パリのノートルダム寺院の近くのレストラン!デーザートもおすすめ

スポンサーリンク

ノートルダム寺院はパリの観光名所の一つです。ステンドグラスは特に有名ですね。寺院まできていて近所でレストランをどこにしようと迷っている方におすすめのレストランです(^^♪

名前は Le Reminet(ル・ルミネ)で寺院から歩いて10分のところです。

レストランの特徴は、コースメニューもありますが、フルシェットという予約サイトを使って、アラカルトで注文をするととても安く食事ができるのと、盛り付けが特に綺麗です。

以前のオーナーが退職されて、新しいオーナーになって、飾りつけがもっと綺麗になりました。

場所はサンルイ島がすぐ目の前にありながら、静かな場所で店内に入れば観光地と感じないレストランです。常連客も多いです。

では早速メニューの内容をみていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

メニューで注文それともアラカルトで?

こちらのレストランにはコースメニューもありますが、アラカルトで注文するとお得に食べられ方法があります。

  • 前菜(アントレ)
  • メインディシュ
  • デザート

がありますが、これら3つのうち、

  • 前菜(アントレ)とメインディシュ
  • メインディッシュとデザート

のように2つを注文すると割引になります。

予算があれば、

  • キール                 (kir)
  • ムスー       (mousseux) 
  • 白ワイン      (vin blanc)

などの食前酒が種類がありますが、私はいつも食前酒なしでそのままワインと2品目を注文します。

そうすると、食前酒を注文しなくてもこんなヴェリーヌといって、軽いクリー系のリエットのようなものを出してくれます。このサービスで出してくれるのは、毎回違います。

こちらのレストランは、どういうわけか和食系の素材も使っていて、驚きました。

前菜には

●マキ・ドゥ・ブフ

ビネガーで味付けをした麺を海苔で巻いて、牛肉の付け合わせとクリームソースにした一品。(写真が暗くてすみません)

●サンジャック・オ・フォアグラ

サンジャックの薄切りとファオグラのコンソメスープ添えです。ファオグラといえば、ミ・キュイのテリーヌが多いのですが、スープストックのスープにした一品で上品な味付けです。

メインには

●コション・デゥ・レ

豚料理ですが、豚でも生後6週間で母乳のみで育った子豚の肉です、ソースは赤ワインのバターソースがたっぷりとかかり、ナッツ添えです。

デザートには

●ココ・スプーン・エキゾチック

ココナッツミルクのアイスクリームにチョコレートの帽子をかざっています。

デザートはとても綺麗です(^^♪

ワインは大体フルボトルで30ユーロ位からあり、この日は私はボージョレのムラン・ア・ヴォン(Moulin a vent)にしました。

ボージョレーといってもボージョレヌーボーとは違い、じっくりと熟成さています。品種はガメイで魚と肉の両方といけますし、飲みやすいタイプです。

レストランの名前と住所

レストラン名 Le Reminet〚ル ルミネ〛

住所 3, rue des Grands Degrés 75005 Paris France

Saint-Michel (M4, M10, RER B et RER C) Maubert-Mutualité (M10)

地下鉄4号線、駅サンミシェル (Saint-Michel)

アラカルトで注文して、割引を使う方法は記事を参照してください。➡レストラン予約サイトのフルシェット

このサイトを知ると予約なしで行くのが勿体無く感じますよ。

まとめ

こちらのレストランも何度も行きましたが、店長さんや他の方達のサービスの質が高く、今日は失敗したとか、裏切られたと感じたことがないのです。

レストランは、同じものを食べていてもサービス次第で良かったと思うかどうかが変わってしまいますので、こちらのレストランはお薦めですよ(^^♪

ノートルダム寺院がすぐそこですので、食事のあともサンルイ島も周れてとても便利なレストランです。いまパリでは和食がブームですので、こんなふうに和食をあつかっているレストランを味わうのもいいと思います。

関連記事

パリヴァンセーヌの森隣のレストラン!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする