パリで日曜日に営業のレストラン10選!有名シェフのセカンド店もご紹介

スポンサーリンク

パリで日曜日に食事となると閉まっているところが多いです。

基本的にシェフは週休二日制ですし、日曜日と月曜日が休みというところが多いです。

ですので日曜日に開いているところは、メインのシェフがお休みで、交代で勤務している人が行っているところです。

観光地にあるレストランでは、土日関係なく開けていますが、星付きレストランは日曜日は諦めないといけません。

しかし、星付きのシェフがメニューのコーディネートをして、セカンドのシェフが切り盛りしているというのもあります。

そんなフレンチシェフのレストランご紹介します(^^♪

スポンサーリンク

パリの日曜日に開いているレストラン10選

二つ星のシェフのティエリー・マルクスさんが、パリの北駅にブラッスリーをオープンしたというので、行ってきました。と言ってもオープンは少し前ですが。

エトワール・ドゥ・ノール(T・マルクス)

エトワール・ドゥ・ノールは、パリの北駅構内にあります。

マルクスさんが名前を出してシェフとしてメニューに参加しているのは、プランタンデパートの、デゥボアとタイアップして出店していますが、こちらは広々としたしたスペースにあるブラッスリーです。

値段もお手頃におさえて、メニューは27ユーロからあります。

メニューは、その日の前菜が1種類と、メインが2種類あります。

アラカルトで、ハムの盛り合わせを選びました。


マルクスさんの日本びいきはすごいものがありますが、こちらはきんぴらにも見えますが、大根とニンジンのきんぴらの、巻き寿司です。

メインは、鴨のべトラーブのピューレ添えです。

コースだと、2品で27ユーロでお得ですが、アラカルトは結構高くなりますので、注意してください。

ワインはグラス1杯から選べます。

レストラン

●名前 :L’Etoile du Nord par Thierry Marx
住所 :18 Rue de Dunkerque 75010 Paris France,
電話 :01 40 36 54 36

値段 : メニューは平日お昼に2品で24ユーロ。
アラカルトで、前菜が12から、メインが21から、デザートが10ユーロから。

日曜日はブランチがあり、22ユーロです。

最寄り駅 : メトロ : Gare du Nord 駅 (4と5 番線)

定休日と営業時間: 朝食は朝の6時から。お昼11時30~夜22時 ノンストップ。

サイト :https://www.letoiledunord.fr/

次はアラン・デゥカスのレストランです。

シャンポー(アラン・デゥカス)

三つ星レストランのアラン・ドゥカスが経営傘下にある、レ・アールにオープンしたレストランです。

店内は明るく、レ・アールにあることからか、広々としたとした雰囲気のなか食事ができます。

この日は、前菜にウフマヨネーズのミモザを注文しました。

ランチメニューを注文したのですが、メインは、リゾットのトリュフかけです。

リゾットにはチームとトリュフが振ってあります。

リゾットにかかっていて、良いトリュフは、ブリーズで味が芳醇です(^^♪

デザートにはにチーズケーキを選びました。

グラスワインでブルゴーニュワインにしました。

パンは自家製パンで美味しくてお替りをしました。

予約は【ラ・フルシェット】のサイトをとおすと、決まっているメニューで33ユーロでした。

レストラン

●名前 : Champeaux
住所 :12 passage de la Canopée 75001 Paris France
電話 :01 53 45 84 50

最寄り駅 : メトロ : Les Halles駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~0時、 定休日なし、金曜日と土曜日は夜中1時まで。

サイト: https://www.restaurant-champeaux.com/fr/

シェ・マミー(シリル・リニャックのパティシエ店隣)

こちらのカフェ・レストランには、シリル・リニャックさんのレストランに行った際にみつけた、カフェで期待しないで入店したら、料理が美味しかったので、ご紹介します。

店内は、レトロな色調で、近所の老若男女が食事に来ています。気さくな若い店長が、常連さんと話しています。

厨房はすぐ隣で、テーブル席からコックさんが見えます。

週末で、割引もなかったので、ワインとメインだけを注文しました。

メインには、

【牛肉の香草添え】

【マスのキャロットのピューレ添え】

カフェとは言え、レストランに匹敵する味です。

隣がシリル・リニャックさんのパティシエ店がありますので、デザートはそちらで食べるのも良いですね。

レストラン

●名前 : Chez Mamy
住所 : 3, Rue Jules Vallès, 75011 Paris France

電話 :01 43 48 74 68

値段 : メニューは平日お昼に2品で14,5ユーロ。

アラカルトで、前菜が12から、メインが20から、デザートが9ユーロから。

最寄り駅 : メトロ :Charonne  駅 (9 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

カフェですので、朝10時から夜中まで開いています(^^♪

サイト : https://www.chezmamy-restaurant.fr/

スポンサーリンク

ブラスリ・バルザール

ソルボンヌ大学のある5区にあるブラスリーです。

5区で場所柄も良く、店内もこ奇麗です。ソルボンヌが隣にあることもあり、いつもお客さんがきています。

ブラッスリーで、朝からよる遅くまで開いています。

【シャトーブリアンのステーキ、べアルネーズソース】

店内の感じが良く、場所が良いブラッスリーということもあり、値段が割高かなと思います。食事ではなくても、お茶だけによってもいいと思います。

アラカルトで注文します。

ワインはグラス1杯から選べます。

レストラン

●名前 :Brasserie Balzar
住所 :49 rue des Ecoles, 75005 Paris, France
電話 :06 89 23 24 62


アラカルトで、前菜が7ユーロ~、メインが21~、デザートが12ユーロ~。

最寄り駅 : メトロ : Odéon 駅 (4番線)

定休日と営業時間: 朝食は朝の8時30分~夜22時30分までノンストップ。定休日なし

サイト :https://brasseriebalzar.com/

オ・プティ・マルギュリイ

13区あるゴブラン織りのタペストリー館のすぐ隣にあるブラッスリーです。

シックで年配の常連が多いレストランです。

セットメニューがあります。メイン料理とデザートにしました。

牛肉の赤ワインソースのパースニップのムスリムペースト添えです。

【牛肉の赤ワインソースのパースニップのムスリムペースト添え】

そして、デザートはレストランの目玉品のスフレにしました。淡白で美味しい(^^♪

グラスワインも6ユーロからあります。お昼のコースはお得です(^^♪

レストラン

●名前 :Au Petit Marguery
住所 : 9, BD Port Royal, 75013 Paris France

電話 :01 43 31 58 59

アラカルトで、前菜が9から、メインが19から、デザートが9ユーロから。

サイト : https://petitmarguery-rivegauche.com/

最寄り駅 : メトロ : Goblin 駅 (8番線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時15分~22時 定休日は土曜日。

ル・レミネ

ノートルダム寺院からセーヌ川を渡ってすぐのところにあるレストランです。観光客も多いですが、常連客も多いのがこちらのレストランの特徴です。

店内は1階席と地下があります。家庭的な雰囲気で、ウエイターさんが親切です。

メニューもありますが、フルシェットの割引を使ってアラカルトで注文するのがお得です。

前菜の野菜のムースかけで、カボチャは北海道さんです。

【野菜のムースかけ】

メインは豚肉の赤ワインソース添えです。コション・ドゥ・レの赤ワインソースかけです。コシン・ドゥ・レは生後まもない子豚です。

【豚肉の赤ワインソースかけ】

デザートにはアイスクリームを注文しました。チョコレートにはプラリネも使うなど、一つ一つの素材に凝っているのが感じられます。

【チョコレート・コーンのアイスクリーム載せ】

ラ・フルシェットのサイトで予約すると割引適用になります。

レストラン

●名前 :Le Reminet
住所 :3, rue des Grands Degrés 75005 Paris France
電話 :01 44 07 04 24

アラカルトで、前菜が9から、メインが19から、デザートが9ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Hotel de Ville 駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

サイト: LE REMINET

スポンサーリンク

ラージュ・ドール

13区のプラス・ドゥ・イタリーにある、若者が多いカジュアルなレストランカフェです。

中は学校の勉強机を思い出させる雰囲気で、奥まですすむと実際に勉強している学生がいます。近所には大学がありますので、学生が多いです。

とは言っても、ちゃんとしたレストランです。

【サーモンのソテー】

【仔牛の赤ワインソース】

デザートは、

【カフェグルモンとマーブルケーキ】

お昼のセットが2品で19ユーロです。(^^♪

また、日曜日のお昼はブランチのみで、夜は通常のメニューです。

フルシェッとで予約すると2割です。

レストラン

●名前 : L’Age d’Or
住所 : 26, rue du Docteur Magnan 75013 Paris France

電話 :01 45 85 10 58

フェイスブック :https://www.facebook.com/lagedorparis/

最寄り駅 : メトロ : Tolbiac 駅 (7番線)

定休日と営業時間: お昼12時~15時、夜19時分~23時(土曜日のお昼は休み)

キッチン&バー(フリュクチュア)

セーヌ川のシテ島にあるレストランのキッチン&バーです。この5月にできたところです。名前が、セーヌ川の反対側がフルクチュアになっています。

店内は改造済みで明るくおしゃれな作りで、すでに常連客さんがきています。

お昼のメニューがお得です。

メインには、子羊のタイム風味にキャッサバのピュレ添えにしました。

そしてデザートには、ヤギチーズのパンナコッタで~す(^^♪


お薦め度強の若いシェフのレストランです。

お昼のメニューがお得です。

レストラン

●名前 : Kitchen and Bar (Fluctuat)
住所 :74 Quai des Orfèvres 75001 Paris France
電話 :09 87 09 79 04

アラカルトで、前菜が8から、メインが10から、デザートが6ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Cité 駅 (4 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時30分、夜19時~22時 定休日なし。

ル・スワン

ル・スワンはヴァンセンヌの森から歩いて5分のところにあるレストランです。

最初の「ミーズ・オン・ブーシュ」にタップナードとアペリティフがついてコースになったメニューがお得です。

アントレのおすすめは、フォアグラのポワレ。

【フォアグラのポワレ】

【スモークサーモンの焼きブリック添え】

メインには、

【マグレ・ドゥ・カナール】

【スリ・ダ・アニョー 仔羊の脛肉のソテー 】

デザートは、

【ババオラム】

【ミルフィーユ】

コースにはさらに、ハーフボトルのワインとコーヒーがつきます。

お昼のコースが42ユーロです。(^^♪

レストラン

●名前 : Le Swann
住所 : 271, avenue Daumesnil 75012 Paris France

電話 :01 43 43 94 41

サイト : https://restaurantswann.fr/

最寄り駅 : メトロ : Porte Dorée 駅 (8番線)

定休日と営業時間: お昼12時30分~14時、夜19時30分~22時

ル・レストラン(名前がレストランというレストラン)

パリの18区にあるムーランルージュから歩いて5分のところにあるレストランでその名も「ル・レストラン」です。

今ブレークしている場所で、週末はお昼も営業しています。

素材が良く、サービスも良いので常連さんが多いです。

前菜には、トマトのコンフィのパルメザンチーズ添えです(^^♪

【トマトのコンフィ】

メインには、マデラソースのチキンです(^^♪

【マデラソースのチキン】

デザートにはクレームアングレーズ添えを選びました。

【チョコレートのホットタルトのクレームアングレーズ添え】

予約は【ラ・フルシェット】のサイトで予約すると割引適用になりますよ。この日は割引適用で一人35ユーロくらいです。
レストランのサイトで、予約の仕方はこちらです。↓

フランスでレストラン予約をするなら、なんといっても「ラ・フルシェット」が便利です。 さあ今日は外食だと決めて、予約なしで出かけたて、記...
レストラン

●名前 :Le Restaurant
住所 :32 Rue Véron 75018 Paris France
電話 : 01 42 23 06 22

値段 : 【前菜とメイン】、【メインとデザート】が24.5ユーロ

アラカルトで、前菜が9から、メインが19から、デザートが9ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Abbesses 駅 (12 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時30分~14時(金~日曜日)、夜18時~23時

サイト :http://www.lerestaurant-montmartre.fr/

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?日曜日にも開いているレストランをまとめました。

はっきりとした決まりはありませんが、日曜日が開いているレストランは、観光地にあるレストランが多いです。

または、代わりに交代制できるシェフの体制を持っているところです。その分メインのシェフがいなくても、そのレベルの味になっているところもあります。

レストランの雰囲気も大事ですし、立地で選ぶか検討する項目が多いです。

アラカルトで選ぶか、メニューで選ぶかで値段が随分と変わります。

それでも立地がよいところは、お客さんが多く、多少安くしても、人数で採算がとれるようにしてあることろは、安く食べられます。

星付きレストランは日曜日はやはり開いていません。そんなところは平日に行くとして、でも星レストランシェフの傘下にあるレストランとしては、良い候補になるかと思います。

ご参考になれば幸いです。

ヴォージュ広場は、パリの3区と4区をまたがるマレ地区にある歴史的建造物の広場です。 マレ地区は現在アーティティックな場所としてパリの観...

パリに旅行へ行くのに、「パリは今安全なの?」と思われる方も多いと思います。 シャンゼリゼ通りのジレ・ジョーヌのデモ、それにテロ事件も去...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする