パリ・バスチーユ広場までのクレベルト散策コースとレストラン

スポンサーリンク

ヴァンセーヌの森は有名で散歩に来ている人も多く、週末やバカンスの時は家族連れでいつも賑わっています。それに対し、すぐ隣にクレベルトという散策コースがありますが、観光客にもあまり知られていない場所があります。

建設が始まったのは1974年で、パリに緑を作ろうというパリ市の構想の一環で、散歩道に植林もしたり、花壇も作り、ヴァンセーヌの当たりからバスチーユまで緑に囲まれて散歩ができるようになっています(^^♪

お花も手入れが行き届いていますので、森林浴にはぴったりのコースですし、瞑想にふけるにはうってつけですよ。

途中にドメニル通りに降りれば、旧鉄道路線の下を改造して作られてアートなショッピング店がになっています。リオン駅を通りバスチーユ広場まで行くと、バスチーユのオペラハウスへと到着です。

付近に喫茶レストランも沢山ありますので、それもご紹介します。

では早速見どころとレストランもみていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

ラ・クレベルト( la coulée verte)ってどんなところ?

クレベルト(緑の流出物という意味で、へんな呼び方ですね。。。)の散策コースは、地下鉄の8号線のミシェル・ビゾ駅から同じく8号線のバスティーユ駅までの5キロ程の距離で、ドメニル通りと並行にあります。

この散策道を別名プロムナード・プランテ(Promenade plantée)とも言っていて、以前についていた名前ですが、実際行っていると、植林でみごとな緑に囲まれた空間ですので、植え込みの散歩道というのはぴったりと感じます。

またバスティーユ側の方を クレベルト・ルネ・デゥモン・ドゥ・パリ( Coulée verte René Dumont de Paris)とも言っています。

入り口はミシェル・ビゾの駅から歩いていくのが分かり易いです。門があり、朝は9時時(曜日によっては8時半から)から開いています。

クレベルト(la couléé verte)の入り口

➡ ミシェル・ビゾ駅を降りて、 トゥール通り(rue de toul)をサエル通り(rue sahel)へ向かって歩いていくと、二つの道が交差する場所が入り口です。

暫くあるいていくと、こんな運動用の器具も設置さていて、エクササイズをしにきている若者が沢山いますよ。

森林浴をするには、うってつけの場所で、週末は特に散歩に来ている人や、ジョギングしている人が多いのです。

ミシェル・ビゾからの入り口から15分程で公園が見えてきます。お天気のいい日には、ピクニックに来ている人が、芝生に寝そべっています。

5月になると公園には桜が満開に咲いています。

公園からドメニル通りへ降りたところが、ドメニル通りの入り口です。

バスティーユの手前まで道はあるますが、散歩時間は1時間位といったところです。バスチーユまで行くとオペラハウスがあります。

そこに行くまでに、ヴィバルディ通りがあり、感じのいいレストランがあります。

ラ・クレベルトにあるガレットとチャイナ料理店

ガレットが食べれるレストラン

クレベルトの途中には、ヴィバルディ広場があり、そこにお薦めのレストランが2軒あります。

一つめは、ブルターニュ料理のクレープ屋さんでガレットが美味しいレストランで、ガレットはクレープの一種るいですが、小麦粉だけではなく、そば粉が入っています。

まずは、シードル酒ですね。ブルターニュといえば、シードルですが、このシードル酒の色が濃いのは、カシスが入っているからです。

こんな背高のグラスに入ってでてくるので、すごくオシャレです。

カシス入りのシードル酒になると色が茶色っぽくなります。

ガレットの方が、メインディッシュになって、卵やハムやミンチ肉など、何種類もありますよ。

がレットはハムや卵がはいってます。

メインディッシュが終われば、デザートですね。こちらのレストランではデザートはクレープにして出しています。デザートは、ハチミツ、ジャム、生クリームなど何種類もあります。

デザートのクレープ。普通のシードル酒つきです。

レストラン状報

名前と住所➡ Creperie Paris Breizh Daumesnil
177 Avenue Daumesnil, 75012 Paris France               コースメニューがおすすめです。 ガレットとクレープとシードルとセットで約20ユーロから

営業時間 : 土曜日が昼12時からと、夜19時から。平日は夜19時からのみ。定休日は日曜日

レストランのサイト http://www.creperieparisbreizh.fr/home/

スポンサーリンク

中華が食べれるレストラン

ヴィバルディ広場の通りに、ちょっと珍しい中華のレストランがあります。パリにある中華は餃子とチャーハンと、北京ダックなどが多いのですが、こちらのレストランは、ル・モンド祇やフィガロ紙でで紹介されてから、常連客で賑わっています。

内装は現代的で、パステルカラーの椅子。

中華の餃子もありふれていない、黒粉の皮です。コリアンダー入りのソースの味付けのサラダもちょっと変わっています。ありふれていないと、言い方が貧弱ですが、

エビの炒めものですが、ボリューム感があります。

レストラン状報

名前と住所➡ Les Jardins de Mandchourie
32-34 Allée  Vivaldi, 75012 Paris France

お昼のコースメニュ : アントレとメインとデザートで15ユーロ

レストランのサイト  :  http://les-jardins-de-mandchourie.wysifeed.fr/

最寄り駅 : 地下鉄8号線のドメニル駅(Daimesnil)

ドメニル通りにあるカフェ

ラ・クレベルトをバスティーユに向かって歩いてくると、何か所かドメニル通りへ降りれる階段があります。

その一つが、ディドロ通り(Boulevard Dederot)です。降りると旧鉄道路線の下に、ブティックがテナントとして入っています。

いまパリで人気の散策コースです。ちなみに夜は、クリスマスの時にはライトアップが綺麗です。

途中に、感じのよいレストランカフェがあります。

店内は広々としていて、空間を生かした内装で、くつろげますよ。

おしゃれな割には、値段も低めで、メインが15ユーロ位で食べられます。

名前と住所➡ Le Viaduc Café
43 Avenue Daumesnil , 75012 Paris Franceメイン、デザートそれぞれ、15ユーロ~と8ユーロ~最寄り駅 : 地下鉄8か1号線のリオン駅(Gare de Lyon)

ここまで来ると、バスティーユはもうすぐですよ。

バスティーユのオペラ座の横にある、カフェのLes Grandes Marches です。オペラハウスの催し物の前後ならこちらで食事や、軽く一杯客で賑わっています。

バスティーユにななにせ今一番人気の場所です。

そしてバスチーユ広場に隠れ家的な中庭をお教えします(^^♪ 「クール ダモワ(Cour Damoye ダモワの中庭)」です。

そんなに知られていない中庭ですので、ひっそりしています。いかにもパリって感じの中にわですよね。

住所

12, Place de la Bastille と12 rue Daval 75012 から入れます。

パリの思い出に写真撮影に良さげなワンショットになりそう(^^♪

まとめ

このクレベルトは、人も少ないので、隠れ家的な雰囲気がありますし、パリに在住の方なら、お弁当を作ってピクニックにいくのもいいでしょうし、バスチーユまでゆっくり歩いて行って、珍しい写真撮影ができそうですよ。

お花に囲まれて歩き続けると自然に瞑想をしてしまい、何かリフレッシュができるのです。

レストランも何度も行きましたが、シードルのキールって飲む機会がないのではないかとおもいますし、ガレットもなかなかおすすめです。

関連記事

パリヴァンセーヌの森隣のレストラン!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする