オランド前大統領の元夫人の出版するまでの背景!印税1億5千万円

オランド前大統領が大統領当選をしたがのが、2012年5月です。

大統領選を戦うのにも尽力を尽くしたヴァレリー・トリエルヴァラーさんが当時の伴侶でした。

それが、2014年1月、オランド前大統領には別に新しく愛人がいたことで、トリエルヴァイラーさんが、追い出されるかのようにエリゼ宮を後にしたのでした。

ヴァレリー・トリエルヴァイラー夫人は、いとも悲しそうだった。

愛人問題の痛手で彼女は約1週間ほど入院し、退院ともに、オランド前大統領は、二人の破局を公表したのでしたが、フランス国民が驚いたのは、その後のことです。

痛々しく打ちひしがれていたのは事実だったとだれしも思っていたのですが、ヴァレリー・トリエルヴァイラーさんは、仕事を辞め大統領夫人として、公務をこなしてもいたので、破局を迎えた女性の将来を心配する声もあったのです。

経済的な援助をするべきと当時言われていたくらいだったのが、その後約1億5千万以上を手にすることになったのでした。

スポンサーリンク

オランド前大統領の前夫人との不和

ヴァレリー・トリエルヴァイラーさんとの染は2005年、政治部担当のジャーナリストとして社会党党首のオランド氏と知り合いことでした。

大統領選には影となり、オランド氏を支え、2012年の5月にオランド氏の勝利に貢献した人物とも言われいました。

事実トリエルヴァイラーさんは雑誌社の記者で、分筆で彼を支えていたと言われています。

彼女にしてみれば、大統領に当選し、大統領官邸での二人の生活を享受したいという思いもあったのでしょう。

ところが、オランド氏には以前の夫人がいました。

それも社会党の重要メンバーであり、2007年の大統領候補だったセゴレ―ヌ・ロワイヤルさんです。

ロワイヤルさんは、2007年に大統領選でサルコジ候補に負けてから要職につくことなく、地方の委員をする程度となっていたのです。

フランス大西洋側のシャロン・マリティム選挙区で、下院議員の選挙に立候補することとなりました。

これは、オランドさんが大統領に当選してから1か月後ことでした。

ただ、オランドさんの前奥さんが出馬する地方には、社会党候補者がすでにいました。

名前は議員オリビエ・ファロ二氏で、立候補をすでに表明していました。

そうなると、同じ社会党内で、二人を両立させることになってしまいます。

前奥さんのロワイヤルさんが社会党の重要メンバーであるが故に、社会党幹部が推薦してきたので、地方議員でしかないファロ二候補が席を譲るべきだという意見になり立候補を取り下げりように圧力がかかったようです。

ところが、ヴァレリー・トリエルヴァイラーさんが、その地方議員を『オリビエ ファロ二候補は素晴らしい人です』とツイッタ―で援護射撃をしたのです。

そして、ロワイヤル氏との炎上となってしうこととなりました。

仕返しのオランドとの関係本を出版

この事件から、二人の関係がうまくいかなくなったのか、オランド氏にすれば、首を突っ込んで欲しくなかったのでしょうし、結局、援護射撃で、ファロ二―候補は無事勝利したのでしたが、二人の関係は悪化してしまうこととなりました。

結局トリエルヴァイラーさんがファーストレディとして、エリゼ宮にいた期間は18ヶ月と短かったのです。

オランドさんは、不満だっだのでしょうし、彼の愛人問題が発覚し、破局を迎えエリゼ宮を後にしたのです。

悲しみにうずくまっているのではないかと、思っていたところに、トリエルヴァイラーさんは、本を出版することにしたのです。

かなり恨んでいたのでしょうね。

本の出版は、2014年9月、

『この時よありがとう』

と題した本を出版。

二人のなり染から、破局までの成り行きを書きベストセラーとなりました。

元夫人への印税額は1億5千万円

出版された本は、2014年の9月4日に売り出され、16日間で、44万部を超す大ベストセラーとなったのでした。

  • 単行本
  • 文庫本
  • EBOOK

と合わせて、1年で60万部数となり、トリエルヴァイラー元夫人が手に入れた印税は、約1億5千万円といわれています。

元夫人は確かに一時期打ちひしがれたと誰しも思っていました。

ところが破局の状態を克服して、大金を手にするのはよかったのだす。

そして、フランス全体の雰囲気として、オランド元大統領には、

『情けない男』

というレッテルが張られ、支持率低下に拍車がかかり、第5共和政の大統領支持率が低下し、15%台となってしまいました。

フランスとして、もっと情けなこととなったのです。

身内のいざこざが国レベルで披露されるのは、避けてほしかったですね。

今日の単語

une rupture     ( 破局 )

les droits d’auteur      ( 印税   )

une maitresse            ( 愛人   )

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする