海外留学の目的って何?行ってはみたいけど効果ってどうなのか

スポンサーリンク

海外留学って、外国語を勉強している人なら、興味がある方も少なくないのではないでしょうか。

何週間から、何カ月間か、はたまた何年とも期間はそれぞれです。

それにずっと日本でフランス語の勉強をしていても、なにか伸び悩んでしまうのかとも、そう思ってしまう時期はあるかと思います。

海外留学は、海外旅行とも違います。

留学ともなると、受け側の学校が、受け入れ態勢を取り現地で勉強できる環境を整えています。

実際のところ、留学はお金がかかりますし、学生時代に留学するのが将来への投資になるかと思いますが、学生で自力で何十万円ものお金を捻出するのは大変です。

親にお金を出して貰える人ばかりではありませんし、実行に移せないで終わることもあります。

就職してからでもブレーク期間を作ってすることも可能です。

ブレーク期間についても、留学をするのも、費用や勇気もいりますが、そこにはやはり魅力があり、実りが多いものと思います。

それは、その国に行ったからこそ、その国の習慣や考えが見れることではないでしょうか。

海外留学でどんなことがプラスになるのでしょうか、管理人が思うところをお伝えします。

スポンサーリンク

海外留学の目的は何なのか?

海外留学はしないよりはした方が良とは思いますが、先だつものですよね。留学ともなると、旅行よりも費用がかかります。

ところが、費用はかかりますが、旅行ではできなくて、留学でならできる部分はあります。

カルチャーショック経験

管理人は国際結婚をしてからパリへ来て、フランス語のブラッシュアップに、アリンス・フランセーズという、語学学校にへ行きました。

実践的なフランス語を習得したかったこともあり、「商業ビジネスフランス語」の講座に通いました。

そこの先生が、年配の女性だったのすが、「マドモアゼル」だったのです。

へんな言い方ですが、年配の方ですので、顔にシワもあり、お子さんもいる方でした。

にもかかわらず、生徒にも「マドモアゼル○○」と自己紹介をしていました。

日本では、

  • マドモアゼル
  • マダム
  • ムッシュー

の呼び方は3つで、結婚していればマダムとムッシューと習慣を習っていました。

ところが、その先生は子供もいる方でしたが、マドモアゼルと自己紹介していました。

「子供がいてもマドモアゼル?」と凄く不思議だったのです。

婚姻届けを出していないで、子供を育てている方でした。

異文化との出会いでした!

異文化の発見

管理人の旦那さんはフランス人ですが、私たちはごく一般的な結婚の形態をとっています。

しかし、フランスでは一緒に住んでいて、実際に子供がいても、結婚の形態をとらないカップルも少なくないです。

夫婦関係を、結婚という形にこだわっていません。だからといって正式な婚姻をしていないからといって、生まれた子供に対する責任感が少ないというものでもないのです。

結婚をしてから離婚することもあります。だから、いっそのこと結婚をいきなりしないで、準備段階を経て結婚をするという思いもあります。

また、フランスは欧州のなかでも、出生率が高い国です。カトリック教の国だらかと思いがちですが、宗教うんぬんよりも、税金の控除など仕組みや、出生手当が充実して子供を産みやすくしています。

また働くお母さんが子供を預けて仕事をすることに、罪悪感を感じなくてすむような社会になっています。

このような背景を理解するのも、日本にいれば新聞やメディアを通して情報は入ってきますが、実際に「マドモアゼル」発言を通して、肌で感じることがきる出来事は、留学したから体験できたことでした。

海外留学はいつすべきか

学生時代に行くべきか

留学はやはり学生時代にした方が、外国語をより簡単に学べます。それこそ単語や、文法を覚えるのには、若い方がいいです。

5歳の時の方が15歳の時よりも早いですし、大体20歳の学生時代では遅いともいえますが、日本では外国語の授業もあまり、会話に力を入れていません。

私立の学校にいれば別ですが、多くの日本人が第2外語を18歳から習いますので。

英語でさえも、12歳からですし、先進国の中で、ましてGDP世界第3位の国ですが、外国語の習得にはハンディがあります。

一般的な家庭に生まれれば、ハンディがありますので、自分で海外留学をしていくのが、そのハンディを少なくしていく手段だと感じます。

社会人になってからでも有益か

社会人になってからなら、日本の企業にいると、2週間の休みをとるのは難しいですね。

外資系に務めていれば、3週間くらいでしたらお休みも取れます。

管理人は日本で勤務していた間は、外資系の会社が多かったので、休みを取ることはできました。

社会人になってからの旅行は、学生時代と違って、社会経験がある分、外国の社会の見方が違ってきていますので、一度の短い留学でも貪欲に社会事情を見る気持ちがあり、年齢のハンディを克服するものがあるかと思います。

実際に働いてからは、海外の労働環境がどうなのかなど、学生時代の意識とは違った視点で、見れるのがいいと思います。

日本にいる間は、ビデオ講座など、毎日フランス語に触れる環境を作ることで、留学の準備ができます。

まとめ

海外留学について思うところをまとめました。

カルチャーショックとはよく言いますが、事実国によって考え方はとても違います。

日本の学校でなら、先生からあてられるまで、答えを言わない習慣があります。

フランスでは、順番を待って発言をする風習がありまんせし、瞬時に自分の意見を言う習慣がありますので、沈黙の美徳とはかけ離れて映ると思います。

そのような風習も、旅行では実際に素通りしてしまうものですし、学校の紹介でいろいろな家庭の様子を垣間見て、経験して国の生活習慣を見れるからこそ、単語や表現の意味がわかり、外国語が習得していけるものだと思います。

フランス留学を考えていらっしゃる方もいると思います。

半年や1年の留学で、直接キャリアアップや就職に役立たない場合もあるでしょうし、またお休みを取ること、またお金もかかります。

ですので、それぞれの目的をはっきりさせて、準備することが大事だと思います。

ただ、行ったならその留学が決め手となるようにがんばって下さい。

管理人も短い期間の留学でしたが、それで仕事が見つかりました(^^♪

普段のフランス語の勉強にはビデオ講座学習がおすすめです。

フランス語の勉強、なかなか大変ですね。 今日勉強を初めて、今日からペラペラとはならないにしても、1年後にはしっかりしたものを手に入れた...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする