ミシュラン星付き料理人シリル・リニャックのパティシエ店!レストランも

スポンサーリンク

パリのパティシエで、料理もデザートの両方をこなす、そしてミシュランの星つきの料理人といえば、そうですね、シリル・リニャックさんですね。

彼は、前にソフィー・マルソーさんともロマンスがあったのですね。それもそのはず、リニャックさんはハンサム男性です。

でもそれだけで、ミシュランの星はとれません。

いまパリの11区にレストランとデザートのお店と合計3軒を作った、ビジネスマンとしても有能な、パティシエです。

現在のフランスの料理業界は熾烈な競争がつづいています。ミシュランの星をとっただけでは、レストランの利益はだせません。

そんなシリル・リニャックさんの、11区にフェデルブ・シャリニーという駅に3店舗を経営している凄腕です。

早速店舗をみていきましょう。

スポンサーリンク

パリのデザートの値段は

現在パリでのサービスの値段についてですが、

  • パン屋さんのデザート
  • デパートのデザート
  • パティシエのデザート

で値段は違います。

同じお菓子のオペラでも、

大体3ユーロなので、有名パティシエになると値段があがるというった具合です。

引用元 http://www.leparisien.fr/laparisienne/actualites/people/cyril-lignac-serait-en-couple-avec-melanie-doutey-13-07-2017-7131102.phpパリジャン紙 シリル・リニャックの恋人

シリル・エリニャックのお店

フェデルブ・シャリニーは、ミクロ・クリマ(micro climat)といわれて、バスチーユ広場が今パリで一番ホットな場所ですが、そこから3駅隣に駅です。

そのフェデルブ・シャリニーに3店舗を構えています。

一軒目がチョコレート専門店で、

隣のお菓子店とは対象にチョコレートやチョコレート菓子を置いています。

チョコレートの種類は「アーモンドキャレメル」「ゴマと抹茶」などずいぶんと珍しいフレーバーを取り入れています。

カフェの中では、お土産のおか、カフェの中で、ケーキが食べられます。

フランは卵味が普通ですが、こんなチョコレート味のフランも置いています。

さすがチョコレート菓子の専門店ですね。

隣には、お菓子専門店でこのレモンタルトは創業以来ずっと定番から外れていません。

こちらのお菓子専門店は、チョコレート専門店とは違って、お茶ができないのでお持ち帰りとなります。

タルト・シトロンは、6人分で36ユーロですので、一人6ユーロと

星付きのレストランで食べると思えば、ずっと安いお土産になります。

住所

La Pâtisserie Paul Bert( パティスリ―店 喫茶室なし) : 24 rue Paul Bert 75011 ParisLa Chocolaterie Paul Bert( チョコレートパティスリ―店 喫茶室)25 rue Chanzy 75011 Paris

このの2つのパティシエ店は角にあり、レストランもありますが、いま工事中でリニューアルオープンまちです(^^♪

関連記事

➡ パリ12区ヴァンセーヌの森隣のレストラン!

まとめ

シリル・リニャックさんの11区のレストランはこの2018年の春にリニューアルオープンの予定でしたが、いままだ再開となっていません。

レストランがリニューアルになれば、星付きの味が低価格で試せます。友人でそのレストランに行ったひとがいますが、味はよくて、値段もリーズナブルということでした。

管理人もリニューアルオープン時にぜひとも狙っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする