レジオンドヌール勲章の授与って?ニースのトラックテロ事件の功労者へ

ちょうど去年の7月14日の革命記念日に、ニースでトラックの突入事故があり、400人以上の負傷者他を出すことになったテロ事故から丸一年がたちました。

このテロ事件に対する功労者何人かには既に、レジオンドノール勲章が贈られていたのですが、1人1年後に改めて功労が認められ、エストロジニース市長から授与されることになりました。

フランク・テリエさんです。

スポンサーリンク

レジオンドノール勲章が授与される

ニースのトラックテロが起こったのは7月でした。トラックが海岸歩道を歩いている歩行者に突入していくということで起こった悲惨な事故でした。

このフランク・テリエさんという男性がそのトラックの横をスクーターで走行して、スクーターをトラックの下にもぐらせて、止めにかかったのでした。

それからスクーターのヒーローと形容されています。

スクーターのフランク・テリエさん

7月14日RTL新聞によると、

『トラックがすごいスピードで自分のスクーターの横を突っ切っていきました。妻から何をするの?と言われましたが、降りろといって一人でトラックまで進んで、ステップを上がってドアを開け、運転席にいた犯人を何度も殴り、殴り。。。犯人は拳銃に弾を込めていましたが、それは動作しませんでした。。。』とあります。

引用元 : 7月14日RTL新聞

スクーターでトラックに突っ込んだフランク・テリエさんのスクーターは大破したということでした。。

実は去年12月に同じくすでに、警官二人と自転車の男性が勇敢にトラックを止めにかかって、レジオンドノールを授与されていたのです。

しかしフランク・テリエさんはその際他の功労者のように授与されていなかったのすが、遅ればせながらでも、今回の授与となったのでした。

同じような行動をとっても、認知されなかったこともあってか、今年のニースの追悼式では、市民からも喝采がとんで、ニース市長から勲章を贈られました。

授与となったフランク・テリエさんですが、事故のあとすぐ精神疾患にかかって治療をうけていたということです。

被害にあった人たちも事故に遭遇した場合には、心の傷がいえるまで時間がかかるということですね。

サルコジ元大統領とオランド前大統領も出席

フランスでは2015年には1月のシャーリーエブド、そして11月のバタクランのテロと、パリでは2回テロが続きました。

2016年に入って夏を迎えやっと、普段の平穏さを取り返したかのように感じた矢先に、それも革命記念日にニースで起こったこのテロです。

やりきれない思いを感じましたね。やはり、いつまた起こるかもしれないとう、不安と恐怖を感じます。

そんな背景で3人の国家元首と現元首が同席することとなった追悼式となったのです。

モハメド・ラウアジ・ブエル

この事件はたったの4分ほどあれだけの惨事を引き起こした事故でした。トラック突入した犯人は、モハメド・ラウアジ・ブエル。起訴され拘留中です。

7月14日はフランスで革命記念日です。パリ祭ともいわれていますが、ほぼ毎年この日は、フランス大統領が夜の8時のフランスのテレビ局の敏腕ジャーナリストの質問へ答えるのが恒例です。

ある意味で、質疑応答の手腕が問われるイベントですが、それに、うまく答えることで、大統領の手腕を発揮する機会となってきました。

大統領官邸からの発表で、インタビューはなし。。。

ですが、マクロン大統領官邸の発表によると、今年は7月3日の上院と下院議員を一同に集めた集会で演説をするので、テレビインタビューはしなと発表されました。

14日は、シャンゼリゼ通りの軍事パレードの式典に参列後、去年のテロの被害にあったニースで犠牲者慰労式典へ参列するとこのコメントでした。

軍事パレードには、トランプ大統領も参列もありました。

第一次世界大戦100年を記念し、アメリカ兵も参加し、フランス兵士と共に行進となるようです。

今日の単語

le 14 juillet                            ( 革命記念日  )

l’interview télévisé              ( テレビインタビュー)

la parade militaire                   ( 軍事パレード  )

l’attentat du 14 juillet à Nice    ( ニースの7月14日のテロ  )

les victimes de l’attentat    ( 7月14日のテロ犠牲者   )

la Légion d’honneur                 ( レジオンドノール )

la cérémonie d’hommage aux victimes     ( 被害者の追悼式 )

le chef de l’Etat                   ( 国家元首)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする