マクロン夫人のファーストレディの役職とその国民負担

アメリカでは大統領夫人はファーストレディといわれています。フランスではその考えは広く認めれていなく、大統領夫人が正式なステータスをもっていません。

マクロン大統領は選挙活動中に、そのファーストレディとしての役割を公務として正式なステータスにしたいと言っていましたが、承認されませんでした。

しかしファーストレディーであってもなくても、国の顔という役割を果たす以上費用が発生します。

ステータスがどうであれ、大統領夫人が使う費用を透明化しようと、マクロン政権では、夫人の行動に使われる費用を公にする動きをみせています。

スポンサーリンク

夫人の行動にかかる費用の項目

実際どのような費用が夫人の費用として認められているかというと、

  • 移動費
  • プレゼント
  • レセプション

が大まかな項目になります。

他国から大統領が来た、またはマクロンさんが他国に行ったなど、来賓のレセプション(会うこと)に立ち会えば、その時に身に着ける洋服一式の費用もその対象になります。

では、一体いいくらの予算がくまれているいるのでしょうか。

ブリジットマクロン夫人のオフィス長であるコスタ氏によると、いまのところ、マクロン夫人の費用は、過去の夫人の費用より、低く抑えられているということです。

前大統領夫人たちと比較するとどうか

マクロンさんの前の大統領は、オランド前大統領でした。

彼の奥さんは、ヴァレリー・トリエルヴァイラーさんという女性でした。

彼らは正式には結婚をしていませんでしたが、婦人としての扱いを受けていました。

オランド政権時の右派の下院議員、ラリヴェ議員によると、トリエルヴァイラーさんのチームは専任5人の手取り給与が一月約2万ユーロ(約250万円)と、前の大統領夫人達の専任チームよりは、少し多めといわれていました。

ラリヴェ議員は、オランドさんの前のサルコジ元大統領の夫人のカルラブル二ーさんのときの費用について以下のように言っていました。

2012年の1月には、チーム8人体制で約手取りで、一月3万6千ユーロ(約450万円)と言っています。

ところが、このブルニー夫人の場合、歌手でしたので、その個人のサイトの制作と運営費用をエリゼ宮が負担していたこともわかりました。

その金額が、約2万5千ユーロ(約300万円)、この費用を官邸が負担するのはさすがに、物議をかもしました。

さらに、フランス会計監査院のレポートで、約2年で41万ユーロ(約5千万円)のサイト立ち上げ費用が官邸から払われたのを報告していました。

サルコジさんの前の奥さんはセシリアさんでした、任期中に離婚しましたが、カナールアンシェネ紙という新聞が、セシリアさんがクレジットカードを所有していて、個人使用にもかかわらず、その費用がエリゼ宮で払われるたことがスッパぬかれれたこともありました。

その後、カードは2回使っただけで、セシリアさんは返したということでしたが。

そのような過去のなんとなくはっきりしない分があり、マクロン政権では、婦人の費用を透明化したいといった考えがあったようです。

マクロン夫人のご愛用のルイヴィトン

マクロン夫人の洋服はトータルでルイヴィトンで揃えているのはニュースでも流れていました。

マクロンさんが大統領に選出されたのは、2017年の5月です。

ルイヴィトンは、既に2015年の夏から、マクロン夫人へ衣装の貸し出しをしていたということです。雑誌「チャレンジ」によると、ヴィトンからの洋服の貸し出費用は大統領官邸が負担しているということです。

マクロン夫人には、毎週のように、有名メーカーが、『うちのを着てください〛という申し出があるそうです。通常であれば、有名な有名な女優さんにある申し出ですが、大統領夫人へ申し出があるということです。

マクロン夫人の考えは、ガラのソワレでフランスのブランドを披露するのはフランス産業に良いことだとジャーナリストに答えています。

マクロン夫人のフジェールの間

夫人のオフィスは、過去の夫人と同じく、エリゼ宮の『フジェール』の間です。

フランス市民から届く手紙に対応したり、公式訪問などの仕事をしているということです。

人気があるようで、毎日140通の手紙が届いているということです。すでに、2か月が経過していますが、前ヴァレリー・トリエバイラーさん(とりあえず、人気がなかったのです)が1年間に受け取った手紙の数をすでに超えているということです。

現在、マクロン夫人のチームは3人の専任で、更に二人の警護がついています。ただ、幾らの費用かは明かされていません。

ブリジットさんのオフィス長のコスタ氏は、今後の夫人の『ステータス』がどうなるかは今の段階で言えないが、夫人の行動がネット公開されるべきと言っています。

スポンサーリンク

今日の単語

la Première dame                 ( ファーストレディ  )

l’Elysée                                ( エリゼ宮  )

un personnage officieux        ( 非公式な役割 )

une enveloppe allouée          ( 予算 )

une rémunération                (  給料 )

une polémique                    ( 物議 )

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする