パリのおすすめエステサロン!クルセル・ボーテのダルファン

スポンサーリンク

折角パリまで来たら「エステは絶対に試したい」と考えている方も多いと思います。でもどこのエステサロンへ行けば良いのか分からないってあると思います。

そこで管理人のオススメのエステサロンをお教えします。

こちらのエステサロンは、パリでも西側の高級住宅街にあります。パリは西側がシックで高級な地区が多く、北東には日本人にとっては敬遠したい地区があります。

こちらのサロンのエステのコースには、ボデイとフェイシャルやネイルがります。

マッサージは、クリームもふんだんに惜しみなく使っているので、肌がこすれてしまうということもなく安心ですし、サービスも良いです。

日本人なら、なにか肌を見せるのに気兼ねがあると思いますが、タオルもかけて、みえないようにも気をつかってくれますので、安心ですよ。

また、エステの商品は、デクレオールと、ダルファンの高級商品のみで、それぞれのメーカーで、マッサージの仕方が違うのですよ。

では早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

クルセル・ボーテのエステの内容

エステに使う化粧品

エステサロンの名前は「クルセル・ボーテ」です。パリの17区のペレール(地下鉄の3号線)という駅にあり、シックな界隈にあります。

もうこちらのサロンの営業期間も長く、管理人が知っているだけで20年は続いています。

扱っている化粧品は、ダルファンとデクレオールです。

どちらも、エッセンシャルオイルを沢山使った化粧品で、とても上品な香りに仕上がっています。

パリでエステサロンというと、「ギノ」の商品の取扱いが多いのですが、ダルファンもデクレオールはランクが上で、値段も高く高級感がある商品です。

フランスでは香りがとても重要視されますので、折角なら上手く香りを取り入れた商品を使っているサロンで、満足感のあるエステを体験したいものですね(^^♪

エステティシャンも教育がしっかりしていて、余計なことも話さないし、丁寧な姿勢で行ってくれます。

店内にはいると、カウンターがありますので、そこで直接予約をとるここも可能です。

左側がダルファン(緑色のパッケージ)で右側がデクレオール(黄色のパッケージ)の二つの商品を、肌の状態で使い分けます。

肌の状態で見分けるというのは、ニキビがあるときや、乾燥がひどいときなど、肌質で化粧品を使いわけてくれます(^^♪

エステのメニュー

エステは2種類あります。ボデイとフェーシャルです。

ボディのエステ

  • ゴマ―ジュ(ボディ全体のお肌の角質取り)
  • シャワー (タオルかガウンを羽織って、シャワー室まで移動)
  • 保湿クリームマッサージ(保湿効果が強いクリームでボディ全体のマッサージ)
  • サランラップでボデイを包んで、その上に温熱毛布をかぶせて発汗
  • シャワー(タオルかガウンを羽織って、シャワー室まで移動)
  • ボデイクリームで仕上げ

このコースで1時間半から1時間45分です。

このコースを終えると、お肌がしっとりします。ポイントはゴマージュをして、古い角質をまず落とします。

角質を取った後に、保湿クリームでマッサージをして、サランラップでボデイを包んで発汗させるときにつかうボディクリームが、サロンならではのクリームです。

保湿クリームには、浸透性があり、温熱毛布でくるむと汗ばみます。それでクリームが皮膚に浸透します。

このコースを受けると、肌がすべすべになり、1週間はしっとりが続きますよ。

背中のゴマ―ジュは中々する機会がないですので、価値があると思いますし、夏は特に肌を出すので、お薦めです。

エステのお部屋はこんな感じです。↓

フェイシャルのエステ

フェイシャルエステは、1時間30から1時間45分のコースです。

  • クレンジング
  • ゴマ―ジュ(フェイシャル全体のお肌の角質取り)
  • スチーム (蒸気をかけて毛穴を広くすると同時に、保湿します。)
  • 毛穴の掃除 (フェイシャル全体のお肌の毛穴の掃除)
  • エッセンシャルオイルのマッサージ(お肌の状態に合わせて、エッセンシャルオイルを選びます)
  • 保湿パック
  • パックをしている間に、手のマッサージ(こちらのサロンの特徴で、フェイシャルの保湿パックをしている間に、両手のマッサージと保湿をします)
  • パック終了後にパッククリームを取り、保湿クリームを塗って終了です。

エステのお部屋はこんな感じです。↓

クルセルボーテのコースの値段

上記のフェイシャルとボデイのコースは一回(約110ユーロ)か、5回のまとめチケットを購入する、1回のおまけがつきます。合計6回で約580ユーロです。

またボデイ1時間30分コースと、フェイシャルコースは、この6回チケットでどちらもでも使えます。お肌が疲れていると感じればフェイシャルにしたり、夏に前にボデイなどと、使いまわせるもがメリットです!

また、フェイシャルのパックは、3日後にお肌にはりがでてくるパックもあります。ソワレとか、旅行などの3日前に行くようにすると、その日のお肌が最高潮になります。

クルセルボーテのサイト :  http://www.courcelles-beaute-institut.fr/

化粧品のダルファン

化粧品はダルファンと、デクレオールがります。

ダルファンは、アロマの香りでリラックス効果を期待できる上品はラインです。

エッセンシャルオイル入りの「ニアウリ」のフェイシャルオイルです。毛穴の引き締めに効果ありですね。

フィブロジェーンシリーズは、保湿効果が高いシリーズです。普段使いにもできますが、多めに使って保湿パックにするのもお薦めです。

クルセルボーテ住所

INSTITUT COURCELLES BEAUTE

住所:117 Rue de Courcelles 75017 PARIS
TEL 01 4053 04 77
営業時間 月曜から土曜日まで朝10時から19時まで

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダルファンの商品を使ったリラックス効果間違いなしのお薦めエステサロンです。デクレオールのサロンは結構ありますが、ダルファンのエステは少ないです。

友達にも紹介して、一緒に行きましたが、みんな納得して帰ってました。

ボディ全体のエステで使う保湿パックは、サロン限定の商品で、お店では売っていません。

旅行中に行くのであれば、パリの滞在中にエステができるようにアポを取ることをオススメします。(^^♪

パリのギャラリーラファイエットの屋上のカフェとグルメ館

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする