パリでランチがおすすめのレストラン!お昼メニューでお得に食べる

スポンサーリンク

管理人が実際に行って『本当に美味しかったレストラン!』をご紹介します。

ここにご紹介するのは最近できたレストランではなく、ずっと営業が続いているところで、地道にサービスにこだわって、常連客さんが来ているレストランです。

お値段がそこそこ高くても、素材もこだわって、盛り付けもきれい!そして味にプラスアルファがあって『舌が納得する』と言うことなのでしょう。

そんあ美味しいレストランでも、ランチなら割安に食べられます!

食べ終わってレストランから出ると、何故か笑みがでてきます。

そんなフレンチシェフのレストランご紹介します(^^♪

スポンサーリンク

パリでランチがお得なおすすめレストラン

レストラン・キガワ(日本人シェフ)

日本人シェフのパリ14区にあるレストランです。シェフが日本人なので、日本人の顧客さんばかりかと思いますが、半分はフランス人です。

値段もお手頃におえて、お昼はメニューコースで39ユーロからあります。

紀川シェフの料理はなんといってもその繊細な料理です。盛り付けは日本人ならではの、細やかな飾り付けが美しいです(^^♪

この日は、前菜の前に出てくる【ミーズ・オン・ブーシュ】はアンチョビのクリームソースでした。アンチョビが入ると臭みが気になると思いますが、そこは濁らないように調理されています(^^♪

クリームと魚がお互いに引き立てあっての一品となっています。

【アンチョビのクリームソース】

前菜には、豚の頭のテリーヌです。豚の頭のテリーヌにグリビッシュソース(ゆで卵の卵黄にマスタードと植物油を加えて乳化させたソース)を合わせて、豚の頭のラード感がプルプルでなんとも美味です(^^♪

カツオとマグロのサラダは、それだけでこんな盛り付けができるのかと感動です(^^♪

【豚の頭のテリーヌ゙、グリビッシュソース】と【カツオとマグロのサラダ゙、レモンソース】

メインはイベリコ豚のロースト、緑アスパラと、仔羊のトマト煮込み、ジロル茸添えを選びました。お肉がジューシーです(^^♪

【イベリコ豚のロースト、緑アスパラ】と【仔羊のトマト煮込み、ジロル茸】

デザートにはチョコレートのガナッシュとイチゴ、チョコレートソースとイチゴのスフレ、ヨーグルトのソルベを選びました。

イチゴのスフレは、シェフが上からキャラメルソースをかけてくれます。スフレだけでも十分に美味しいのですが、キャラメルソースとは更に相性がいいです。管理人はかなり感動しました。おすすめです(^^♪

【イチゴのスフレ、ヨーグルトのソルベ】と【チョコレートのガナッシュとイチゴ、チョコレートソース】

コースにはさらに、デザートの後に【ミニャルディーズ】が付きます。

この日はマカロン、メランゲ(卵白菓子)と果物のコンフィです。

【ミニャルディーズ】

これでコース料金で39ユーロはお手頃価格です(^^♪

ワインはグラス1杯から選べます。

レストラン

●名前 :Restaurant Kigawa
住所 :186  rue du Château  75014 Paris, France
75014 Paris, France
電話 :01 43 35 31 61

最寄り駅 : メトロ : Mouton Duvernet 駅 (4 番線)、Pernéty 駅 (13 番線)

定休日と営業時間: お昼12時30分~14時、夜19時30分~22時 月と火曜日のお昼が休みです。

サイト :  レストラン キガワ

ル・レストラン(名前がレストランというレストラン)

パリの18区というと何か鬱陶しいイメージを持っている方も多いと思いますが、今は違ってブレイクしています。

ムーランルージュから歩いて5分のところにあるレストランでその名も「ル・レストラン」です。

平日は夜だけ営業で、週末はお昼も営業しています。レストランの内装にはそうお金もかけていないのですが、出てくるる料理はピカいちです。

メニューはないので、アラカルトで注文します。割引がきくサイトで予約していくと、30%~40%引きになるので、利用しないと勿体ないです。

前菜には、ヤギのチーズのラビオリ(^^♪

【ヤギのチーズのラビオリ】

メインには、ブランケット・ドゥ・ボーです(^^♪

管理人は初めて美味しい【ブランケット・ドゥ・ボー】をこの日食べました。小さいときに食べていた、ハウスのシチューの味がしたのしか食べたことがなかったので、今まで良いイメージがなかったのです。

ところがこのブランケット・ドゥ・ボーは違って、仔牛を程よく煮込んで、パルメザンチーズのクリームソースで味付けしています(^^♪

【ブランケット・ドゥ・ボー】

デザートにはタルト・タタンとチョコレートのホットタルトのクレームアングレーズ添えを選びました。

【タルトタタン】

スポンサーリンク

この日は、西南のマディランの赤ワインを注文しました。

アディランはレストランであまり出ていないワインです。

予約は【ラ・フルシェット】のサイトで予約すると割引適用になりますよ。この日は割引適用で一人35ユーロくらいです。
または、レストランのサイトで、お昼のメニューで予約はこちらです。↓

➡ https://www.lafourchette.com/ville/paris/415144

レストラン

●名前 :Le Restaurant
住所 :32 Rue Véron 75018 Paris France
電話 : 01 42 23 06 22

値段 : 【前菜とメイン】、【メインとデザート】が24.5ユーロ

アラカルトで、前菜が9から、メインが19から、デザートが9ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Abbesses  駅 (12 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時30分~14時(金~日曜日)、夜18時~23時

サイト :http://www.lerestaurant-montmartre.fr/

 

ロベルジュ・ドゥ・グラドロン(プラス・イタリ-近く)

パリ13区にあるハーフの女性シェフの繊細な料理のレストランです。日本人のお父さんとフランス人のお母さんと聞きました。

現在フランチには日本の食材が多く使われています。

こちらのシェフのカミーユさんは、小さい時から日本文化を知っているからこそ、フレンチに取り入れることができることがあると感じる料理です。

何と言っても盛り付けや素材の焼き加減が繊細です

店内は白が基調で明るく、石作りの壁になっています。

テーブル席から厨房が見えます。


前菜です。

ニシン(アロン)のスライスを月の形にアレンジしています。

【ニシンのポテトの野菜添え】

卵の下にはチョリソーが散りばめられた、ほうれん草が敷かれています。

【ウフ・ポシェのチョリソーとほうれん草添え】

マグロのたたきはゴマのマリネです(^^♪

【マグロのたたきの野菜炒め添え】

鯛はオリーブオリル焼きで、付け合わせにクミン味のオムレツが添えられています。

【鯛のオリーブ焼きのオムレツ添え】

デザートのフォンダン・ショコラには、アイスクリームとアプリコットのクリソースが添えています。

【フォンダン・ショコラのアブリコのクリソース添え】

レモンタルトは大胆にサブレ台を砕いて、サクサクの食感度を上げています。

【レモンタルト】

コースメニューはなく、ワインをいれて、アラカルトで一人大体40ユーロはお手頃価格です(^^♪

予約はフルシェットで3割引を使いました。

ワインはグラス1杯から選べます。

レストラン

●名前 :L’Auberge du Roi Gradlon
住所 :36 Boulevard Arago 75013 Paris France
電話 :01 45 35 48 71

アラカルトで、前菜が12から、メインが19から、デザートが12ユーロから。
最寄り駅 : メトロ : Les Gobelins 駅 (7 番線)、Glaciere 駅 (6 番線)定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 日と月曜が休みです。

サイト : http://www.roigradlon.fr/

ル・レミネ(ノートルダム寺院近く)

ノートルダム寺院から5分の場所にあるレストランです。観光客も多いですが、常連客も多いのがこちらのレストランの特徴です。

店内は1階席と地下があり、ウエイターさんがとても愛想も良く、家庭的な雰囲気がします。

現在は新しいオーナーになり、新素材を使っています。和食食材も使っているのが、日本人として嬉しいです。

メニューもありますが、管理人はフルシェットの割引を使ってアラカルトで注文します。

前菜には、野菜のムースかけです(^^♪

シイタケと北海道のカボチャです。

【野菜のムースかけ】

メインは豚肉の赤ワインソース添えで、豚肉も生後まもない、コション・ドゥ・レを使っています。お肉が口の中で溶けそうです。

【豚肉の赤ワインソースかけ】

デザートにはアイスクリームを注文しました。チョコレートにはプラリネも使うなど、一つ一つの素材に凝っているのが感じられます。

【チョコレート・コーンのアイスクリーム載せ】

予約は【ラ・フルシェット】のサイトで予約すると割引適用になりますよ。この日は割引適用でワインを入れて一人45ユーロくらいです。

レストラン

●名前 :Le Reminet
住所 :3, rue des Grands Degrés 75005 Paris France
電話 :01 44 07 04 24

値段 : 【前菜とメインとデザート】のメニュー59ユーロもあります。

アラカルトで、前菜が9から、メインが19から、デザートが9ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Hotel de Ville 駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

サイト: LE REMINET

スポンサーリンク

オ・プティ・マルギュリイ

こちらのレストランは、ゴブラン織りのタペストリー館のすぐ隣にあります。

シックな内装で、観光客というよりも常連が多いレストランで、年配の常連さんが多いという印象です。

この日は、2品からなるセットメニューにしました。

メインの、ポトフは牛肉と季節の野菜と、

【牛肉と季節の野菜のポトフ】

牛肉の赤ワインソースのパースニップのムスリムペースト添えです。

【牛肉の赤ワインソースのパースニップのムスリムペースト添え】

そして、デザートはレストランの目玉品のスフレにしました。

目の前でアルコールに火をつけて、演出をしてくれます。美味しい(^^♪

メニューの2品で24ユーロでした。

グラスワインは6ユーロからあります。

レストラン

●名前 :Au Petit Marguery
住所 : 9, BD Port Royal, 75013 Paris France

電話 :01 43 31 58 59

アラカルトで、前菜が9から、メインが19から、デザートが9ユーロから。

サイト : https://petitmarguery-rivegauche.com/

最寄り駅 : メトロ : Goblin 駅 (8番線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時15分~22時 定休日は土曜日。

オ・デゥ・オリーブ(元老院隣)

ルクサンブール公園の前にあるレストランで、すぐ目の前に元老院(セナ)が立地の良さで、観光客も多いですが、大人数席もあるので、団体客も利用できる雰囲気が気さくなレストランです。

料理は創作的というよりも、比較的安い値段で良い素材の料理が食べられます。

前菜には、カボチャのポタージュです。

【カボチャのポタージュ】

クレーム・ブリュレというと、デザートですが、これは前菜で甘くない味付けにしています。

【ファオグラのクレーム・ブリュレ】

メインには、イカ墨のパスタを選びました(^^♪

【イカ墨のパスタ】

デザートにはフォンダン・ショコラとバラの花びら形のリンゴタルトを選びました。

【フォンダン・ショコラ】と【リンゴタルト】

こちらも予約は【ラ・フルシェット】のサイトで割引適用になりますよ。

レストラン

●名前 :Aux 2 Oliviers
住所 :22, rue de Vaugirard 75006 Paris France
電話 :01 43 26 26 45

アラカルトで、前菜が8から、メインが19から、デザートが10ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Odéon(4号線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

サイト:http://www.aux-2oliviers.com/

ワインとお勘定とチップ

レストランのワインの注文のタイミングは、お店の係の人が料理の注文の後に、〚お飲み物はどうされますか?〛と聞いてきます。

レストランによっては、ソムリエさんが出てきてその日のメインディッシュに合うワインを薦めてくれます。

ただ飲み物(アペリティフやワイン)は高いです。ソムリエさんが良いワインを選んでくれるのは良いのですが、お値段をみて慎重にきめましょう(^^♪

注文するときに、値段で「○○ユーロ以下で注文したいです」と言えばその範囲で選んでくれます(^^♪

また、そんなに飲めないという方は、ワイン1本でなく、グラスで注文できます。

最後に、お勘定はテーブルで済ませすのが普通です。フランスでは、「お勘定お願いします ラディッシォン シルヴプレ」と頼まないと支払い伝票(感情明細)をいつまでも持ってきてくれません。

勘定明細が来たら、払う前に頼んだもの以外のものが明細に載っていないかチェックして、よければ払います。カードの支払い端末機をテーブルまでもってきてくれます。

席を立つときに、サービスが良ければチップをそのままテーブルの上に置いてでます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したレストランは、星付きではありませんので、トリュフやキャヴィアなどの高級素材を使わないながらに、吟味した素材にこだわって料理を提供しているお店です。

営業して何年もたち、素材を知り尽くしたシェフだからこそできる料理がでてきます。地元のリピーターが多いお店です。

ただ安いだけのお店は飽きられますがエスプリのあるお店はリピーターがあるのですね。

ボンナぺティ(^^♪

パリ旅行の際に、せっかくならミシュランの星付きレストランでゆっくりとワインを傾けて食べてみたいと思うのではないでしょうか。 星付きレス...
わざわざパリでイタリアン?とも思いますが、美味しいイタリアンのレストランはパリに多いです。 オペラ座界隈は、日本人街だからイタリアンが...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする