作られたショッピングモールです。 近くにはベルシーの名前で知られる財務省やコン...

 •Palais de la Porte Dorée(ポルト・ドレの移民歴史博物館)

ヴァンセーヌの森の隣に位置するほとんど東に位置する、ポルトドレの移民の歴史の美術館には、地下には水族館もあり、珍しいワニもあります。

日時 9月21日 と22日: 10時 ~ 18時

場所    293 avenue Daumesnil, Paris, 75012

パリのレストランをどこにしようと迷っている方におすすめレストランです(^^♪ レストラン名は Le Swann「スワン」で、場所はヴァ...

パリ13区の文化遺産記念建造物

 • Château de la Reine-Blanche (シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ・ブランシュ)

ゴブラン織り美術館の裏側にあるルネサンス様式の最古の建物で、改築工事も済み、内部にある14メートルの高さを誇る階段がみものです。

日時 9月21日:13時30~17時30、 22日 : 10時 ~12時と、14時~17時30.

場所 4 rue Gustave-Geffroy 75013 Paris

  •Fédération française de l’ordre maçonnique mixte international « Le Droit Humain » (フランスフリーメーソン 男女混合)

9区のグランドオリオンと17区のグランロ―ジュは男性のみの組織ですが(正確にいうと、いくつかのロ―ジュではすでに、女性の入会を受け入れています)、こちらの13区のフリーメーソンは男女ミックスです。

約1時間半のガイド付き案内がありますが、予約なしです。

日時 今年は開放されていません。

場所    9, rue Pinel 13ème, Paris, 75013

12区と13区のお薦めの建造物は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする