ウフ・マヨネーズのレシピ!世界コンテスト優勝のウフ・マヨがすごい

スポンサーリンク

フランス料理でかならずと言っていいほどメニューにのっている「ウフマヨネーズ」があります。

ウフ・マヨとも言われていますが、一見すると変哲のない半分に切ったゆで卵の上にマヨネーズを飾った前菜です。

家で作って食べても、レストランで食べても、さほど差を感じないと思っている方も多いと思います。

ところが、このウフ・マヨのインターナショナルコンテストがあり、今年はその2回目で、優勝者のウフ・マヨはやはり趣向が特別でした。

一見すると変哲がないように見えますが、茹で方、またマヨネーズの作り方はアートなのですね。

ではそんな、優勝したレストランのウフ・マヨと、その素材についてご紹介します(^^♪

スポンサーリンク

ウフマヨネーズのコンテストとは

ウフマヨネーズのコンテストとは、聞きなれないですが、今年で2回目を迎えました。

NPO法人の「ウフマヨネーズの保存  la Sauvegarde de l’Oeuf Mayonnaise」が主催しているコンテストです。

コンテストの会場は2区にあるガロパンというブラッスリーで行われ、10人のシェフがコンテストに参加しました。

ウフマヨネーズの選考基準は、

  • 卵が大きいこと、
  • 中まで煮えていて、それでいて溶け流れない、
  • マヨネーズは、柔らかく、卵の全面に塗られていること、
  • そして、パンと一緒に食べて美味しいこと、

これらが審査の基準です。

そして、この審査の基準をクリアして優勝に輝いたのが、ブイヨン・ピガールのシェフのクレモン・シカールさんのウフ・マヨでした(^^♪

ウフマヨネーズの優勝レストラン

優勝したシェフは、パリの北側にあるピガールのレストランのシェフです。

ブイヨン・ピガール(ピガール周辺)

ブイヨン・ピガールのシェフは、クレモン・シカールさん(Clément Chicard)です。

ピガールにある店内はややレトロ調で、300席もあり、1階席と2階席があり、2階にはテラスもあります。

ここが人気なのは、値段がかなり安く抑えられています。古き良き時代のビストロの雰囲気です。

300席あっても、すぐに埋まってしまい、外の列で大体待ち時間が20分くらいです。

これが、優勝したウフマヨネーズです。選考基準にありますように、確かに半熟でありながら、黄身が溶けない程度に固いのです。

マヨネーズは、粘りがあるわりには、味があっさりめです。

マヨネーズが特別なので、メインはマヨネーズ付きのローストビーフにしました!

優勝のウフ・マヨを食べて、これは、他のカフェで食べるよりかなり美味しいです。それに約2ユーロというのも驚きの値段です。

せっかくいくなら、2階のテラス席がいいです。

レストラン

●名前 : Bouillon pigalle
住所 :22 boulevard de Clichy, 75018 Paris France
電話 :01 42 59 69 31

アラカルトで、前菜が約2ユーロ~、メインが約9ユーロ~、デザートが約3ユーロ~。

お得です。

最寄り駅 : メトロ : Pigalle 駅 (2 番線)

定休日と営業時間: お昼12時~夜0時 定休日なしです。

サイト: https://www.bouillonpigalle.com/

ブラッスリー・ガロパン(パリ証券取引所隣)

パリ2区にある老舗の、パリ証券取引所の前にブラッスリーの、ガロパンです。

1876年にギュスターヴ・ガロパンさんが始めましたブラッスリーで、店内は古き良きパリを感じる空間です。

ここがウフマヨネーズの世界コンテストの会場となりました。

こちらのレストランへは以前行ったのですが、その時ウフマヨネーズを食べたので、一緒にご紹介します。

こちらのブラッスリーは、先ほどのカフェより、高級で、卵のスライスの白・トリュフ添えで、綺麗ににアレンジしています。

【ウフ・マヨネーズのトリュフ添え】

白トリュフで、イタリアのトリュフということでした。

また、こちらのブラッスリーでは、デザートにオムレット・ノルヴェジエンヌがあります。

このオムレット・ノルベジエンヌはあまり食べるチャンスがないですので、ここに行ったらお薦めのデザートです。

ラム酒に火をともして、サーブされます。

こちらのブラッスリーではコースメニューもあります。フルシェットのサイトをとおして予約をすると2割引きです。

ワインはグラス1杯から選べます。

レストラン

●名前 :Brasserie Gallopin
住所 :40, rue Notre-Dame des Victoires 75002 Paris France
電話 :01 42 36 45 38

アラカルトで、前菜が12~、メインが20~、デザートが10ユーロ~。
最寄り駅 : メトロ : Bourse 駅 (8 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~15時、夜19時~23時 定休日はなしです。

サイト : https://gallopin.com/

スポンサーリンク

ウフマヨネーズ色々

最初にウフマヨネーズはフランスのカフェで必ずと言ってほどメニューにあるとお伝えしましたが、ほとんど定番と言っていいです。

カフェのウフマヨネーズとは、茹で方もマヨネーズの塗り方もだいぶ違いって、シンプルです。

半分に切った茹で方を皿の4四方に置き、マヨネーズを別に添えているパターン。

半分に切った茹で卵の切り口を下にしておいて、その上にマヨネーズをかけているパターン。

そして、茹でたネギの丸型の台の上に、半分のゆで卵をスライスして、その上に残り半分をのせ、マヨネーズを飾るパターン。

こんなアレンジもあるのかと、関心します。長ネギとの相性はいいです。

では、マヨネーズのレシピを見てみましょう。

マヨネーズのレシピ

通常のマヨネーズを見てみましょう。

【750グラム番組のマヨネーズのレシピ】です。


①常温にした卵黄2個をボールに入れて、割り泡立て器で泡立てる。

②西洋からしをスプーン1杯入れ、更に混ぜる。

③30㎖のビネガー、塩コショウを入れて更に混ぜる。

④最後にオリーブオイルを200㎖入れて更に混ぜる。

これで、出来上がりです。

順番は、最初にビネガー次にオイルにすると泡立ちます。

優勝者のマヨネーズレシピ

シカールさんのマヨネーズレシピの特徴は、スペインのアンダルシアの南にある、ゼレス(Xérès)のヴィネガーと、ピーナッツのオイルを使っているのがポイントです。落花生でお馴染みのピーナッツオイルは、ナッツの香りも似ていて、オリーブオイルより香りが強めです。また、ゼレスのヴィネガーは、バルサミコソースとヴィネガーとの中間で、バルサミコソースほど甘みがないのが特徴です。これらの材料を微妙に配合しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピーナッツオイル Huile D’arachide 500ml フランスが誇る名品 ルブラン社製 PEANUT OIL
価格:2894円(税込、送料別) (2019/6/8時点)

楽天で購入

シカールさんが、マヨネーズにこのゼレスのヴィネガーを使っているのは、おじいさんが使っていたので、家の伝統ヴィネガーということです。

管理人は、フランスのマイユ(Maille)を使っています。

左から、バルサミコソース(中が空で色が見えません、すみません)、真ん中がコンディモンといって、同じバルサミコソースでも色がないのです。しかし味はバルサミコソースの味です。

そして、一番右がゼレスのヴィネガーで、バルサミコソースとコンディモンの中間の味とも言えます。

真ん中のコンフィディモンと、ゼレスのヴィネガーを比べてみました。ゼレスのヴィネガーは、バルサミコソースほど、味も色も濃くなく、中間的な味で、ヴィネガーほど酸味がないのが特徴です。

それで、マヨネーズには合っているのかもしれません。

バルサミコソースはほとんどイタリアが独占していますし、ゼレスのヴィネガーはいままで名前もでていなかったのが、今回の優勝で有名になるかもしれませんね(^^♪

楽天でゼレスのバルサミコソースが見つかりませんでした。

ただ、スペインのシェリー酒をアペリティフでウフマヨネーズを食べると、味が近くなるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ウフマヨネーズコンテストの優勝者のウフマヨネーズをご紹介しました。

18区のピガールにあるので、こんな場所にあるレストランのウフ・マヨが優勝するのと驚かれるかもしれませんが、こちらのレストランには300席もあり、待たないと入店できないくらいの盛況ぶりです。

気取っていない料理で、低価格です。

お客さんが常時いて、回転がいいから低価格で出せる、また業者から安く品物が買えて、美味しいものが出せる構図となっていると感じます。

ピガール近辺には、なかなか行く機会もないかもしれませんが、この際観光もかねてお出かけください。

ボンナぺティ(^^♪

パリに来たら、一度は体験したいと思うセーヌ川クルーズです。パリ観光のハイライトとも言えます。 セーヌ川から見る景色は魅力がいっぱいです...
サン・マルタン運河(Canal Saint-Martin)は、セーヌ川とウルク運河、サン・ドニ運河をつなぐ全長4.55キロメートルの運河です...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする