フランスのメレンゲデザート10選ご紹介!しっとり感がこんなに違う

スポンサーリンク

フランス語で「ムラング」と言われているのを聞いたことがある方も多いと思いますが、ムラングはフランス語で、メレンゲのことです。

このメレンゲは、随分とデザートに使われています。

フランスのパン屋さんへいくと、このメレンゲ菓子がショーウインドーに見えます。

なんでこんなにメレンゲ菓子が多いかは、デザートには卵の黄身を使うことが多いですので、残りの卵白が余るからです。

余りものの廃品回収ではないですが、そんな卵白を有効利用しているメレンゲのデザートは案外多いです。

メレンゲは温度や混ぜるもので、妖怪のように性質が変わり、ふんわり、しっとりになります。

タルトの上に載せて、綺麗な飾り付けに使ったり、またしずくの形にしたりと、またフランスではレモンタルトが一番人気で、レモンタルトのバリエーションも沢山あるのです。

そこでこの記事では、そんな色々なメレンゲのデザートの名前をフランス語名も含めてご説明します。

一番下のまとめで、フランス語の説明をいれました。

では早速見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

メレンゲのデザートの飾り付けと名前

メレンゲはフランス語で『ムラング』と言います。

メレンゲのことですが、大きくわけて種類は2つあります。

●イタリアンタイプ→ムラング・イタリエンヌ「㋑」

●フランスタイプの→ムラング・フランセーズ「㋫」

があります。

【フランセーズとイタリエンヌ】

ムラング・フランセーズ(フランスのメレンゲ)に対抗するのが、ムラング・イタリエンヌ(イタリアンのメレンゲ)です。

フランス風とイタリアンの二つはどこが違うかというと、砂糖の入れ方です。イタリアンのメレンゲは、卵白を泡立てた中に、沸騰させた(約115度~120度)砂糖湯を混ぜています。それでしっとり感がでます。

イタリエンヌの方は焼き上げても、上のメレンゲ菓子のようにサクサクにはなりません(^^♪

棒状メレンゲ「㋫」

お菓子屋さんや、パン屋さんへ行くと、このようなメレンゲが売っています。これらが素朴な「メレンゲ」です。

シンプルに砂糖と卵白だけで作っています。

通常お菓子作りには卵黄を使いますので、残った卵白を泡立てて作るのが、このタイプのメレンゲです。

卵白を泡立てて、粉砂糖を混ぜて好きな形にして、オーブンで焼きます。

色は白が多いですが、ピンク色もありますし、フランボワーズ(イチゴに似た果実)のジャムを入れることもできます。

ケーキ屋さんで売っている、これらのメレンゲ菓子は、カラカラタイプで、しっとり感がありません。

しっとり感をだそうと思うと、イタリアンメレンゲにします。

では、イタリアンメレンゲの代表といえば、「オムレット・ノルヴェジエンヌ」です。

オムレット・ノルベジエンヌ「㋑」

オムレット・ノルヴェジエンヌは、アイスクリームをスポンジケーキの型に入れて、それをイタリアンのメレンゲで囲み、オーブンで焼いたものです。

出来上がりは、お家が完成した感じです(^^♪

オムレット・ノルベジエンヌ(ノルウェーのオムレツ)

中には、アイスクリームが入っています。

このデザートは、手早く行うのが決め手です。アイスクリームが溶けないように、作ったメレンゲを手早く形よく載せ、オーブンで1分くらい焼いて、軽く焦げ目を作るのがポイントです。

このオムレット・ノルヴェジエンヌはレストランでもそうお目にかかりません。

それに対し、同じ卵白系のデザートでも、必ずメニューにあるのは、イル・フロタントです(^^♪

浮島のイル・フロトンㇳ「㋫」 

イル・フロタント(île flottante 発音はイルフロタントと最後のトを発音し、浮島という意味です)は、フレンチメレンゲで作り、クリームの上に載せています。

このクリームは、クレーム・アングレーズと言います。

牛乳と卵を混ぜたクリーム色のさらさらしたクリームです。

メレンゲは電子レンジで作れますので、出来上がったら好きな形に切って、クレーム・アングレーズをかけて、その上に砂糖をほんのり焦がしたキャラメルソースをかけて出来上がりです。

イル・フロトント (île flottante 浮島カスタードクリーム添え )

このくらい大きなサイズででてくるのは珍しいです。日本のオムライスくらい大きいです。

形はいろいろです。丸型でカラメルソースをかけたりと、こんなのもあります。

カラメルソースを濃いめにするかどうかで、イル・フロタントの味もかなり違ってきます。

タルト・オ・シトロン・ムランゲ 「㋑」

タルト・オ・シトロン・ムランゲは、レモンタルトのメレンゲ載せです。レモンタルトの上にメレンゲを載せて、オーブンで焼きます。

使うメレンゲは、イタリアンです。

タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée メレンゲのレモンタルト)

同じく、タルト・オ・シトロン・ムランゲ で、丸形です。イタリアンのメレンゲだと、この位のしっとり感がでます。見た目でも違いを感じますね(^^♪

タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée メレンゲのレモンタルト)

中のタルト生地、レモンクリームとメレンゲの割合は同じくらいです。

同じく、タルト・オ・シトロン・ムランゲですが、厚みをもたせたメレンゲです。焼き時間を短くすることで、ふんわり感がでます。

タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée メレンゲのレモンタルト)

スポンサーリンク

フランス人はレモンタルトが一番好きなのか、とりあえずレモンタルトのメレンゲ載せが多いです。

メレンゲと、レモンクリームのカスタードクリームのこんな飾りも綺麗ですね。

タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée メレンゲのレモンタルト)

タルト・オ・シトロン・ヴェール・ムランゲ 「㋫」

名前が「タルト・オ・シトロン・ヴェール・ムランゲ」です。同じメレンゲでも、若干の緑の色目を入れているのですね(^^♪

「vert ヴェール」は緑の意味です。

タルト・オ・シトロン・ヴェール・ムランゲ (tarte au citron vert meringuée メレンゲのレモンタルト)

その他に、イタリアンメレンゲで作るヌガをご紹介します。

ヌガ「㋑」

ヌガもイタリアンのメレンゲから作るお菓子です。

レモンタルトやオムレット・ノルベジエンヌのメレンゲとの違いは、ヌガにはハチミツが入っています。

ヌガ (nougat ヌガ)

ハチミツが入っていることから、作りたては柔らかくても段々と固くなってきます。

この固いヌガを普段フランス人が日常的に食べるかというとそうでもないです。お土産で出回っています。

スポンサーリンク

ヌガ・グラッセ「㋑」

ヌガ・グラッセもイタリアンのメレンゲから作るお菓子で、ヌガとの違いは生クリームが入っていることです。

材料を混ぜて型に入れてから、冷凍庫で6時間以上固めると出来上がりです。

ヌガ・グラッセ(nougat glacé 冷たいヌガ)

ヌガの2層の間に、赤いフルーツのシャーベットを入れています。

ダクワーズ㋑

ダクワーズはアーモンドの粉をベースに作って、イタリアンメレンゲを混ぜて、円盤型にしたものです。

これをダクワーズのビスケットとも言います。

ビスケットというと、四角の茶色をサクサクしたものをイメージしますが、円盤にして焼いたものw、ダクワーズの「ビスキュイ」と言います。

このダクワーズ生地のビスケットは、しっとりにに仕上がります。

スキュセ「㋑」

スキュセは、ダクワーズのビスケットを使い、中にクリームを挟んだデザートです。

スゥクセはの意味はフランス語で、成功という意味です。

中に入れる生クリームの味はバリエーションがあり、プラリネのクリーム(ヘーゼルナッツのクリーム)や、ラズベリーなどあります。

フランボワーズ(framboise ラズベリー)

これはラズベリーソースです。

飾り付けに、ラズベリーソースをのせたりと、言い方は、スゥクセと、言ったり、プログレとも言うときああります。ダクワーズをベースにしたこれら2つの明確な違いはないです。

その他に、メレンゲデザートといえば、マカロンがあります。

マカロン「㋑」

おなじみのマカロンもメレンゲで作ったデザートです。

マカロンの生地の材料は卵白の中のアーモンド・プードル(アーモンドの粉にしたもの)の割合が大きいです。

マカロンの生地の焼き方もありますが、中に入れるフルーツのアレンジで、見た目も味にも影響があります。

小さなマカロンもあるます。

マカロン( macarons )

マカロンはレストランの食事で最後のメニューのデザートに出てくるというより、最後にコーヒーの際に出されることが多いです。

デザートとしての豪華さという面では、オムレット・ノルヴェジエンヌのようなのが受けがよいので、コーヒーのお供というような、こじんまりした、でも最後の締めくくりには大役ですね。

メレンゲのまとめ

メレンゲは、フランス語でムラングと発音します。メレンゲで使ういくつかの言い方です(^^♪

メレンゲ 「ムラング」(フランス語 meringue)

フレンチのメレンゲ 「ムラング・フランセーズ」(フランス語 meringue française)

イタリアンのメレンゲ 「ムラング・イタリエンヌ」(フランス語 meringue italienne)

ダクワーズのビスケット 「ビスキュイ・ダクワーズ」(フランス語 biscuit dacquoise)

スキュセ 「スキュセ」(フランス語 succès)

レモンタルトのメレンゲ載せ(飾り)「タルト・オ・シトロン・ムランゲ」(フランス語 tarte au citron meringuée)

最後の言い方のムランゲ(meringuée)は、修飾語的使い方でメレンゲで覆ったという意味です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

メレンゲのデザートは、フランス風もイタリアンもお菓子にとても多く使われています。

見た目がなにせふわっとしていますので、美味しそうに見えて、食べたいと思わせる何かがあるということなのでしょう。

レモンタルトは、フランス人にとって一番人気のデザートと言われているように、ケーキ屋さんには必ずと言っていいほど置いています。

メレンゲなしのクラシックなレモンタルトも、レストランのメニューにはよく出ています。

また、オムレット・ノルヴェジエンヌは、レストランでもそうお目にかかれませんが、機会があれば、ぜひ食べてみてください。

冷たいアイスクリームと、メレンゲがまじりあったアートなデザートです。

パリのシャンゼリゼ通りは、凱旋門からコンコルド広場までは、いつ歩いても飽きません。 観光名所でツーリストで賑わっていますし、そしてビジ...

デザートはやはり別腹で、フランス料理を食べた後はお腹が一杯でも、それでも食べたくなるのが「デザート」ですね(^^♪ デザートは飾り付け...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする