フランスで就活!面接際の自己紹介テクニック!スピーチの長さ

スポンサーリンク

別記事でIndeedとMonsterで求人広告の探しかたをご説明しましたが、適切なポストだと思えば、応募の際に志望動機書(Lettre de motivation)をつけてCVを送ります。

あなたのCVがそのポストに合っていれば、リクルート会社なり、企業の人事担当者から通常翌日には連絡がきます。

また、CVを送っても返事が3日以内にこないと、そのまま返信がないと思ったほうがいいです。

連絡がくればなれば面接に進みます。

面接では口頭で職歴などを説明しますが、自己アピールも大事です。

担当者の方から電話がかかってきたときに、不必要なことはいわず、なるべく面接日を決めて、電話を切り、当日の面接に臨むのがいいです。

担当者からはは簡単な質問もありますので、準備をしておかなければないません。

スポンサーリンク

人材派遣会社から電話で聞かれる求職状況

CVには電話番号を記載するので、CV選考にとおれば、電話がかかってきます。ですので、いつでも電話がかかってきても良いように、またしどろもどろにならないようにしないといけません。

①求人広告の内容を印刷して、いつ電話がかかってきても良いように、どの人材派遣会社(どの会社かも)かも書いておく。

====電話で相手の名前をフランス語で聞き取りが難しいので、何回も繰り返さないように、名前を頭にいれておくと良いでしょう。

②現在のあなたの求人希望、なぜ求人広告に興味をもったのか。

③辞表を出して就活しているか、解雇にあったのか聞かれれたら。

電話で受け答えするのは、とてもハンディがあるので(フランス人でも)、なのでなるべく面接で答えるといって、電話でなるべく答えなくて済むように伝えないといけません。

電話では5分くらいで話を済ませて、いつ面接に行けるかをきかれるので、即答ができるように、日時、場所を決めましょう。

後で、当日の面接場所と持参するものはメールで伝えると言ってきますので、あまり電話が長くならないように、電話を切りましょう。

当日、CVの他に持参しないといけないもので、

Demande d’extrait de casier judiciaire (bulletin n°3)

というのがあります。

これは、過去の犯罪歴を書き込んだ用紙で、政府の公的機関が発行しているものです。ネットで依頼できます。

依頼先

アドレス➡ https://www.cjn.justice.gouv.fr/cjn/b3/eje20

面接がなければ、通常依頼することもないようなものですが、面接時に持参していけなければ、後で送付すると返答しても怪しまれることはありません。

自己紹介と自己PR Réalisations probantes

当日、軽い挨拶が済めば、

それでは、「自己紹介をしてください」といわれるので、時間制限がなければ自己紹介を3分位でできるように、時系列で説明していきます。

①今までの勤務先の総合的な業種、ポジションや勤務内容。

②勤務先での、仕事の功績など。

学位の説明はあまりなく、なぜフランスにくることになったかを軽く説明して、実務歴を履歴書に合わせて説明して、途中面接官が質問してきたら、それに答えます。

自己紹介のなかで、Réalisations de probante と聞かれることがありますので、

その場合は、自分が現在の会社や、以前に働いた会社で行った、PRできるものを論理的に。

自己アピール

xxxの状況の中、私はxxxをこうして達成しまして、xxxを会社にももたらしました。。。

と言うようなことを2、3分位でいえればOKです。

短くてきぱきと言えないと、好印象が台無しになってしまいますので、てきぱきといえるように準備をしておきましょう。

1分スピーチは、大会場で企業との出会いを用意している就活の場で、早くPRできるように別バージョンで用意する必要があります。

履歴書の選考に通った面接の際に、応募した時の求人がすでに埋まっているときもあります。

しかし、求人は常にありますので、連絡があったということは、あなたのCVに興味を持っているということですから、好印象をのこして、次回の求人があったときに連絡をもらえるようにしたいものですね。

今日の単語

les réalisations probantes        ( 実際に行ったPRできる実例)

extrait de casier judiciaire      (犯罪履歴書)

les entretiens                 ( 面接 )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする