フランスで管理職と非管理職の違いを理解する!日本とはどう違う?

スポンサーリンク

現在の会社で働くなか、なんか労働条件が悪いのではないか。。。とか同僚にくらべて、労働条件が悪すぎるのではないかと思ったら、とりあえず、上司と交渉して、それがダメなら、別の仕事先を探してみるのはどうかと考えてみてはどうでしょうか。

いまフランスにいるあなたが、日本語新聞の求人欄以外でしか職場を探したことがないなら、ハローワークで、ないしは、求人サイトにログインして、今の相場をチェックすることをお薦めします。

もうすぐフランスへ行くというあなたも、ぜひとも下調べしてから出発してください。

実際に行ってから準備したのでは遅いので、いまから、仕事をみつけていく準備をはじめましょう。

日本語新聞はネットでもみられますが、フランス現地のリクルート会社のサイトであるからこそ、労働条件の相場の情報を提供しています。

スポンサーリンク

管理職のカードルと非管理職ノンカードルの違いが後でものを言ってくる。

日本とは違うのですが、フランスは、入社していきなり管理職ってことがあります。その基準は学歴で、短くても職場で働いた経験があり、管理職の才覚があるとして、採用されます。

でも日本人が高学歴であっても、フランスで勤務すると、案外非管理職になるケースが多いです。

あたりまえに、勤務を始めるに当たって、労働契約書にサインして仕事をスタートしますので、非管理職だからといって不当だということではないのですが、労働法を知らないと、これで良いかなという気になります。

会社が所属している、団体協定を知らないが故に、労働契約書にサインしてスタートするからなのです。

それと、フランスでは、管理職を解雇するとそれなりに費用がかかるので、現地採用のせめて日本人は、非管理職で採用をしたいと考えている経営方針はあるのかもしてません。

それだけではなく、労働条件を明確にしていない会社もありますので、有給の数え方もしらされていない場合もあります。日本人経営者が、駐在期間を終えて、日本へ戻ると、次の新着任者の知識はゼロになるので、また一からやり直しという現状もありますが。

関連記事

➡ フランスでの解雇されると?辞職との違いや職安の申し込み徹底紹介

留学で、ワーホリで、結婚してフランスにいくあなた、いまから準備を。

ですので、日本語新聞の求人欄に頼らなくても、人材紹介会社はあります。

関連記事

➡ フランスで求人ってあるの?日本人が応募しやすい人材派遣会社選び

ただ、あなたのフランス語が面接官に上手く通じて、相手に論理的に、『採用してもらえれば、会社にこのくらい貢献できます』というように、相手にその気にさせる言い回しを習得してから、面接にチャレンジしましょう。

結局日本人が応募して、採用されていく土台がまだ設定されていない、つまり労働市場が成熟していないということなのであれば、現地の就職サイトで、違う角度からせめてみましょう。

まずは、1分スピーチで、あなたの経歴をフランス語でいえるように

まとめてみましょう。 簡潔にまとめるがキーワードです。

今日の単語

un entretien                             ( 面接)

une convention collective                 ( 団体協定)

les conditions de travail                (  労働条件 )

une société de recrutement             ( 人材派遣会社)

les congés payés             ( 有給)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする