フランス語で求人情報をネットで探す!日本に居ながら応募する方法

スポンサーリンク

フランスで仕事探しをするには、まずは人材派遣会社のサイトで履歴書の登録をしたいものですね。

日本にいながら、フランスへ行く前に就職先を探しておくと、ワーホリなどの1年間の労働有効期間をフルに使えます。

履歴書は送ったけれど、返事がこないときもありますし、応募の仕方がよくなかったのかもチェックしたいところです。

改善点があれば次回に応用したいものです。

IndeedやMonsterのサイトで仕事先をみつけて、どのように履歴書と志望動機書を送っていけば良いのかも、一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

市場が小さい日本人担当者の人材派遣会社

別記事、フランス人の給料はどのくらい?の記事できしましたが、日本企業だけを対象にすると、就活はとても困難です。

フランスで発行されている日本人向けの日本語新聞(OVNI)があり、この新聞の求人欄で仕事を探そうと思うと、紙面で月に1回の発行なので探している仕事口は年に一回くらいの割合でしが、広告にでないのが実情です。

実際に、フランスに拠点を置く日本企業は少ないですし、日本企業を顧客にしている派遣会社(ありますが)に登録しても、もともと数が少ないという事実は変わりません。であれば、フランスの企業で働けば、チャンスも広がるというものです。

現地のフランス人の会社で仕事を探す

フランスの求人情報の具体的なサイトとしては、INDEEDやMONSTERの二つのサイトをお薦めします。

理由は、フランス一般企業もしかり、そして人材派遣会社の広告がこれらのサイトに掲載されているので、各人材会社サイトで個別に探すより効率が良いからです。

そして、ここにはフランスの職安であるポールアンプロワの広告も掲載されています。

具体的には、

①IndeedとGoogleで検索し、上記のIndeedの画面で、

②職種を『quoi』へ、場所を『où』へ打ち込んでEnter。

そうすると職種によっては10ページ以上にも渡って、求人広告がでてきます。

また、左側に、年収のランクがあるので、探している枠でさらに絞ることもできます。

そうすると、検索結果ができますので、

③実際に、一つクリックしてみると、

求人広告を出している会社か、人材派遣会社を通しての場合だと人材派遣会社の名前で求人広告がでてきます。探している人材の職務内容が書いてあります。

希望条件に合う内容の広告を探していきます。

英語が話せる(anglais)というのも、求人の条件でありますので、フランス語だけで探すよりは日本には有利になりますね。

④希望の仕事口が見つかれば、Indeedのサイトでアカウントを作成します。

「Connexion」からアドレスメールを書き込んでいくか、

Facebookで登録ができます。

⑤サイト上で履歴書を作成しても良いのですが、ワードやPDFで履歴書を作っておいて、応募の度に履歴書を送付する「teélécharger votre CV」をお薦めします。

⑥履歴書は、毎回応募の度に送るのですが、「Profil」蘭には、住所やメールアドレスや電話番号を記載します。

⑦「Formation」に蘭には、取得した学位や、英語のレベルなどを書き込みます。

履歴書は、常にフランス語と英語は用意しておいて、応募できるようにしてみましょう。

フランスの習慣で、志望動機書(lettre de motivation)を添付する例が多々ありますので、このIndeedから履歴書を送る場合は、志望動機書も用意しておくと良いですよ(^^♪

この「m’avertir lorsque des emplois similaires sont disponibles」の蘭をチェックしておくと、類似した仕事口があると、メールで通知がきますので、条件に合致していれば、応募するようにできます。

たまに、志望動機書なしで、そのまま履歴書だけという会社もあります。どちらにしても両方用意しておくと即送れますので、準備は万全にしておきたいですね。

フランスで勤務することになりますと、カードル(管理職者)かノンカードル(非管理職者)かにより、福利厚生が違ってきます。

関連記事

➡ フランスの管理職と非管理職の違い!

現在勤務している場合で、もしカードル(管理職)であれば、再就職の際にApec(アペックといって、管理職対象の職業安定所)にも登録しておけば、無料で受けられる講習もあります。

もし解雇された後であれば、職安で講習に通えるように依頼するのがお薦めです。

関連記事

フランスでの解雇されると?辞職との違いや職安の申し込み徹底紹介

講習先は、職安でも行われていますし、また出先機関でも行なわれています。

「bilan de compétences ビラン・デゥ・コンペタンス」といって、仕事上の 技量の総括をしてもらうことで、履歴書を書きなおして、再就職をするときに、面接にもどう望めるか理解できることでとても役に立ちます。

履歴書を書き直して、面接にのぞみましょう。

Indeed やMonsterのサイトでは、日本からでもCVは送ることができます。

履歴書の書き方は重要です。出来上がった履歴書で反応が違いますので、講習を受けて書き直すチャンスがあればそれにこしたことはありません。

今日の単語

le bilan de compétences     ( 技能総括)

la lettre de motivation        ( 志望動機書)

un entretien                 ( 面接 )

des formations                   ( 講習)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする