リュクサンブール公園周辺のおすすめカフェ!散歩をしながらパリを楽しむ

リュクサンブール公園(Jardin du Luxembourg )はパリの6区の一等地にある公共の公園です。

6区はとりわけ環境がいいです。

リュクサンブール公園の中には上院議員議事堂もあり、その前には噴水のある池も、また銅像などが配置されています。

そんな中に身をおくことで、木々を見たりしていると、時間を忘れ、何時間も散歩していたなんてことがあります。

公園から外に行っても、感じの良いカフェが沢山あります。

別記事でご紹介しました、モンマルトルの丘はもっと、無造作に木々がありますが、こちらのリュクサンブール公園周辺は、もっと秩序だって感じるでしょうか。

なによりも、平地ですので、がんばらないでも散歩できるのも、一つの利点と言えます。

近所には寺院もあります。

では公園周辺のカフェやレストランをご紹介します。

スポンサーリンク

リュクサンブール公園の周辺

リュクサンブール公園(Jardin du Luxembourg )があるのはパリ6区で、カルティエ・ラタンの南にあります。

公園はほぼ4角形になっており、周りには柵で覆われていますが、扉が何か所かあり、開いていればどこからでも入れます。

このリュクサンブール公園がただの公共の公園でないのは、公園内に「セナ」と言って上院の(元老院と訳)議事堂があるからです。

上院「セナ」に対するのは、下院で国民議会であるブルボン宮殿です。ブルボン宮殿はチュイルリー公園付近にあります。

また、下院はリュクサンブール宮殿とも言われています。

公園の周辺には、オデオン座(Théâtre de l’Odéon)、サン・シュルピス教会 (Église Saint-Sulpice)があります。

リュクサンブール公園の景色

公園内には、沢山の銅像がありますが、西側から入ってくると、銅像も木々も綺麗です。

銅像といえば、やはりピアニストのショパンです。

ちなみに、ショパンの銅像は、17区のモンソー公園にもあります。

また、公園の芝生に中には入れません。芝生立ち入り禁止と書いています。

西側から入って、東に行くとセナが見えてきます。

セナから南に行くと、この「天文の泉」があります。

南に行かず、真っ直ぐ行きセナも通りこすと、「ギリシャ人の俳優」の銅像をバックにしてパンテオンが見えます。

その隣に、メディシスの泉があります。

このあたりが、リュクサンブール公園の見どころで、ずっと散歩を続けたいと思います。

セナを左手にして、北へ行くとオデオン座があります。

オデオン座

公園を北に行くと、オデオン座(Théâtre de l’Odéon)が見えてきます。

新古典主義建築の国立劇場です。1782年にパレロワイヤルにある、コメディ・フランセーズ劇団の劇場として開場しました。

戦後になると、コメディ・フランセーズの第2劇場とされ、パレ・ロワイヤルのほうは、第1劇場は「リシュリュー館(Salle Richelieu)」で、こちらのオデオン座は、「リュクサンブール館(Salle Luxembourg)」となりました。

その後、ミッテラン大統領の時代になり、1990年、コメディ・フランセーズから離れ、全くのヨーロッパ劇場的となり、欧州のの劇団や演出家が上演することにもなりました。

とはいえ、場所が奥まっているので、コメディ・フランセーズほど有名ではないです。

サン・シュルピス教会

サン・シュルピス教会 (Église Saint-Sulpice)は、オデオン座から真っ直ぐ北に歩いて行くと、右側に見えてきます。

カトリックの聖堂で、サン・シュルピス広場の前にあります。大きさは、ノートルダム大聖堂よりわずかに小さいくらいで、パリ第2の大きさです。

今年シラク元大統領の葬儀には、この教会で告別式がとり行われました。

リュクサンブール周辺のカフェとレストラン

テラス・デゥ・マダム(公園内カフェ)

こちらのカフェは、公園内にあります。

テラス席と、中とどちらでも、食事もお茶だけでもできます。

今年の3月にオープンしました、値段も、メインで16ユーロ位であります。

カフェレストラン

●名前 :La Terrasse De Madame
住所 : JARD Luxembourg, 75006 Paris France
電話 :01 42 01 17 96

定休日と営業時間: 8時30分18時 定休日なしです。

ル・ロスタン(公園前カフェ)

こちらのカフェは、公園を出た、ロスタン広場にあり、とても有名なカフェです。

エドモン・ロスタンというフランス人の劇作家がいましたが、そのロスタンの前に「ル」がついています。

このカフェでは、いくつもの映画の撮影がありました。

代表的なところで、ジェラール・デパルデゥーの「Paris, je t’aime パリ、ジュテーム」があります。
この映画は、2006年に作られて短編20話のオムニバス映画で、そのカルティエ・ラタンの部分で、第17話の舞台です。

その他、ソルボンヌ大学教授イスラム・カダレの著書、「Matinées au Café Rostand カフェロスタンの朝」があります。

カフェレストラン

●名前 :Le Rostand
住所 : 6, PL Edmond Rostand, 75006 Paris France
電話 :01 43 54 61 58

定休日と営業時間: 8時~1時 定休日なしです。

オ・デゥ・オリーブ(元老院前)

こちらのオ・デゥ・オリーブは、セナの真ん前にあるレストランです。

雰囲気が良く、奥の席に大人数でもはいれるように、大きなテーブルがあります。お店の人が親切で、値段も手ごろです。

この日はイカ墨のパスタを選びました(^^♪

料理はとりわけ、星付きのレストランのように繊細というわけでななく、良い素材を使って、オリジナルな料理を出しています。

レストラン

●名前 :Aux 2 Oliviers
住所 :22, rue de Vaugirard 75006 Paris France
電話 :01 43 26 26 45

アラカルトで、前菜が8から、メインが19から、デザートが10ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Odéon(4号線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

サイト:http://www.aux-2oliviers.com/

まとめ

いかがでしょうか、リュクサンブール公園の景色とその周辺を様子をまとめました。

リュクサンブール公園には、セナがあり、大きな噴水のある池、その他銅像も何か所にも設置されていて、木々を楽しめながら散歩ができる場所です。

観光客の数は多いですが、広大な敷地ですので、人が多いと感じることはありません。

おれでいて、カルティエ・ラタンの一部でもあり、ル・ロスタンのカフェなど、映画にも登場するパリの文化を感じさせる公園です。

サン・シュルピス教会までも近く、ゆっくりと歩いて、パリを満喫できる界隈です。

モンマルトルの丘はパリの北に位置する、芸術的な雰囲気がする、緑がいっぱいな場所です。 いかにもパリのイメージで、からまる「つた」、石畳...
パリの動物園はヴァンセーヌの森に隣接しています。ヴァンセーヌの森はパリの東のはずれにあり、中には池が何か所もあり公園のようになっています。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする