フランスに移住して仕事を見つけるには?まずは何から始める?

やっとフランスに移住してきた!と思い住処も落ち着きました、とホットした後には、気持ちの余裕もでてきたので、仕事を探そうかなとは思い始めるのではないでしょうか。

しかし、就職の現実は厳しいです。

フランスで仕事を見つけるには就労許可証が必要です。結婚相手とフランスへ行くという場合は、滞在許可証と一緒の就労許可証が入手できます。

その他には、ビザのタイプで働けるかどうかに分かれます。

ビザが入手できたとなると、そこからある意味で大変な就職活動をすることになります。

それに、仕事は一度見つかると、より高収入な仕事をしたくなるものですね。ところが、フランスでは就職先の門戸が狭いことと、日本よりも額面が低くなるということがあります。

ある意味で、日本人女性だからというのがあるともいえます。

最初からフランスの企業に就職して、全てがフランス語でならやり難いというのもありますし、面接までこぎつけないことや、アピールに失敗したということもあるかとおもいます。

そこでこの記事では、日本企業とフランス企業での自己アピールの仕方、合致するプロフィールについてお伝えできればと思います。

では、早速見てみましょう。

スポンサーリンク

フランスで就職するのに有利なプロフィール

経験も色々ですが、日本人がフランス企業で、または日本企業で働く場合とでは、求められるプロフィールが違います。

それは、それそれの経営者が欲しい人材が違っているからです。

その他に、

  • 企業してまもない若い会社
  • 従業員数が少ない会社
  • 経営者が着任してからまもない会社

などのように、会社の経営者の状況や、会社の状態で、求められる人材も違ってきます。

同じ日経の会社でも、1年目と10年目では、同じ日本人を雇用する場合でも、求められるスキルも違い、貢献できる範囲も違うと言えます。

日本人企業向き

最初にお伝えしましたように、フランスへ移住してきて、いきなりフランスの会社に就職というのは、きついと思う部分があると思います。

フランス人経営者の企業で勤務となると、社内の従業員が、英語ばかりか、フランス語ばかりで話していることが多く、日本語が登場するのは稀です。

母国語の日本語はほとんど使うことがないので、1日中外国語で仕事をすることになります。

就職できたとしても、最初に仕事を覚えるときに、全て母国語以外の言語で研修を受けることになり、かなりストレスです。

講習を受ける際に、外国語で説明を受け、外国語で理解していくという作業が続きます。

その点、日本の駐在員が経営者であれば、日本企業の延長といえ、少なくとも日本人が何人かは社内にいますので、日本人も他に勤務している可能性があります。

社内では、日本語がメインで、フランス語は徐々にレベルアップしていく過程で、徐々に仕事に慣れることができるのもストレスが少なくてもすみます。

また、上司が日本人だと、わかりあえる部分があります。

そんな日本人の経営者が、採用者に期待するプロフィールは、着任した日本人の経営者が、フランスの企業の習慣でわかならい部分をフォローできることです。

もちろん、日本人の会社でも起業されたところなのか、営業が長く従業員が多くなっているのかで、求められるスキルも違います。

日本人の駐在員が、設立されたばかりのフランスに着任したばかりであれば、フランスのニュースや事務所で顧客とのやり取り、官公庁からの書面など、わかないことが多いですので、その分を補強できるスキルがあるのは、ともても重宝がられるはずです。

もちろん、専門的な知識で採用されることもありますが、その他に、文章の翻訳、社内のPCデータ管理など、マルチなスキルに期待される場合もあります。

フランス人の企業向き

片や、フランス人の企業に就職となると、求められるプロフィールは真逆です。

フランス語が主流で、フランス語が主流な会社ですので、日本語はほとんど登場しません。

フランスの習慣は日本人よりは知っているわけですがから、フランス語のレターのヘルプが必要というわけではありません。

あたたに求めれれているプロフィールは、日本の習慣を知りたい、日本の取引先を開拓したい、または英語やフランス語だと通じにくいので、日本語で頼みたいなどです。

そんな時に、フランス語があまりできないけれど、仕事ができるのかという不安がありますが、日本関連のことで、頼られるので、フランス語は多少できなくとも、それに有り余る業界の知識があれば、採用となります。

フランスの企業で、日本人を採用する場合は、ある程度の規模の会社で、日本人デスクがある会社もあります。

日本本社の100%子会社ではなく、フランスなりインターナショナルな企業の子会社で、日本人企業向けのサービスを行っているなどです。

この場合は、上司も日本人で、フランス語がフランス人レベルにできなくとも、仕事をする上で支障がないくらいで、アシスタント業務で有能なスキルがあることが要求されます。

ワードやエクセルなどのスキルはもちろん必要です。

または、大きく成長している会社で、アジア向けに成長をしている会社などでは、日本人のマーケットを目標に人材を募集している場合があります。

この場合も、フランス語は仕事をする上で支障がないレベルでも大丈夫で、専門スキルや対象となるマーケットに精通しているのは強みです。

求人応募の仕方はこちらの記事へ↓

就職の準備を進め何度か求人に応募をしたが、まだ採用に至っていないという場合もあるかと思います。 理由としては、求人の応...

労働許可証ありとなしの働き方

フランスに移住してから仕事を見つけるためには、応募条件である労働許可証が必要です、しかし、会社勤務をしなくとも、自由業者でありづづけられます。

会社形態が違うだけですので、自分自身ですでに自由業としてネットワークがあれば、収入の申告をするだけです。

起業とオートアントロプルナー

自由業であれば、会社を起業することも可能ですが、

  • 定款作成
  • 登記
  • 決算書作成
  • 申告と納税

など、事業規模が大きくなくとも、当局への提出書類で時間とコストもかかります。

決算書作成を社内で行うとなれば、ソフトの導入、経理担当者の採用も必要です。

一人で全てできる業務範囲の会社でり、売上げ高の上限が高くない場合には、オートアントロプルナーは結局費用がかかりません。

  • オートアントロプルナーの上限は年に
  • サービスで約7万ユーロ
  • 物販、賃貸などで約17万ユーロ

です。

オートアントロプルナーの形態では、VAT(消費税)の回収ができないので、SASやSARLなどの形態で起業をするのもできますが、決算申告をするための人員の費用が大きくなります。

他の労働形態

労働ビザがない場合で収入を確保したい場合は、学生ビザというのもあります。

実際に学生ビザを更新して、企業で勤務をづづけている場合もありますが、勤務時間の上限が約20時間で、通常の半分んです。

勤務時間がその範囲で終われば、問題がないですが、それ以上の労働になって残業手当が払われない例もあります。

学生ビザは、所詮学業をするのが本命ですので、高い授業料を払うことにもなりますので、その終了証書が貰えないと意味がなくなりかねません。

実際に就労ビザがないと、フランス国内の企業への採用はありませんが、フランスに滞在し、日本企業から収入を受け取るのには、問題はありません。

フリーランスとして、専門職を活かしそのまま仕事をし、フランスで納税をすることもできます。

パリで暮らすことになり、生活費はどのくらいになるか調べている方もいらっしゃるでしょうか? 東京もそうですが、フランスの首都であるパリは...

まとめ

いかがでしょうか、フランスに移住をして就職活動をする際のプロフィールについてお伝えしました。

日本人経営者の企業と、フランス人経営の会社では、メンタリティーももちろん違い、要求されるフランス語のレベルは違います。

フランス語がペラペラになるまでには時間がかかります。 広告で、「3か月でペラペラに」というようなキャッチコピーも目にしますが、3か月で...

フランス語のレベルは高いにこしたことはないですが、それ以上の専門スキルがあれば、採用の対象者のリストに入っていくでしょう。

また、会社の従業員規模や、営業年数にもより、企業内でのノウハウが蓄積されていきますので、そこでまた求められるスキルも違ってくるのが一般的です。

応募する前に、今一度自分のアピール内容を考えて日本からでも応募していくと、仕事も見つかり易いでしょうし、こまめにサイトのチェックが必要となるでしょう。

【内容】 ネット上にある膨大なフランス語で書かれた求人情報の中、どのように自分に適した情報を検索し、CVを送っていくかを解説しています...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする