文化遺産の日一覧

欧州文化遺産の日が9月にあり、色々な歴史建造物に入館できます。パリの歴史建造物をまとめています。

フランス文化遺産の日2019年9月21日と22日 パリ5区名門アンリ4高校他

超名門のアンリ4高校、ポリテクニック行きを確保する高校であまりにも有名です。 日本も同じですが、このアンリ4に入るがために、中学からこの5区に子息を住まわせて アンリ4に通わせる親御さんもいます。成績がよければこの高校には入れません。 こちらの高校は、Abbaye大修道院長が統括する修道院、教会や修道者の居住区域様式となっています。

文化遺産の日2019年9月21日と22日 パリ3区と4区カルナヴァレ美術館

CNAM(クナム)Conservatoire national des arts et métiersは再就職のためにも専門職をいかした学位を取得できる国立の大学です。講義はお昼にもありますが、働きながら学位を取り直すために、夜も講義を開いています。勿論、外国人でも最初の書類審査にとおればいけますし、なにより、低額の予算で、一流の講師が講義をしているのが、いかにもフランスですね。

フランス文化遺産の日2018年9月15日と16日 パリ17区フリーメーソン

•Grande Loge de France (フランスフリーメースン、グランロ―ジュ) こちら9区のグランオリオンの対抗馬、グランロ―ジュです。グランオリオンと同じくメンバーはフランス政界にも影響を及ぼしているといわれ実際に閣僚のなかにも在籍者がいるほど、その存在は謎めいています。

フランス文化遺産の日2019年9月21日と22日 パリ1区の建造物

ヨーロッパ文化遺産の日は9月16日と17日。普段入館できない建造物もこの週末は入館できます。パリの1区の入館可能な記念物をご紹介します。マリーアントワネットの独房がある、パリ裁判所付属牢獄や、その公判の資料が保存されている弁護士会館など、法務省関連建造物が多くあります。