パリの地下鉄の治安は?チケットの準備と電車の乗り方で不安を解消

スポンサーリンク

パリ観光には、パリ市内から郊外へも含めて移動ができる公共機関が便利です。

中でも地下鉄はあまり遅れなく車両が到着するので便利です。

その他にバスや路面電車もありますす。バスは市内の景色を見れるのが良いのですが、移動となるとやはり地下鉄です。

とは言っても、なんとかく地下鉄の構内は陰気で、スリも多そうだし治安はどうなのと、不安になる方もいらっしゃると思います。

もちろん日本のようには治安は良くないといえますが、いくつかの点に気を付ければ、地下鉄は快適に利用できます。

また、地下鉄の構内には無料のトイレが日本のように設置されていません。

そこでこの記事では、地下鉄でのチケットの買い方と、乗り方までご説明します。

では見ていきましょう♪

スポンサーリンク

地下鉄構内の治安と移動の仕方

何と言っても、地下鉄をスイスイと移動するには、チケットもまず買って、気をつけるポイントを把握しましょう。

まずは、駅構内で改札を通る前にチケットを買いましょう(^^♪

チケットの買い方

チケットは販売機で買いますが、パリの地下鉄の構内は、日本の地下鉄と比べると照明が暗いですので、ちょっと「ドキッ」とするかもしれません。

この写真は、明るい方で、駅によってはもっとくらい所もあります。

構内を進み改札口まで行くと、チケットの販売機が設置されています。

「Tickets チケット」と書いてある販売機を選びます。「Navigo」だけの販売機だと、定期券のパスをチャージのみをする販売機ですので、チケットは買えません。

販売機の前に立ち、画面の下にある、横長の物でメニューを選びます。横長の物を回していって、「Acheter des tickets チケットを購入」を選びます。

その次に、「Tickets チケット」を選択します。

「Plein Tarif 割引なしの価格」を選択します。

下の割引価格のチケットを購入して、乗車すると罰則が科せられることがありますので、気をつけてください。

チケットは、1枚のみも購入できます。10枚セットも選べます。

1枚は1,9ユーロで、10枚は14,9ユーロで、10枚の方が単価が安くなります。

選択したら、合計の金額がでてきますので、「Valider 承認する」を選択します。

支払いは、ヴィザカードか、現金のどちらかです。現金で支払う場合は、下の札入れから紙幣を入れます。

領収書が必要な場合は、この「OUI」を選択します。

必要がない場合はNonを押します。その後、チケットとおつりができてきます。

チケットが買えたら、1枚だけ手にして、残りのチケットはお財布なり、カバンの中にいれてしまいましょう。

チケットといえども、お金になるものはチラチラさせない方がいいのです。

改札機の通り方~プラットホームまで

チケットが買えたら、改札機を通って構内に入っていきます。

【地下鉄の構内】

女性ならバックは肩にしっかり持つようにします。スリも構内にはいますので、肩から下げているバックが、背中側にならないようしして、改札を通ります。

自動の改札機のオレンジに記したところに、購入したチケットを入れると、すぐ改札機の前の方で出てきます。それを取って改札機のドアを開けて中に入ります。

構内の証明は、駅によりさまざまです。

通路を進んでプラットフォームまで行くと、時間帯によっては待っている人が多いときと、少ない時があり、それぞれです。

このような落書きがすごい車両がありますが、治安には問題ありません。

日本の車両とは比べものになりませんね。

1号線、12号線、14号線は車両が綺麗です。

ただ、車両が買い替えられていると、どのライン(号線)かによらず、綺麗ではないのですが、危険というわけではないのです。

また、チケットは、1時間半以内であれば、郊外線のRERも乗れますので、接続がよければそのまま、乗り換えましょう。

【RERの構内】

地下鉄からRERへ乗り換えるには、地下鉄構内からRERへ行く改札機を通って進んでいきます。扉がついた地下鉄と同じような改札機がありますので、同じ要領でチケットを通して、この扉を押して中に入って行きます。

RERが郊外線ですので、沢山の人が利用しますので、構内は地下鉄の構内に比べてずっと広いです。

構内には、行先の時間と乗り場を示す画面が設置されています。

乗り場が何番線なのかを確認して、エレベーターで上に上がっていきます。

RERのプラットフォームです。ホームの長さも地下鉄の3倍くらいの長さです。

といっても、車両がプラットフォームへ入ってくると、ドアが開きますので、中に乗り込めます。

治安についても、車両内で、お金をくださいと言って来る人はいますが、下をむいているか、首を横に振れば、いなくなります。

治安が悪いということはないのですが、お財布はバッグからは出さない。お金はぴらぴらさせない、携帯電話も出して見せないのが良いです。

金目のものは狙われれる可能性がありますので、お金をもっているような恰好で乗車しなければ、治安について心配することはありません。

スポンサーリンク

地下鉄構内にはトイレがりません。喫茶店まで行くまで間に合わないときなど、トイレに駆け込む時用に、トイレの使い方をご説明します(^^♪

トイレの使い方

公衆トイレはこんな形をしています。

トイレの入り口はドアになっています。開けて入ります。

ドアの隣に、このような表示があり、緑のランプがついていると使用可能です。

オレンジなら、ドアが開きませんので使えません。

緑のランプの時に、「Access-Open 開けるという意味」のボタンを押すと、ドアが開きます。

中はこの位広いです。

中に入ってから、①のボタンを押すと、ドアが閉まります。

②を押すと、ドアが開きます。

トイレットペーパーは備えつけになっていません。水も出る時と出ない時があります。

私は何度か使ったことがありますが、故障もなく使えました。最悪何かあれば、人の顔のボタンを押すと、外部に繋がりますので、助けを求められますが、何かあっても最長20分でドアが開くと書いています(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

地下鉄に乗るのは何かと不安がありますが、綺麗でないだけで、特に治安に不安があるというものではありません。チケットの買い方もなれれば、快適に移動ができる便利な乗り物です。

チケットは以前は地下鉄構内のインフォメーションデスクで買えましたが、係の人が「自販機で買って下さい」といって、売ってくれない事もありますので、対応策で買えるようにしておいた方が良いです。

または、バスに乗ってから車掌さんに言えば買えますが、カードが使えませんので、やはり地下鉄の自販機が便利ですし、現金で買えますが、10枚セットが買えなくて、割高になってしまいます。

日本から来ると治安について心配ですが、目立たない同化した格好で乗車すれば、問題はないですよ(^^♪

ご参考になれば幸いです。

https://francedayori.com/gourmet/1793/

https://francedayori.com/gourmet/1598/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする