フランス全土で2017年9月21日 23日のストどこで 何が?

スポンサーリンク

9月21日のスト影響は全国的に広がる見込みです。

この9月12日の木曜日に引き続きCGTのストへの呼びかけで、110の都市のなか77都市がこのストに参加となっています。

明日木曜日9月21日には、フランス全土に広がり、公共機関、学校、公共サービスでスト突入となり、かなりの混乱が予測されています。

SNES-FSU組合もこの21日にはストに参加しますので、学校が閉鎖になるなど、

あらかじめ学校へお問い合わせください。

9月から続いているこれら一連のストは、マクロン政権が行おうとしている、労働改革に対する反対行動です。

ただ、2007年の夏の法律の範囲になりますので、最低の公共サービスはありますので、公共機関で移動ができないいうのは大丈夫ですが、大型トラックが所要地点で交通マヒ化させる可能性大です。

いまこの時期になぜ、ストとデモが広がるのかを見ていきましょう。 と言いますのが、9月はヴァカンス明けで気候も良いので、...

スポンサーリンク

ストをするのはどんな機関か

SNCF

この21日のSNCFでは、スト決行者の割合は37%と見込んでいます。

9月20日の水曜日夕方7時から金曜日の朝8時まで。

TGV

ユーロスターは通常運転、しかし国内のTGVは5本に1本から、3本に1本の間引きと。

RATP

地下鉄はほぼ影響がないようですが、

RERに影響があるようです。

その他には、

ストが行われる機関は以下となっています。

  • Transport  交通機関

o             Transport public urbain 都市の交通機関

o             Taxi          タクシー

o             SNCF – train      電車

o             Aérien        飛行機

o             Maritime       海運

  • Education  学校 

o             Crèche       託児所

o             Ecole maternelle   幼稚園

o             Ecole primaire    小学校

o             Collège       中学校

o             Lycée        高校

o             Université      大学

  • Service public 公共サービス 

o             Bibliothèque – médiathèque  図書館

o             EDF            電力会社

o             Justice           裁判所

o             La Poste          郵便局

o             Pôle Emploi        職安

o             Pompiers         消防署

o             Ramassage des ordures    ごみ収集

o             Santé           病院

  • Culture 文化

o             Spectacle  劇場

  • Secteur privé  私的サービス

o             Banque  銀行

o             Hôtellerie   ホテル

o             Médias    メディア

o             Restauration   レストラン

o             Transport    交通機関

コンサート、飛行機や、新幹線TGVのチケットは払い戻しなどの手続きを

この木曜日に移動や、コンサートのチケットを買ったのに、キャンセルとなった場合は、あとで、SNCFやコンサート会場で払い戻しの手続きを行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする